ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

どうしてうちの子は兄弟仲が悪いの?仲良くさせるコツはある?

   

兄弟姉妹は、何もしなくても仲が良いものだと思い込んでいませんか?残念ながら、子ども時代だけでなく、大人になっても兄弟仲が悪いひとたちはたくさんいます。

とはいえ、パパやママにとっては、子どもはみんな可愛い存在ですから、兄弟仲よくしてほしいと思うものですよね。

そこで今回は、どうして兄弟仲が悪くなってしまうのか、その原因が親にあることもあるのは本当か、兄弟仲よくさせる方法などについて、一緒に考えてみましょう。

兄弟仲が悪くなる原因とは?

では、兄弟仲が悪くなる原因には、どんなものがあるのでしょうか。まず、相性です。兄弟姉妹に生まれたからと言って、必ずしも相性がよいとは限りません。性差や趣味・志向によって、どうしても理解し合えない兄弟姉妹がいるのは事実です。

そして、兄弟げんかを引きずってしまうことです。年齢の近い兄弟姉妹は特に、けんかになることが多いです。

そして、どちらも先に謝ろうとせず、ズルズルとけんかが長引いてしまうことで、お互いをより認められなくなってしまうのです。その結果、仲直りの機会を逸してしまいます。

また、兄弟姉妹の間で共通する何かがなければ、仲よくするのは難しいものです。外遊びが好きなお兄ちゃん・お姉ちゃんと、お絵かきや読書が好きな弟・妹では、話題に共通点を見つけることはできません。

また、子どもたちが保育園や幼稚園に通うようになると、外でのストレスを家でわがままをいうことで発散しようとします。そんなときに、いつもいる兄弟姉妹に負担がかかり、仲が悪くなってしまうのです。

親が兄弟仲を悪くすることもあるって本当?

そして、パパやママがよく認識しておいてほしいことが、親が無意識にとっている行動が、兄弟仲を悪くする原因になっていることが多いことです。

お兄ちゃんやお姉ちゃんに理由や状況も聞かずに、弟や妹を優先させるように叱る、あるいは弟や妹の年齢だったときのお兄ちゃんやお姉ちゃんと比べて否定することで、兄弟仲に影を落とすことが多いのです。

また、兄弟のどちらかがいけないことをしたときに、「お兄ちゃんのくせにダメね」「お姉ちゃんのくせにこんなこともできないの」など、片方に否定的な意見を伝えるのもよくありません。

子どもが兄弟姉妹に対しひがみの感情を持ってしまうと、兄弟仲が悪くなるのに拍車をかけるばかりになるのです。

兄弟仲良くさせるコツとは?

では、子どもたちの兄弟仲をよくするコツは、何かあるのでしょうか。まず、子どもを絶対にえこひいきしないことです。

親子にも相性があり、パパやママは無意識のうちにお気に入りの子に目をかけてしまいがちです。常に子どもたちを平等に扱うことを、意識して子育てするのが基本です。

そして、兄弟姉妹を比べないことです。子どもにも個性があり、得意・不得意は異なります。存在しているだけで無条件に愛されていると、感じさせることが大事です。

そして、お兄ちゃんやお姉ちゃんだからと一方的に役割を与えたり、どちらかの前でどちらかをけなすようなことがあってはいけません。兄弟姉妹間でお互いをライバルにしないことが、兄弟仲をよくする方法なのです。

子どもの気持ちを考えて接してあげよう

子どもたちは、望んで兄弟姉妹で生まれたわけでも、順番を選べたわけでもありません。そして、同じパパとママの子どもとして生まれたからには、兄弟仲よくしてほしいと思うのが、親として自然なことです。

そこで、子どもたちすべてに愛情をストレートに伝えること、子どもたちには常にポジティブな言葉がけをすること、兄弟姉妹は常に平等に扱うこと、兄弟げんかをしても双方の言い分をそれぞれに聞くことを徹底してみてください。

それを続けていれば、子どもたちが成長するにつれ、お互いを認められるようになり、兄弟仲もよくなるはずです。

  関連記事

乳幼児を連れて旅行をするときの注意点は?何を持っていけばいい?

子どもの生活リズムがある程度できあがり、長時間のお出かけが可能になると、家族で旅 …

妊娠中だけど綺麗な髪の毛を保ちたい!妊娠中のヘアケア方法とは?

妊娠中でもファッションやヘアスタイルに気を使って、妊娠前と変わらずオシャレに気を …

体温調節がしやすい、春のマタニティファッションのコーディネートのコツは?

妊娠すると、女性の体内ではホルモンバラスが急激に変わります。そして、週数が進むと …

褒めるだけの子育ては間違いって本当?叱るとのバランスのとり方は?

現代は、体育会系のスパルタ式ではなく、褒める子育てが主流です。ですが、褒めるだけ …

育児書がマイナスになることもあるって本当?効果的な読み方とは?

初めて赤ちゃんを出産するママの中には、何冊もの育児書を買い込み、予習に余念がない …

急増中の「ママっ子男子」!マザコンではなく、自立した仲良し親子になりたい!

最近では新たな言葉がどんどんと生まれてきていますよね。「ママっ子男子」もその一つ …

保育園の見学はいつごろ行くのがベスト?見学の際の留意点は?

認可保育園にせよ、認可外保育園にせよ、子どもを通わせることを検討しているなら、一 …

ニトリの本棚で本を大切に保管しよう!収納力もデザインも抜群の本棚が勢ぞろい!

文庫本や料理本、出産を機に買った育児本や絵本などで気がついたら本棚がいっぱいにな …

子供に持たせるハンカチは何を選べばいいの?おすすめは?

  子供が幼稚園や小学校に通うようになると、毎日ハンカチとポケットティッシュを持 …

フランスの育児の特徴とは?赤ちゃんを大人扱いすることで夜泣きを軽減!?

国ごとに歴史、風習、法律、宗教的観念、文化をもち教育にも個性が存在します。他国か …