ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

どうしてうちの子は兄弟仲が悪いの?仲良くさせるコツはある?

   

兄弟姉妹は、何もしなくても仲が良いものだと思い込んでいませんか?残念ながら、子ども時代だけでなく、大人になっても兄弟仲が悪いひとたちはたくさんいます。

とはいえ、パパやママにとっては、子どもはみんな可愛い存在ですから、兄弟仲よくしてほしいと思うものですよね。

そこで今回は、どうして兄弟仲が悪くなってしまうのか、その原因が親にあることもあるのは本当か、兄弟仲よくさせる方法などについて、一緒に考えてみましょう。

兄弟仲が悪くなる原因とは?

では、兄弟仲が悪くなる原因には、どんなものがあるのでしょうか。まず、相性です。兄弟姉妹に生まれたからと言って、必ずしも相性がよいとは限りません。性差や趣味・志向によって、どうしても理解し合えない兄弟姉妹がいるのは事実です。

そして、兄弟げんかを引きずってしまうことです。年齢の近い兄弟姉妹は特に、けんかになることが多いです。

そして、どちらも先に謝ろうとせず、ズルズルとけんかが長引いてしまうことで、お互いをより認められなくなってしまうのです。その結果、仲直りの機会を逸してしまいます。

また、兄弟姉妹の間で共通する何かがなければ、仲よくするのは難しいものです。外遊びが好きなお兄ちゃん・お姉ちゃんと、お絵かきや読書が好きな弟・妹では、話題に共通点を見つけることはできません。

また、子どもたちが保育園や幼稚園に通うようになると、外でのストレスを家でわがままをいうことで発散しようとします。そんなときに、いつもいる兄弟姉妹に負担がかかり、仲が悪くなってしまうのです。

親が兄弟仲を悪くすることもあるって本当?

そして、パパやママがよく認識しておいてほしいことが、親が無意識にとっている行動が、兄弟仲を悪くする原因になっていることが多いことです。

お兄ちゃんやお姉ちゃんに理由や状況も聞かずに、弟や妹を優先させるように叱る、あるいは弟や妹の年齢だったときのお兄ちゃんやお姉ちゃんと比べて否定することで、兄弟仲に影を落とすことが多いのです。

また、兄弟のどちらかがいけないことをしたときに、「お兄ちゃんのくせにダメね」「お姉ちゃんのくせにこんなこともできないの」など、片方に否定的な意見を伝えるのもよくありません。

子どもが兄弟姉妹に対しひがみの感情を持ってしまうと、兄弟仲が悪くなるのに拍車をかけるばかりになるのです。

兄弟仲良くさせるコツとは?

では、子どもたちの兄弟仲をよくするコツは、何かあるのでしょうか。まず、子どもを絶対にえこひいきしないことです。

親子にも相性があり、パパやママは無意識のうちにお気に入りの子に目をかけてしまいがちです。常に子どもたちを平等に扱うことを、意識して子育てするのが基本です。

そして、兄弟姉妹を比べないことです。子どもにも個性があり、得意・不得意は異なります。存在しているだけで無条件に愛されていると、感じさせることが大事です。

そして、お兄ちゃんやお姉ちゃんだからと一方的に役割を与えたり、どちらかの前でどちらかをけなすようなことがあってはいけません。兄弟姉妹間でお互いをライバルにしないことが、兄弟仲をよくする方法なのです。

子どもの気持ちを考えて接してあげよう

子どもたちは、望んで兄弟姉妹で生まれたわけでも、順番を選べたわけでもありません。そして、同じパパとママの子どもとして生まれたからには、兄弟仲よくしてほしいと思うのが、親として自然なことです。

そこで、子どもたちすべてに愛情をストレートに伝えること、子どもたちには常にポジティブな言葉がけをすること、兄弟姉妹は常に平等に扱うこと、兄弟げんかをしても双方の言い分をそれぞれに聞くことを徹底してみてください。

それを続けていれば、子どもたちが成長するにつれ、お互いを認められるようになり、兄弟仲もよくなるはずです。

  関連記事

自宅で子どもの散髪がしたい!バリカンの選び方のポイントは?

乳幼児の散髪をするとき、美容室に連れて行こうと思っても、何だか機嫌が悪かったり、 …

キッズ時計ってどんな取り組み?応募するにはどうしたらいいの?

みなさんは、「キッズ時計」という名前を聞いたことがありますか?キッズ時計は近年、 …

兄弟同じ保育園に入園させるべき?別園生活が引きおこす社会問題とは?

上の子は保育園児、そして下の子もそろそろ保育園に…と考えた時に兄弟同じ保育園に通 …

産休・育休中の給料は?支給される手当の計算方法もチェック

妊娠してお腹が大きくなってくるとそれまで忙しく働いていた方でも仕事を続けるのが難 …

七五三のお参りに行く時には、両親はどんな服装をすべきなの?

最近は、七五三の記念撮影を前撮りすることも多く、「お参りだけなら軽装で構わないの …

送迎保育ステーションは働くママの強い味方!?その利用方法とは?

近年、全国の地方自治体が、通勤途中の駅にある保育園に子どもを送迎する事業を推進し …

社会でのマナーを子どもに身につけてほしい!しつけの方法とは?

子供が乳児から幼児に変わるころから頭を悩ませる『しつけ』。感情的に怒鳴ってしまっ …

3歳~5歳児の保育園の1日の過ごし方を教えて!

働くママの場合、子どもを乳児期から預ける人が少なくありません。ですが中には、3歳 …

乳児には必須のスタイ!その種類や選び方とは?

かつては「よだれかけ」と呼ばれていたベビーグッズが、いまでは「スタイ」と呼ばれる …

希望出生率1.8を目指す政府と子育て支援の現実について考えよう

出典:日刊ゲンダイ   2015年9月24日、安倍首相は「新・三本の矢 …