ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子どもに尊敬されるかも!?泥団子をつくるコツと注意点とは?

   

子どもは、外遊びが大好きです。季節がよくなり、水遊びができるようになると、せっせと泥団子づくりに励む子どもも多いのではないでしょうか。

洋服が汚れるのでママには頭が痛い泥団子づくりは、実は子どもの感覚や知力を磨くうえで、とても意味のある遊びなのです。そして最近は、光る泥団子づくりの人気が高いようです。

そこで今回は、泥団子を上手につくるための準備やつくり方のコツ、泥団子をピカピカにする方法などについて、お話しします。

泥団子づくりは準備も肝心!

泥団子とはいうまでもなく、手のひらで土を丸めてつくるお団子のことです。ママやパパが子どもだったときには、形もいびつで手触りがボソボソした泥団子をつくることが多かったのではないでしょうか。

ですが、現代っ子がつくる泥団子は、ツルツルでピカピカであることが大前提です。そんな泥団子をつくるためには、準備が大切なのです。

ツルツルピカピカの泥団子をつくるためには、乾いた土と水、土を入れる容器が必要です。土は、3~4日晴れた日が続いて、十分に乾燥しているものを選びます。

そして、できるだけサラサラの状態の方がいいので、振るいにかけて大きな石などをあらかじめ取り除いておき、きめの細かい土をつくっておくようにしましょう。

泥団子をつくるコツとは?

では、ツルツルピカピカの泥団子のつくり方を説明しましょう。まず、カラカラに乾き、振るいをかけてサラサラにした土を容器に入れます。料理用のビニール袋などに入れると、便利です。

次に、容器に水を入れます。このとき、容器の中に少しずつ水を入れ、土を適度に湿らせることが、ツルツルピカピカの泥団子をつくるコツです。土が湿ったら、泥がまとまるまで、しっかりこねましょう。

水を加えてもまとまらない、土がベチャベチャしているときには、砂状のものを加えると調整ができます。

土がまとまったら、容器から取り出して手のひらに乗せます。そして、ハンバーグをつくるときに空気を抜くイメージで、土の空気を抜きます。土の空気が抜けたら、手のひらで丸めて泥団子をつくります。

このとき、手指ではなく、手のひらで丸めるように意識すると、きれいに仕上がります。まん丸の泥団子ができたら、そのまま1時間ほど直射日光にあて、自然乾燥させましょう。

泥団子をツルツルピカピカにする方法は?

では、泥団子をツルツルピカピカにする方法も、紹介しておきます。まず大前提として、泥団子はできるだけ丸くつくります。形が整ったら、コロコロ転がすと、丸くなりやすいです。

そして、泥団子をつくっている最中にヒビが入ってしまったときは、水をつけて丸く整えてください。

丸くした泥団子が乾燥したら、サラサラにした土を容器に入れます。そこに丸くした泥団子を入れて、サラサラの土をまぶします。30分ほど根気よくサラサラの土をかけたら、泥団子を1時間ほどかけて磨きます。

磨くうちに、泥団子の凹凸がなくなります。泥団子を磨くときには、ストッキングやジャージなどの柔らかい布を使うのがおすすめです。磨きあがると、泥団子はツルツルピカピカになります。

割れないように注意しながらつくろう!

泥団子をツルツルピカピカにするためには、道具を上手に使うのがポイントです。さらにきめの細かい泥団子に仕上げたいときには、ガラスの瓶を使うのがよいようです。

ツルツルピカピカになった状態の泥団子でも、十分にきれいなのですが、これに着色して飾るのも面白そうです。絵の具を使えば、泥団子に色付けすることはできますが、その際には水で薄めず、絵の具をそのまま泥団子に塗りましょう。

その際には、せっかくつくった泥団子が割れないよう、十分に注意してくださいね。

  関連記事

図書館で行われている赤ちゃんタイムとは?利用するメリットは?

近年、図書館離れが深刻な問題になりつつあります。その背景には、インターネットの普 …

希望出生率1.8を目指す政府と子育て支援の現実について考えよう

出典:日刊ゲンダイ   2015年9月24日、安倍首相は「新・三本の矢 …

働く女性が受けるマタニティハラスメントの原因と対策とは?

少子高齢化が進む現代の日本にとって、女性も重要な労働力です。また、終身雇用制度が …

0歳~2歳児の保育園の1日の過ごし方を教えて!

我が子を保育園に預けて働くママにとって、1日をどう過ごしているのかは、興味がある …

子育て中のパパママ必見!子どもの自立を阻む「スノープラウペアレント」になっていませんか?

モンスターペアレントという言葉が定着して、早数年。最近では、モンスターペアレント …

子どもを育てるにはお金がかかる1番気になる教育費と教育の注意点とは?

子どもは、育児などに追われて大変だけれど、やはり可愛いものですよね。中には、家族 …

高額な出産費用を用意するのは大変!節約する方法はある?

赤ちゃんが授かることは、夫婦にとって本当に喜ばしいことです。ですが、妊婦健診や出 …

子供には安全なものを与えたい!危険な食品添加物とは?

飽食の時代に流通している食品と添加物の関係性は切り離すことができないものですが、 …

保活に成功するためのポイントとは?保育園の選び方も知っておこう

近年、「保活」という言葉をよく見聞きしていることでしょう。待機児童問題が解決する …

2人育児は大変!!でもたくさんのメリットも!2人育児について知ろう

「2人育児」に対してどのようなイメージを持っていますか?「子どもが多い方がいい! …