ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子どもにもできるの?魚の目を見つけた時の対処法とは

   

最近痛くて歩きづらくなったと思っていたら、どうやら足にできものがある。皮膚科を受診すると、魚の目ですよと言われたなど。

足を酷使すると発症することのある「魚の目(うおのめ)」ですが、成人であれば多くの人が一度は経験済みではないでしょうか。

魚の目は専門家での名称を「鶏眼(けいがん)」と呼ばれており、魚の目や鳥の目に類似していることからこのような名称となっています。

日常生活に支障をきたすこともある魚の目の症状についてご紹介します。

魚の目ってどういうものなの?

魚の目、もしくは鶏眼は、皮膚の真皮層から表皮層にかけての角質層が増殖し、白色ないし黄白色にみえる円形状のくさび形を形成する皮膚の病気です。

くさび形の中心には魚の目のような角栓ができるため、魚の目に由来して「魚の目(うおのめ)と呼称されています。

しばし刺激を繰り返し与えられることで発生します。

自分の足に合わない靴は体に良くないとも昔から言われていますが、合わない靴の着用や、長時間の靴による圧迫などが原因となります。

角質層が分厚くなると歩行時に強い痛みを伴うため、日常生活に障ることもあります。自分で切除せずに医師から処置を受けましょう。

イボとの違いは?

皮膚の出来物としてよく知られているイボとの違いを比較してみました。

イボと魚の目の違い:原因

魚の目の原因は機械的な圧迫や刺激によるものですが、イボは人乳頭腫とも呼べれており、傷口からウイルス感染の原因により皮膚にできるものです。

イボと魚の目の違い:症状

足に出来た魚の目には歩行時に強い激痛が伴いますが、よほどの拡大したイボでもなければイボには痛みが伴わないことが多いものです。

それぞれの症状が現れた時点でも、このような両者の違いが見られます。

イボの場合はウイルス感染が原因でおこるために、液体窒素による凍結治療を施すことが一般的治療方法です。

液体窒素の付着した綿棒をイボに接触させて患部を凍らせてゆきます。

凍結療法と聞くと恐怖心が湧いてきますが、イボは放置すると別の部位にも出来ることがあるので早めの治療を受けましょう。

魚の目の治療法は?市販の薬は使ってもいいの?

魚の目の痛みの原因は、円錐形に増殖した角質層と中心部位の角栓によるものです。

そこで、医師がこの角質層の部分を削っていくことで治療をおこないます。角質層の増殖した表皮を一部分だけ削っただけでは完治しないために、根気よく数回に分けて削る必要があります。

このように安易に削れば完治すると考えてしまい、自分で削ることはお勧めできません。なぜなら、部分的な刺激により角質層が増殖する可能性がるためです。

まず、医師の元での治療では、角質層が厚い場合はスピール膏を貼り、角質層を軟化させてから削除していきます。

魚の目は良性の疾患ですが、自分で削るとその刺激により角質が増殖することもあるので、必ず医師の診断のもとで適切な治療と自宅での療養を行う必要があります。

市販薬品の利用も主治医の治療のもとでは行っても良いと言われていますので、医師に相談してみましょう

魚の目に似た他の病気なんかもある?

魚の目は、イボとは異なる原因でおこりますが、魚の目に最も似たものはタコでしょうか。

タコは、皮膚の角質が肥厚された状態のことを指します。足底、外反母趾の出っ張りの部分などに発症することが多くあります。

機械的な圧迫などにより発症する原因が魚の目と同様ですが、タコには痛みが伴わないという特徴があります。タコの大きさがよほど肥大してこない限りは、痛みはないとされています。

タコが出来た場合の治療法ですが、魚の目と同様にして角質を軟化させたのちに角質層を削ることで解消させていきます。

自分の足に角質層が分厚くなると、魚の目かタコかで疑うと思いますが、痛みの有無が両者の差です。

とは言ってもたかがタコだからと放置している人も多いのではないでしょうか。

痛みが生じない限り病院を避けることも世の常ですが、タコも魚の目も皮膚科の医師の診断の元に、治療を行うことが望ましいことです。

自己判断はかえって症状の完治を遅らせることも。気になったらまずは医師の診断のを仰ぎましょう。

早めに皮膚科の受診を

魚の目は良性の皮膚疾患ですが、良性のものだからという事由で放置しておくと、機械的な刺激を繰り返し与えたのちの悪化してしまうこともあります。

悪化した痛みの症状で歩行困難になるまえにも、早めの受診を心がけましょう。また、医師の診断を受けて別の疾患であることも多いものです。

先ずは予防が大切です。足に合わない靴ははかない、足に長時間の負担をかけない、など足の負担を避けるようにして日常生活を心がけたいものです。

  関連記事

ネットいじめの抑止力になる!?Filiiのしくみと利用方法について?

小学生がスマートフォンを持つことが珍しくない現代、親の目の届かないインターネット …

将来のために備えたい!「来店型」か「訪問型」か、保険の無料相談はどっちが良いの?

新しく増える家族のために、家族が増えた後の家計やリスク対策のために、妊娠・出産と …

育児に対して不安を感じてしまう!どう対処したらいいの?

妊娠も出産も待ち遠しいと思っていたママも、いざ赤ちゃんが産まれて育児を始めるとな …

妻の実家依存は離婚の可能性を秘めている!?その特徴と対処方法とは?

みなさんは、「実家依存症」という言葉を知っていますか?これは、成人した子どもとそ …

絵本で寝かしつけをするのはいつから?効果的な読み方とは?

子どもがある程度大きくなると、寝かしつけのために授乳することがなくなります。生活 …

転勤の挨拶ってどうしている?する際の必須マナーとは?

働くママが増えているいま、転勤の挨拶をしなければならないこともあります。また、パ …

セルフネイル派必見!魅力いっぱいのキャンドゥのネイル用品のこと

みなさんは、キャンドゥのネイルが、新色が出ると即完売できるほど、人気があるという …

紙オムツをうっかり洗濯してしまった!その対処法とは?

子どもが産まれると、どうしても洗濯物の量が増えます。そして、育児の合間に家事を進 …

ニトリの座椅子でゆったりとした時間を過ごしませんか?ニトリのおすすめ座椅子10選

ひと息ついてお茶を飲んだり、テレビを見たりするのは、子育て世代にとって貴重なひと …

幼稚園で定められている教育要領とは?幼児教育の教育方針はどういうシステムになってるの?

幼稚園では保育園よりもさらにステップアップされた教育が施されることを、誰もが期待 …