ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

兄弟姉妹の理想の年齢差っていくつ?二人目のタイミングはどう考えるべき?

   

共働き世帯が専業主婦世帯を大幅に上回る現代、二人目以降の妊娠・出産するタイミングを考えるパパとママが増えています。

それは経済的な問題に加え、産休や育休をとるタイミング、一人目と二人目の兄弟姉妹の関係性、保活など、いろいろと考えることが多いという点があげられます。

とはいえ子どものことを考えると、やはり兄弟姉妹はいた方がよいものです。そこで今回は兄弟姉妹の理想の年齢差について一緒に考えてみたいと思います。

兄弟姉妹の年齢差が1~2歳のメリットとデメリットとは?

兄弟姉妹の年齢差が1~2歳だと育児の手間は2倍になるものの、大変な時期が短期間で終わります。また、年齢差が少ないことで兄弟姉妹が一緒に遊ぶことは多いですが、喧嘩しやすくなってしまう傾向もあります。

成長の課程で教育費の負担は大きいですが、早い時期に大きな出費が終わるので夫婦の老後の準備がしやすいという特徴があります。

メリットとしては、上の子がイヤイヤ期に入る前に二人目の育児ができる、上の子のお下がりが使える、学校の卒入学がかぶらないことがあげられます。

一方のデメリットとしては、二人目の入院中は一人目のお世話が大変、下の子の面倒をみながら上の子のトイレトレーニングをするのは負担が大きいことがあげられます。また、赤ちゃん返りが激しいケースも多いようです。

兄弟姉妹の年齢差が3~4歳のメリットとデメリットとは?

兄弟姉妹の年齢差が3~4歳になると、上の子の聞き分けがだいぶよくなります。また、上の子が下の子の面倒をママと一緒にみてくれるのは助かります

おむつやミルクが必要な時期も重ならないので、出費が抑えられるのも家計にとっては魅力的です。

一方で、一人目と二人目の育児にタイムラグがあるので、ベビー用品などの買い直しが必要だったり、育児期間が長引くことで、老後の貯蓄がしにくいという特徴もあります。

メリットとしては、上の子が身の回りのことは自分でできるので下の子のお世話に集中できること、兄弟姉妹の間でケンカになりにくいことがあげられます。

一方のデメリットとしては、進学費用や制服代などが同時期にかかり出費が増えることが多いこと、ママが育児に関わる時間が長くなること、保育園や幼稚園の兄弟割引を受けられない可能性が高いことがあげられます。

兄弟姉妹の年齢差が5歳以上のメリットとデメリットとは?

兄弟姉妹の年齢差が5歳以上になると、上の子はきちんと下の子の面倒をみてくれます。そのため、二人目が乳児期は特にママが育児しやすいという特徴があります。家事もはかどりやすいので、働くママにはよいかもしれません。

メリットとしては、子ども一人ひとりときちんと向き合って育児ができる、学校行事が重なりにくい、兄弟姉妹間でケンカになりにくい、入園・入学の時期が重ならないのでまとまった出費がなくて済むことがあげられます。

一方のデメリットとしては、育児する期間が長期に及ぶ、保育園や幼稚園の兄弟割引が受けられない、子どもの興味・関心が異なるのでテーマパークやイベントを一緒に楽しみにくい。

子育てのブランクによって二人目の育児が体力的に辛く感じやすいことがあげられます。

家庭の状況も考慮して二人目のタイミングを決めよう!

近年、待機児童問題や経済基盤の不安定さを考え、二人目を産むことを諦める家庭も増えているといいます。

また、晩婚化が進む現代の日本では初産年齢があがっていることもあり、出産・育児を行うママやパパの年齢がネックになったり、不妊治療を余儀なくされるケースも増えています。

それでも子どもに兄弟姉妹がいることは、とてもよいことです。そして、どれが兄弟姉妹の理想の年齢差かは、家庭の考え方によって異なります。

育児のサポート環境や職場での居心地も考慮しながら、二人目の妊娠・出産のタイミングを決めることをおすすめします。

  関連記事

育児に追われるママにおすすめ!大人のぬりえとは一体何?

毎日育児に家事に仕事にと忙しく過ごしているママは隠れたストレスを抱えていることが …

「は・ち・み・つ・じ・ま・ん」とは?子どもに教えたい!不審者と判断する方法や身を守る方法とは?

小学生になると一人で行動する子が増えてくると思います。登下校や放課後の外遊びで心 …

自宅で子どもの散髪がしたい!バリカンの選び方のポイントは?

乳幼児の散髪をするとき、美容室に連れて行こうと思っても、何だか機嫌が悪かったり、 …

ハンチントン病は遺伝するって本当?原因と症状、治療方法は?

日本では、さまざまな病気を難病指定しています。「ハンチントン病」も、そうした病気 …

希望出生率1.8を目指す政府と子育て支援の現実について考えよう

出典:日刊ゲンダイ   2015年9月24日、安倍首相は「新・三本の矢 …

送迎保育ステーションは働くママの強い味方!?その利用方法とは?

近年、全国の地方自治体が、通勤途中の駅にある保育園に子どもを送迎する事業を推進し …

読み聞かせはしたいけど、絵本代がバカにならない!節約する方法はないの?

現代では、子どもが言葉を理解する前、乳児のときから絵本を読み聞かせることが推奨さ …

コスメ大好き女子におすすめ!コスパ最強と呼ばれるキャンドゥのコスメのこと

コスメティック好きの女子は多いですが、流行を追いかけようとすると、どうしても費用 …

子どもにサプライズ大作戦!喜んでもらえるプレゼントの渡し方とは?

子どもにプレゼントを用意するときに、一番最初に思いつく事はなんですか?「子どもの …

ナチュラルテイストの100円雑貨はここにお任せ!ナチュラルキッチンの特徴とは?

いまは全国各地でショップを見かけるナチュラルキッチンですが、2001年に始まった …