ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

兄弟姉妹の理想の年齢差っていくつ?二人目のタイミングはどう考えるべき?

   

共働き世帯が専業主婦世帯を大幅に上回る現代、二人目以降の妊娠・出産するタイミングを考えるパパとママが増えています。

それは経済的な問題に加え、産休や育休をとるタイミング、一人目と二人目の兄弟姉妹の関係性、保活など、いろいろと考えることが多いという点があげられます。

とはいえ子どものことを考えると、やはり兄弟姉妹はいた方がよいものです。そこで今回は兄弟姉妹の理想の年齢差について一緒に考えてみたいと思います。

兄弟姉妹の年齢差が1~2歳のメリットとデメリットとは?

兄弟姉妹の年齢差が1~2歳だと育児の手間は2倍になるものの、大変な時期が短期間で終わります。また、年齢差が少ないことで兄弟姉妹が一緒に遊ぶことは多いですが、喧嘩しやすくなってしまう傾向もあります。

成長の課程で教育費の負担は大きいですが、早い時期に大きな出費が終わるので夫婦の老後の準備がしやすいという特徴があります。

メリットとしては、上の子がイヤイヤ期に入る前に二人目の育児ができる、上の子のお下がりが使える、学校の卒入学がかぶらないことがあげられます。

一方のデメリットとしては、二人目の入院中は一人目のお世話が大変、下の子の面倒をみながら上の子のトイレトレーニングをするのは負担が大きいことがあげられます。また、赤ちゃん返りが激しいケースも多いようです。

兄弟姉妹の年齢差が3~4歳のメリットとデメリットとは?

兄弟姉妹の年齢差が3~4歳になると、上の子の聞き分けがだいぶよくなります。また、上の子が下の子の面倒をママと一緒にみてくれるのは助かります

おむつやミルクが必要な時期も重ならないので、出費が抑えられるのも家計にとっては魅力的です。

一方で、一人目と二人目の育児にタイムラグがあるので、ベビー用品などの買い直しが必要だったり、育児期間が長引くことで、老後の貯蓄がしにくいという特徴もあります。

メリットとしては、上の子が身の回りのことは自分でできるので下の子のお世話に集中できること、兄弟姉妹の間でケンカになりにくいことがあげられます。

一方のデメリットとしては、進学費用や制服代などが同時期にかかり出費が増えることが多いこと、ママが育児に関わる時間が長くなること、保育園や幼稚園の兄弟割引を受けられない可能性が高いことがあげられます。

兄弟姉妹の年齢差が5歳以上のメリットとデメリットとは?

兄弟姉妹の年齢差が5歳以上になると、上の子はきちんと下の子の面倒をみてくれます。そのため、二人目が乳児期は特にママが育児しやすいという特徴があります。家事もはかどりやすいので、働くママにはよいかもしれません。

メリットとしては、子ども一人ひとりときちんと向き合って育児ができる、学校行事が重なりにくい、兄弟姉妹間でケンカになりにくい、入園・入学の時期が重ならないのでまとまった出費がなくて済むことがあげられます。

一方のデメリットとしては、育児する期間が長期に及ぶ、保育園や幼稚園の兄弟割引が受けられない、子どもの興味・関心が異なるのでテーマパークやイベントを一緒に楽しみにくい。

子育てのブランクによって二人目の育児が体力的に辛く感じやすいことがあげられます。

家庭の状況も考慮して二人目のタイミングを決めよう!

近年、待機児童問題や経済基盤の不安定さを考え、二人目を産むことを諦める家庭も増えているといいます。

また、晩婚化が進む現代の日本では初産年齢があがっていることもあり、出産・育児を行うママやパパの年齢がネックになったり、不妊治療を余儀なくされるケースも増えています。

それでも子どもに兄弟姉妹がいることは、とてもよいことです。そして、どれが兄弟姉妹の理想の年齢差かは、家庭の考え方によって異なります。

育児のサポート環境や職場での居心地も考慮しながら、二人目の妊娠・出産のタイミングを決めることをおすすめします。

  関連記事

プレ幼稚園はいつから通う?費用や必要なものが知りたい!

近年は、幼稚園も3年保育が主流です。そして、正式に入園する1年前から子どもを通わ …

お洒落をしたいけど派手すぎるのはダメ?適切なママフッションのコーディネートとは?

ママになると、それまでとは違う交友関係が生まれます。児童館や幼稚園・保育園、学校 …

東京都のオリジナル?認証保育園ってどんなところ?認可・無認可保育園とはどう違うの?

働くママは産休、育休が明ける前に子どもの保育所を探さなければなりません。しかし都 …

幼稚園で定められている教育要領とは?幼児教育の教育方針はどういうシステムになってるの?

幼稚園では保育園よりもさらにステップアップされた教育が施されることを、誰もが期待 …

子連れの海外旅行は現地での病気やケガの予防と対策が重要!心がけるべきことは?

旅行好きのご夫婦にとって、子どもが小さいうちに一緒に海外旅行に行くことは、自然な …

保育園入園までに必要な物を確実に用意するために

入園する保育園が決まったら、すぐにでも始めてほしいことがあります。それは、入園準 …

赤ちゃんの安全を守るベビーサークルの使い方とは?手作りできる?

妊娠・出産を控えて、赤ちゃんのものを用意するときは、退院後の生活のことを考えるの …

三角コーナーを使う必要が無くなる時が来る!?生ゴミを賢く捨てる方法とは?

生ゴミの水を切ってためておき、纏めて捨てることが出来るキッチンシンクの三角コーナ …

働く女性が受けるマタニティハラスメントの原因と対策とは?

少子高齢化が進む現代の日本にとって、女性も重要な労働力です。また、終身雇用制度が …

電車で子どもが騒ぐ理由とは?しつけを行うときの注意点について

子どもと一緒に、公共交通機関を使うママは多いと思います。その際、子どもが電車内で …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss