ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

兄弟姉妹の理想の年齢差っていくつ?二人目のタイミングはどう考えるべき?

   

共働き世帯が専業主婦世帯を大幅に上回る現代、二人目以降の妊娠・出産するタイミングを考えるパパとママが増えています。

それは経済的な問題に加え、産休や育休をとるタイミング、一人目と二人目の兄弟姉妹の関係性、保活など、いろいろと考えることが多いという点があげられます。

とはいえ子どものことを考えると、やはり兄弟姉妹はいた方がよいものです。そこで今回は兄弟姉妹の理想の年齢差について一緒に考えてみたいと思います。

兄弟姉妹の年齢差が1~2歳のメリットとデメリットとは?

兄弟姉妹の年齢差が1~2歳だと育児の手間は2倍になるものの、大変な時期が短期間で終わります。また、年齢差が少ないことで兄弟姉妹が一緒に遊ぶことは多いですが、喧嘩しやすくなってしまう傾向もあります。

成長の課程で教育費の負担は大きいですが、早い時期に大きな出費が終わるので夫婦の老後の準備がしやすいという特徴があります。

メリットとしては、上の子がイヤイヤ期に入る前に二人目の育児ができる、上の子のお下がりが使える、学校の卒入学がかぶらないことがあげられます。

一方のデメリットとしては、二人目の入院中は一人目のお世話が大変、下の子の面倒をみながら上の子のトイレトレーニングをするのは負担が大きいことがあげられます。また、赤ちゃん返りが激しいケースも多いようです。

兄弟姉妹の年齢差が3~4歳のメリットとデメリットとは?

兄弟姉妹の年齢差が3~4歳になると、上の子の聞き分けがだいぶよくなります。また、上の子が下の子の面倒をママと一緒にみてくれるのは助かります

おむつやミルクが必要な時期も重ならないので、出費が抑えられるのも家計にとっては魅力的です。

一方で、一人目と二人目の育児にタイムラグがあるので、ベビー用品などの買い直しが必要だったり、育児期間が長引くことで、老後の貯蓄がしにくいという特徴もあります。

メリットとしては、上の子が身の回りのことは自分でできるので下の子のお世話に集中できること、兄弟姉妹の間でケンカになりにくいことがあげられます。

一方のデメリットとしては、進学費用や制服代などが同時期にかかり出費が増えることが多いこと、ママが育児に関わる時間が長くなること、保育園や幼稚園の兄弟割引を受けられない可能性が高いことがあげられます。

兄弟姉妹の年齢差が5歳以上のメリットとデメリットとは?

兄弟姉妹の年齢差が5歳以上になると、上の子はきちんと下の子の面倒をみてくれます。そのため、二人目が乳児期は特にママが育児しやすいという特徴があります。家事もはかどりやすいので、働くママにはよいかもしれません。

メリットとしては、子ども一人ひとりときちんと向き合って育児ができる、学校行事が重なりにくい、兄弟姉妹間でケンカになりにくい、入園・入学の時期が重ならないのでまとまった出費がなくて済むことがあげられます。

一方のデメリットとしては、育児する期間が長期に及ぶ、保育園や幼稚園の兄弟割引が受けられない、子どもの興味・関心が異なるのでテーマパークやイベントを一緒に楽しみにくい。

子育てのブランクによって二人目の育児が体力的に辛く感じやすいことがあげられます。

家庭の状況も考慮して二人目のタイミングを決めよう!

近年、待機児童問題や経済基盤の不安定さを考え、二人目を産むことを諦める家庭も増えているといいます。

また、晩婚化が進む現代の日本では初産年齢があがっていることもあり、出産・育児を行うママやパパの年齢がネックになったり、不妊治療を余儀なくされるケースも増えています。

それでも子どもに兄弟姉妹がいることは、とてもよいことです。そして、どれが兄弟姉妹の理想の年齢差かは、家庭の考え方によって異なります。

育児のサポート環境や職場での居心地も考慮しながら、二人目の妊娠・出産のタイミングを決めることをおすすめします。

  関連記事

保活に成功するためのポイントとは?保育園の選び方も知っておこう

近年、「保活」という言葉をよく見聞きしていることでしょう。待機児童問題が解決する …

食品添加物の一種として含まれている防腐剤は身体への影響は大丈夫?使用するメリットとデメリットは?

無農薬野菜や有機野菜、無添加の自然食品の価格は高いものです。ですが、我が子のため …

体温調節がしやすい、春のマタニティファッションのコーディネートのコツは?

妊娠すると、女性の体内ではホルモンバラスが急激に変わります。そして、週数が進むと …

劇場に行こう!お休みなどで劇場を楽しむための注意点など

お休みの日は、子どもに普段できないようなことを積極的に体験させてあげたり、親子で …

キャンドゥの商品で収納がもっと充実!おすすめのグッズとは?

賃貸住宅に住んでいると、収納スペースが少ないと感じることはありませんか?そんなと …

我が子は大丈夫?スマホ依存症になる子どもの特徴など

スマホ依存症とは、何でもスマホを頼りにしてしまう大人が、かかってしまう症状だと思 …

乳児には必須のスタイ!その種類や選び方とは?

かつては「よだれかけ」と呼ばれていたベビーグッズが、いまでは「スタイ」と呼ばれる …

ユニクロでスーツがつくれるって本当?その魅力が知りたい!

ユニクロと聞くと、ロープライスで日常使いできる洋服や小物が購入できることを、連想 …

病児保育ってなに?働くママを助けてくれる、その内容は?

働くママにとって、子どもの体調不良は悩みどころです。小さな子どもは様々な病気にか …

申し込みはネットストア限定!人気の無印の福袋の気になる中身とは?

みなさんは、無印良品が「福袋」と「福缶」を販売していることを知っていますか?無印 …