ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

右利きとどう違う?左利きの子の特徴について教えて

   

「左利きは天才型」「左利きは日常生活に不便」とよくいいますよね。しかし、左利きは一定確立で存在するんです。全体の8%~15%の割合で、主に男性に多いとされています。自分の子どもが左利きだとわかった時に、矯正したいと思いますよね。

今は、はさみ等も左利き用が発売されたりしていますが、書道や日常生活ではやはり右利きが主流ですよね…。なぜ一定確立で左利きになってしまうのでしょうか?今回は左利きについてまとめていきたいと思います。

左利きになる原因って何?

左利きになる原因は、いまだわかっていません。親の食生活・生活習慣は関係ないとされています。そして、50万年も前から左利きは少数派で一定確立で存在することがわかっています。

しかし、親の遺伝が関係している事は解明されています。親が右利きと左利きの場合、その子どもは17%の確立で左利きになることがわかっています。

そして、両親とも右利きの場合、子どもが左利きになる確率は10%です。また、両親ともに左利きの場合は22%と確立は上がります。利き手の決まりは、遺伝が少しと運で決まります。大昔からこの法則は変わっていません。

脳の作りは右利きの子と一緒なの?

左利きの人の脳は、三種類のタイプがあります。

  • 左右の脳が反対になっている
  • 右利きの人と変わらない
  • 言語能力や空間能力が左右両方にある

右利きの人と変わらなかったり、左右の脳が反対になっているだけなら、ただ単に利き手が違うだけだといえます。しかし、右脳と左脳両方に言語能力・空間能力がある場合だと、また違ったデータがでています。

言語脳とは、右利きの人の約90%が左脳だけにありますが、左利きの場合は、左脳に60%、右脳に40%というデータが出ています

右利きの人よりも脳を使って会話をしているという事がわかっています。そのため「左利きは天才が多い」といわれたり、IQが高いといわれる理由でしょう。

事実、スティーブジョブズや「天才」と呼ばれている人には左利きが多いとされています。次に、左利きの病気のリスクについて説明します。

病気になった場合の影響は?

左利きの場合、右利きに比べて斜視や睡眠障害になるリスクが高まるといわれています。また、聴覚障害になるリスクは右利きの2.5倍にも上がるといわれています。「左脳より右脳の方が傷付きやすい」という特徴があります。

左脳で脳卒中になっても、右脳で脳卒中になる人の半身不随になる確率は約4倍。脳の損傷を受けるのも、2.5倍となっています。そして、アメリカのデータでは、左利きは右利きよりも9年短命だというデータも出ています。その理由として、日常生活に受けるストレスが大きいから…といわれています。

例えば、改札も右利き用に作られていますし、子どもの頃といえば、ソフトボールや野球、書道や図工など学校生活にもストレスがかかりますよね。

改札も、学校生活も毎日の事なので、毎日ストレスが積み重ねていく…という事です。いくら、左利き用のハサミや文房具があっても、ストレスは変わらないのかもしれません。

左利きのメリットって何?

「サウスポー」という言葉を聞いた事がありますか?野球やボクシングなどでは、左利きの場合有利だとされています。なぜでしょう?それは、左利きだと「不意」をつけるからです。

左利きの存在は全体の10%程度です。練習相手に多いのは右利きの方が必然的に多くなりますよね。そのため、左利きの人は、右利きとの練習に慣れているんです。

その反面、右利きの人は左利きの選手相手に練習する機会は少ないので、実際の試合では経験が足りなく、不意をつかれやすいのです。スポーツの世界では、このような理由から左利きの選手は有利になってきます。

そして、日常生活では、右利きを基準に考えられている為、左利きの人は右脳と左脳、両方よく使って生活されています。そのため、脳が活性化されやすいといわれています。右利きの人よりも、左利きの人の方がIQが高いともいわれています。

子どもに合った育て方を

子どもが左利きだとわかった時、子どもの生活に支障が出る…と無理に矯正してしまうママもいるかもしれません。実際、病気のリスクなどを考えると、左利きよりも右利きの方がストレスなく生活できますよね。

私の兄も左利きですが、保育園児の時に母が無理強いの自覚なく、矯正しようとしてしまい、兄の精神状態が悪くなり、保育士に止められていました。

左利きというのは、確かに不便なものかもしれません。しかし、無理強いに矯正しようとしてしまうと、子どもが不安定になりかねませんので、向き合っていきましょう

  関連記事

3人家族の食費の平均って、いくらくらい?節約術はある?

赤ちゃんが産まれるのは喜ばしいことですが、出費は確実に増えます。紙おむつや粉ミル …

リーズナブルで収納力も抜群!イケアの本棚の魅力とは

世界でも有数の家具量販店であるイケアでは、さまざまな本棚を扱っています。シンプル …

子供の私物や服を自分で管理しやすくするコツや収納法はある?

子供が自分の持ち物を「自分の物」と自覚できるようになってきたら、自分で管理する能 …

走るのが早くなる!?かけっこ教室のメリットとは?

子どもが保育園や幼稚園に通うようになると、毎年運動会に参加することになります。 …

セリアの商品とDIYグッズで、お部屋をもっと自分らしく演出しよう!

セリアにはさまざまなインテリアグッズや収納グッズがラインナップされていますが、そ …

子どもが病気のときに真価がわかる!?パパの処方薬把握事情とは?

共働き家庭が増え続けている現代。お子さんが病気になったとき、仕事を休む、遅刻・早 …

主婦の収入において立ちはだかる「◯◯万円の壁」106万円の壁とは?収入への影響はどうなる?

子供が大きくなるとパートタイマーで仕事をする必要も出てきますが、パートタイマーで …

アクセサリーも充実の3coins !イヤリングのおすすめは?

日用品からインテリア用品、アウトドア用品まで、何でも300円で揃えることができる …

授業参観に気軽に行けないママが増えているって本当?原因と対処法は?

近年、子どもの授業参観に参加したくないと思っているママが増えているようです。 ニ …

子供にお小遣い帳をつけさせた方がいい?そのメリットとは?

子供が成長するにつれて、お小遣いをいつからあげるのか、どんなふうにあげるべきか、 …