ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

イライラをコントロール!アンガーマネジメントって?

   

物事がすべてが自分の思い通りにいけばいいけれど、そうはいかないことが多いです。子育ては子供のペースに合わせることが多いので、時間もかかるし、自分の時間も取れないし、ついイライラしてしまう方が多いと思います。

アンガーマエンジメントとは感情(アンガー)を管理(マネジメント)するための方法です。感情を少しでもコントロールできるようになれば、ついカッとなってわが子を怒ってしまったということが少しでも減ると思います。

お互いにとって笑顔の時間が増えるように感情をコントロールできるよう心掛けていきませんか。

イライラしてしまう原因は?

イライラの原因は人それぞれ違うと思いますが、子育てのイライラは自分の予想と反したことをお子様がしたときが多いのではないでしょうか。

  • ご飯のときに遊んでばかりでたべてくれない
  • 眠たい時にぐずぐずしてしまう
  • いうことを聞いてくれない

そんな理由もあるとおもいますが、パパ、ママ自身も体調がすぐれないときは、いつもよりイライラしてしまうことが多いかもしれません。まずは自己管理からはじめてみましょう

適度な睡眠・バランスのとれた食事・適度な運動、これらをできる限り意識し、生活習慣や体調を整えましょう。またストレスがたまっている状態もイライラしがちになりますので、適度に休息を取ることが大切です

休息がなかなか取れない時は、アロマや自分にとってリラックスできるアイテムを使ってリラックスするのもよいと思います。

アンガーマネジメントって何?

子育てや仕事など生活を通して怒りなどの感情が出てしまったとき、そのまま感情を人にぶつけてしまったり、ものにあたってしまうと、人間関係や物も傷ついてしまいます。自分自身もきっと後悔してしまうと思います。

そんな後悔が減るように怒りの感情をコントロールするトレーニング方法を「アンガーマネジメント」と呼んでいるようです。誰しもが怒りたくて怒っているのではないと思います。

よく感情的に怒ってはいけないという話をききますが、この方法を取り組んでいけば感情的に怒ることが減ると思います。本もたくさん出版されているようで、みなさん同じ悩みをもっているんですね。

人間なのでイライラすることはあると思います。ですが、感情的に怒って後悔してしまうより自分の感情をコントロールできるようになって親子の関係も穏やかなものになればうれしいですね。

「6秒」って何の長さ?

怒りのピークは長くて6秒といわれています。この6秒の間は冷静になるのが難しいと考えられています。大体の方はこの6秒の間に感情が爆発してしまい、怒ってしまうのだと思います。

ただ、この6秒間を我慢できれば、少し冷静に物事を考えられるようになり、感情的に怒ることが少なくなるでしょう。しかし、6秒間とはあっという間だと思いますが、怒りの感情がでてからの6秒は長く感じるとこでしょう。6秒を冷静に過ごすには何をしたらよいのかご紹介します。

数を数えてみる

簡単にできる方法です。1、2、3…を数をゆっくり数えていきましょう。その間に少し落ち着きを取り戻せるかもしれません。

深呼吸をする

ゆっくり、深く深呼吸していきましょう。心も少し落ち着くかもしれません。

ほかのことに意識を回す

怒っていることやその物事に対して考えずに「今日何のテレビがあったかな。」など、ほかのことに意識を回すことで少し落ち着くかもしれません。

自分にとって怒らなくていい言葉を頭の中で唱える

「おこらない、おこらない」「だいじょうぶ」「○○ちゃん(くん)はかわいい」など、自分にとって落ち着く言葉をさがし、頭の中で唱えると落ち着くかもしれません。

いったん場所を変えてみる

いったん部屋をかえたり場所を移動すると気分もかわり、時間もたつので落ち着くかもしれません。外の場合はお子様から目を離さないようにしましょうね。

アンガーマネジメントを学ぶと何が変わる?

感情をコントロールできるようになるので、自分の怒りについて理解できるようになります。そして冷静に物事を判断できるようになります。またイライラしなくなることで、人や物が傷つくことも減り、夫婦関係や、子育て、職場の人間関係もよりよくなります。

人間関係がよくなることで周りも協力的になったり、ポジティブな人の周りにはポジティブな人が集まるので、物事もきっとスムーズに運ぶでしょう。考え方も変わってくるので、いままでネガティブに考えていたようなこともポジティブに考えられるようになると思います。

イライラして自己嫌悪になると自分も嫌になりますが、前向きに考えていくことでそんな自分も好きになれると思います。お子様に対しても見守る余裕ができて、興味を狭めることなく子育てができるようになると思います。

夫婦も理解を深めることができより良い関係を築くことができるでしょう。子供にとって夫婦が仲がいいのが一番です。

笑顔あふれる子育てに

人間は誰しも喜怒哀楽の感情があります。怒ることを後悔するよりも、これから感情的にならないように自分自身をコントロールして、一人でも多くの方が笑顔の多い育児ができればうれしいです。

また、いけないことはきちんと伝えなければいけません。感情的に怒るのではなく冷静に注意していきましょう。

怒ってしまったときは必ずお子様をギュッと抱きしめてあげてください。きっとお子様もママの気持ちを理解してくれるはずです。スキンシップもしっかりとってよい親子関係が築けますように。

  関連記事

兄弟同じ保育園に入園させるべき?別園生活が引きおこす社会問題とは?

上の子は保育園児、そして下の子もそろそろ保育園に…と考えた時に兄弟同じ保育園に通 …

空いた時間でできると人気のクラウドソーシング。そのメリット・デメリットは?

子どもを妊娠すると、仕事を辞めて子育てに専念する女性も多いです。 しかし、子ども …

ママなら知っておきたい!福祉用品である子ども用車いすのこと

電車などで移動をしているとき、明らかに歩ける年齢の子どもがバギーに乗っているのを …

子どもを病院に連れて行ったら様子を見るように言われた!その真相は?

子どもを育てていると、機嫌よく遊んでいたかと思うと突然具合が悪くなったり、発熱を …

求職中のママ必見!カラ求人の見分け方とは?

妊娠・出産を機に、それまで勤めていた仕事を辞めるママはたくさんいます。 正社員で …

子どもは自転車保険に加入させるべき?その選び方のポイントとは?

近年、子どもが加害者になる自転車事故が増えています。過去に、小学校5年生の少年が …

その収納方法大丈夫?使い方は正しい?生理ナプキンの正しい収納方法と使用方法とは?

女性の必需品としてあげられるものの一つとして、生理ナプキンがあります。 生理ナプ …

誰でもできる!「涙活」で手軽にストレス発散しよう!涙活の基本~実践まで徹底解説

最近テレビなどでブームな「涙活」。婚活、妊活、終活に続いて、ひそかに流行してきて …

子どもにYouTubeは見せてもいいの?影響や注意点

近年ではパソコンやスマホで、子どもにYouTubeを見せるママが増えてきています …

水筒カバーの簡単な作り方が知りたい!生地選びはどうしたらいい?

子どもの健康を守るうえで、適度に水分補給することは大切です。ですが、施設によって …