ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

図書館で行われている赤ちゃんタイムとは?利用するメリットは?

   

近年、図書館離れが深刻な問題になりつつあります。その背景には、インターネットの普及に伴い余暇に読書をするひとが減っていること、古本屋で安価に本が購入できること。

マンガ喫茶が普及しそこで読書をするひとが増えていること、電子書籍を読むひとが増えていることなど、さまざまな要因があります。そのため、全国の公立図書館を中心に、図書館離れの対策を講じています。

その一環として生まれたのが、図書館で行われている「赤ちゃんタイム」です。そこで今回は、赤ちゃんタイムとは何か、その内容やメリットについて、お話しします。

図書館で行われている赤ちゃんタイムって何?

もともと読書好きのママとパパであっても、赤ちゃんや小さな子どもを連れて図書館に行くのは、敷居が高いと感じることが多いのではないでしょうか。

そこには、子連れでは通いにくいという物理的な要因だけでなく、静かに過ごす場所である図書館で、乳幼児が騒ぐことが心配という理由もあるはずです。

そうした、図書館に行きたいと思っていても、子連れなので行きにくいと感じているママやパパが利用しやすいように設けられたのが、「赤ちゃんタイム」なのです。

赤ちゃんタイムは、乳幼児を連れた来館者が多くなることを前提にしている時間帯なので、ほかの利用者に理解や協力を求めてくれている分、通常の時間帯より気を楽に過ごせるよう配慮されています。

図書館の赤ちゃんタイムで行われていることは?

全国各地の公立図書館で、赤ちゃんタイムを設けていますが、その内容はさまざまです。児童図書のコーナーを開放するだけでなく、子ども向けに絵本の「読み聞かせ会」や「おはなし会」が実施されているところが多いようです。

中には、イベントに合わせて人形劇やエプロンシアターを行っているところもあるといいます。

赤ちゃんタイムで読み聞かせ会やおはなし会を行ってくれるひとの多くが、図書館司書の方ではなく、ボランティアスタッフです。

いろいろな視点で選ばれた絵本を読み聞かせてくれるので、ママやパパが選ぶのとは違う絵本に、お子さんが触れる機会にもなります。また、同年代の子どもが集まってくるので、友だちをつくる場として、機能する面もあるようです。

図書館の赤ちゃんタイムのメリットとは?

図書館の赤ちゃんタイムのメリットとしては、保護者が子連れであることを気にせずに、図書館を利用できることです。絵本も購入するとバカにならない金額が必要ですし、家に収納スペースを確保するのも大変です。

また、読書好きなママやパパであっても、子どもが生まれると何かとお金がかかるので、これまでのように気軽に本が買えないこともあるでしょう。

そんなときに、イベントとして読み聞かせ会やおはなし会に参加するだけでなく、家で読書を楽しむための本を借りていくひとが多いのです。

また、図書館によっては、赤ちゃんタイムに合わせて、子育て支援コーナーが設けられることもあります。育児に役立つ情報提供など、そのサービスも多様化しています。

まずは近隣の図書館に問い合わせてみよう

とはいえ、すべての公立図書館に赤ちゃんタイムが設けられているわけではありません。また、居住する地域によっては、こども図書館という専門施設があるところもあります。自宅近くに図書館がある場合は、まず問い合わせてみましょう

また毎週、赤ちゃんタイムを設けていることはなくても、図書館で子ども向けのイベントを行っていることが多いです。

地域の広報誌や回覧板、図書館の公式サイトなどをこまめにチェックして、お子さんが小さいうちから本に触れる機会をつくっておき、将来の国語力アップを目指してみるのもよいかもしれません。

  関連記事

いないいないばぁの楽しさを理解するために必要な能力があるって本当?

ママやパパが声をかけると、笑顔を見せたり、声をたてて笑ったりするようになると、も …

猫に咬まれて発症したひともいる!パスツレラ症について理解しておこう!

動物好きのひとにとって、ペットは家族の一員で、かけがえのない存在です。ですが、ペ …

案外汚れる車のシートを、きれいにお掃除する方法とは?

マイカーがあると、通勤や買い物に便利なのはもちろん、子どもがいる家庭ではいざとい …

我が子は大丈夫?スマホ依存症になる子どもの特徴など

スマホ依存症とは、何でもスマホを頼りにしてしまう大人が、かかってしまう症状だと思 …

ネット養子縁組についてどう思う?そのメリットとデメリットは?

ここ最近、乳幼児の特別養子縁組のあっせんを手掛ける大阪のNPO法人が始めた、実の …

子どもにサプライズ大作戦!喜んでもらえるプレゼントの渡し方とは?

子どもにプレゼントを用意するときに、一番最初に思いつく事はなんですか?「子どもの …

授業参観に気軽に行けないママが増えているって本当?原因と対処法は?

近年、子どもの授業参観に参加したくないと思っているママが増えているようです。 ニ …

子育てのための教育「コモンセンスペアレンティング」とは?育児の悪循環を断ち切る!怒鳴らない・叩かないを学んでみよう

子育てに自己嫌悪はつきものです。「今日も怒鳴ってしまった」「言うことを聞かないの …

子どもも妊婦さんもなる可能性がある!粉瘤(アテローム)の原因と症状、治療方法について

自分や子どもの身体におできを見つけることは、それほど珍しいことではないと思います …

急増中の「ママっ子男子」!マザコンではなく、自立した仲良し親子になりたい!

最近では新たな言葉がどんどんと生まれてきていますよね。「ママっ子男子」もその一つ …