ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子供が毛深いと学校でいじめにあいやすいって本当?子供の脱毛方法は?

   

体毛は、全身に生えており、その数は150~200万本といわれています。中でも、腕や脚、脇、背中に生えているものは、ムダ毛と呼ばれます。そして、体毛の濃さには個人差があります。

そのため、子供の中にも毛深い子はいて、それがいじめのきっかけになることがあるのです。そこで今回は、どうして子供が毛深くなるのか、毛深いといじめられやすいというのは本当か、子供でもできる脱毛方法などについて、お話しします。

体毛にも役割があるので、きちんと理解して対処してあげましょう。

どうして子供は毛深いの?

ムダ毛は見た目を悪くするので嫌われがちですが、それも含めた体毛にはきちんと役割があります。

体毛には、毛をつたわせて体内の毒素を排出させる、外部から肌に加えられる刺激をやわらげる、毛穴からゴミやチリを吸い込ませない、刺激を察知する、体温を一定に保つ、紫外線をカットするなど、その役割も多岐にわたります。

体毛の濃さに個人差があるのは、ホルモンのバランスの違い
によるものです。

人間はアンドロゲンという男性ホルモンと、エストロゲンという女性ホルモンの両方を持っていますが、アンドロゲンの分泌量が豊富、あるいは感受性が強いと、毛深くなってしまうようです。

そして、子供が毛深くなってしまうのは、生活習慣によるものであることが多いです。糖分の摂りすぎや紫外線のあたりすぎ、運動不足などにより、毛深くなってしまうのです。

毛深いといじめられやすいって本当?

では、子供が毛深いといじめられやすいというのは本当なのでしょうか。毛深い子供全員がいじめにあうとはいえませんが、きっかけになる可能性はあります。

それは、オシャレな子供が増えている現代、毛深いことがファッションの妨げになったり、年齢や成長の段階で早く体毛が目立つようになりそれを指摘されるなど、ほかのひとと同じでないことに、過剰に反応する子供が増えているからです。

また、子供の年齢が小さければ小さいほど、見たままを素直に発言します。それが、ほかの子供より毛深いという指摘だった場合、言った方に悪気はなくても、受け止める方が深く傷つくこともありえます。

そして、子供には多様性を受け入れる度量が備わっていないので、それがいじめられているという意識につながることもあります。

子供にもOKな脱毛方法とは?

では、子供も大人のように脱毛をした方がよいのでしょうか。

実は、脱毛専門のエステティックサロンには、施術を受ける際に年齢制限は設けていません。そのため、3歳から脱毛を受け付けているエステティックサロンもあるといいます。

ですが、15歳未満は成長期が終わっていないので、永久脱毛が行えないなどの制限があります。また、高額な費用も必要です。そこで、家庭でも簡単にできる脱毛方法を紹介しておきましょう。

家庭で行う脱毛方法には、「カミソリで剃る」「除毛ワックス」「除毛クリーム」「抑毛ローション」「豆乳ローション」「脱色」「除毛パッド」「電気シェーバー」「家庭用脱毛器」などがあります。

お子さんの肌の状態に合わせて、無理のないものを選んであげましょう

いじめ対策も考えておこう!

お子さんが小学校高学年になり、異性を意識するようになるころから、毛深いことがコンプレックスになったり、いじめのきっかけになる確率が上がるのは事実です。

遺伝が理由のこともありますし、いじめの原因が毛深いというのは、なかなか親に話せないかもしれません。もし、自分の毛深さを気にしているようなら、家庭でケアをしてあげるのも一つの方法です。

また、肌を露出させないファッションを心がけたり、いじめが始まったときには学校と連携して対処する必要があります。お子さんの様子の変化を、気にかけてあげましょう

  関連記事

子どもを育てるにはお金がかかる1番気になる教育費と教育の注意点とは?

子どもは、育児などに追われて大変だけれど、やはり可愛いものですよね。中には、家族 …

バイアグラはどんな人が利用するべき?その実態と、気になる効果や副作用の恐れは?入手方法はどうしてる?

バイアグラのイメージとはどのようなイメージですか?「精力剤じゃないの?」というイ …

社会でのマナーを子どもに身につけてほしい!しつけの方法とは?

子供が乳児から幼児に変わるころから頭を悩ませる『しつけ』。感情的に怒鳴ってしまっ …

母子家庭は住宅手当や家賃補助を受けられるの?公営住宅に入りやすい?

諸般の事情で母子家庭になることが決まった場合、生活費の確保とともに考えなければな …

和食マナーは子どもにも教えるべき?そのメリットと方法は?

和食のマナーと聞いて、自分がきちんとできているかどうか、不安に思うパパやママも少 …

もはや時代遅れ?三角食べのメリット・デメリットとは?

昔は家庭でも学校の給食のときでも「三角食べをしなさい」とよく言われたものですね。 …

育児あるある!子育て中にやってしまいがちだけど、NGなこととは?

初めて子どもを持つママとパパは、親としての経験がない1年生です。我が子への愛情に …

兄弟構成で子供の性格は大きく異なるって本当?その真相とは!?

昔から、血液型占いにつづいて、生まれたポジションで性格を判断された経験がある人も …

忙しい朝にパパッとできる子育て中のママの簡単ヘアアレンジを紹介します!

ママになったってメイクや髪型、服装などおしゃれには気を使いたいですよね。ママにな …

ロボット掃除機は子育てママの救世主になる?使用するメリットとデメリットは?

共働き世帯が増えている現代、毎日、隅々まで掃除機をかける暇がないと嘆くママも多い …