ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子供が毛深いと学校でいじめにあいやすいって本当?子供の脱毛方法は?

   

体毛は、全身に生えており、その数は150~200万本といわれています。中でも、腕や脚、脇、背中に生えているものは、ムダ毛と呼ばれます。そして、体毛の濃さには個人差があります。

そのため、子供の中にも毛深い子はいて、それがいじめのきっかけになることがあるのです。そこで今回は、どうして子供が毛深くなるのか、毛深いといじめられやすいというのは本当か、子供でもできる脱毛方法などについて、お話しします。

体毛にも役割があるので、きちんと理解して対処してあげましょう。

どうして子供は毛深いの?

ムダ毛は見た目を悪くするので嫌われがちですが、それも含めた体毛にはきちんと役割があります。

体毛には、毛をつたわせて体内の毒素を排出させる、外部から肌に加えられる刺激をやわらげる、毛穴からゴミやチリを吸い込ませない、刺激を察知する、体温を一定に保つ、紫外線をカットするなど、その役割も多岐にわたります。

体毛の濃さに個人差があるのは、ホルモンのバランスの違い
によるものです。

人間はアンドロゲンという男性ホルモンと、エストロゲンという女性ホルモンの両方を持っていますが、アンドロゲンの分泌量が豊富、あるいは感受性が強いと、毛深くなってしまうようです。

そして、子供が毛深くなってしまうのは、生活習慣によるものであることが多いです。糖分の摂りすぎや紫外線のあたりすぎ、運動不足などにより、毛深くなってしまうのです。

毛深いといじめられやすいって本当?

では、子供が毛深いといじめられやすいというのは本当なのでしょうか。毛深い子供全員がいじめにあうとはいえませんが、きっかけになる可能性はあります。

それは、オシャレな子供が増えている現代、毛深いことがファッションの妨げになったり、年齢や成長の段階で早く体毛が目立つようになりそれを指摘されるなど、ほかのひとと同じでないことに、過剰に反応する子供が増えているからです。

また、子供の年齢が小さければ小さいほど、見たままを素直に発言します。それが、ほかの子供より毛深いという指摘だった場合、言った方に悪気はなくても、受け止める方が深く傷つくこともありえます。

そして、子供には多様性を受け入れる度量が備わっていないので、それがいじめられているという意識につながることもあります。

子供にもOKな脱毛方法とは?

では、子供も大人のように脱毛をした方がよいのでしょうか。

実は、脱毛専門のエステティックサロンには、施術を受ける際に年齢制限は設けていません。そのため、3歳から脱毛を受け付けているエステティックサロンもあるといいます。

ですが、15歳未満は成長期が終わっていないので、永久脱毛が行えないなどの制限があります。また、高額な費用も必要です。そこで、家庭でも簡単にできる脱毛方法を紹介しておきましょう。

家庭で行う脱毛方法には、「カミソリで剃る」「除毛ワックス」「除毛クリーム」「抑毛ローション」「豆乳ローション」「脱色」「除毛パッド」「電気シェーバー」「家庭用脱毛器」などがあります。

お子さんの肌の状態に合わせて、無理のないものを選んであげましょう

いじめ対策も考えておこう!

お子さんが小学校高学年になり、異性を意識するようになるころから、毛深いことがコンプレックスになったり、いじめのきっかけになる確率が上がるのは事実です。

遺伝が理由のこともありますし、いじめの原因が毛深いというのは、なかなか親に話せないかもしれません。もし、自分の毛深さを気にしているようなら、家庭でケアをしてあげるのも一つの方法です。

また、肌を露出させないファッションを心がけたり、いじめが始まったときには学校と連携して対処する必要があります。お子さんの様子の変化を、気にかけてあげましょう

  関連記事

子育て世帯は必見!子育て支援パスポートを賢く利用するポイント

各地方自治体では、子どもを育てている家庭に対し、「子育て支援パスポート」を発行し …

ツインズママだから楽しめる!双子コーデの楽しさや注意点とは?

双子の妊娠は喜ばしいことですが、妊娠期間中はリスクも高く、出産前は安静に過ごすよ …

その使い方本当に合ってる?柔軟剤の正しい使用方法とは?

子供のころ、クラスに1人は洋服からほんのりと柔軟剤の良い香りをさせている子がいた …

七五三のお参りに行く時には、両親はどんな服装をすべきなの?

最近は、七五三の記念撮影を前撮りすることも多く、「お参りだけなら軽装で構わないの …

ネット養子縁組についてどう思う?そのメリットとデメリットは?

ここ最近、乳幼児の特別養子縁組のあっせんを手掛ける大阪のNPO法人が始めた、実の …

おかあさんといっしょに子どもを出演させたい!そのための方法を教えて!

赤ちゃんが生まれ、ある程度の月齢になると、NHKの教育テレビを観る機会が増えるも …

手続きをする前に、知っておきたい出産手当金のこと

仕事をしている女性は、出産にまつわる手続きがいろいろあります。育児休業終了後に復 …

子どもにとって兄弟ってどんな存在?兄弟がいると良いこと

子どもは一人でよいと思っていたけれど、ふとママの頭の中に思い浮かぶ子どもには兄弟 …

無意識に過干渉になっているママが急増中!ダメな理由とそうならないための対策とは?

近年、子どもの受験だけでなく、就職試験にまで同行したり、介入する保護者が増えてい …

複数の子どもの名前を間違えて読んでしまう!その原因と改善方法は?

子どもが二人以上になると、名前を呼び間違うひとが多くなります。そして、子どもだけ …