ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

義実家と同居した方がいい?そのメリットとデメリットは?

   

共働き家庭が増えている現代、保育園の待機児童の問題は深刻です。仕事を続けるためにも、義母実家との同居を検討する家庭もあると思います。

ですが、昔から「嫁姑問題」が離婚原因にもなっているように、義母実家と同居することに不安を覚えるひとがいても不思議ではありません。

そこで今回は、義母実家と同居するメリットとデメリットについて、一緒に考えてみたいと思います。

義母実家を選択する際の注意点についても触れますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

義母実家と同居するメリットとは?

義母実家と同居するメリットについて、考えてみましょう。

子どもの面倒をみてもらえる

まず、子どもの面倒をみてもらえることです。

普段は保育園に預けていたとしても、残業のときにお迎えをお願いできる、子どもがケガや病気で保育園や幼稚園を休んだときに看病をお願いできるのは、とても心強いことです。

家事のサポートを頼める

次に、家事のサポートをお願いできることです。

子どもの世話で手一杯なときに、洗濯物の取り込みだけをお願いしたり、大人の夕食づくりはお願いし、離乳食づくりに専念するなど、上手に甘えている先輩ママがたくさんいます。

子どもの成長にプラスになる

そして、子どもの成長にプラスになることです。

パパやママに叱られたとしても、おじいちゃんやおばあちゃんが逃げ場になれます。

その際に、どうしてパパやママが叱ったのかを、きちんと諭してくれれば、育児のサポーターとしても役立ってくれます。

義母実家と同居するデメリットとは?

一方で、義母実家と同居することでのデメリットがあるのも事実です。

育児や教育に口を出す

まず、育児や教育の方針に口を出すことです。

おじいちゃんやおばあちゃんは、どうしても孫に甘くなりがちです。

また、パパを育ててきた自信があるので、自分たちの教育方針を孫でも実践しようとする傾向が強いです。

それが、ママが実践したい育児や教育の方針とずれると、もめる原因になります。

夫婦仲悪化の原因に

そして、パパのスタンスが決まらず、夫婦仲が悪くなることです。

義母実家で同居しているママにとって、味方になってくれるのはパパしかいません。

それなのに、自分を育ててくれた義両親の肩を持つ、もめ事がおきたときに間に入ってくれないことで、ママやパパに対して不満を募らせ、離婚原因になることも少なくありません。

義母実家と同居する際の注意点とは?

とはいえ、子どもを育てる都合で、あるいは経済的な事情で、義母実家との同居を余儀なくされるママもいるはずです。

その場合は、義母実家と同居する時点で、ルールを決めておくことをおすすめします。

家事の分担を明確にしておく

例えば、家事の分担を明確にしておくことです。

働くママの場合、義母の「家事は私がするから」という言葉を信じて任せておくと、「嫁のくせに何もしない」と後で親戚や近所のひとに言いふらされて傷つくことがあります。

洗濯と食器の後片付けは私がしますので、平日の料理と掃除はお願いしてもいいですか?」など、具体的に役割分担を決めておきましょう。

プライベート空間をつくること

次に、プライベートな空間をつくることです。

義母実家での同居は、プライバシーを守りにくいという声をよく聞きます。

子ども部屋はいざ知らず、夫婦の寝室に勝手に入られるのは気持ちがよいものではないですよね。

そこで、入ってほしくない部屋には鍵をつける、夫婦宛ての郵便物は勝手に開封しないなどのルールを設けておくことをおすすめします。

同居を決めた時点でよく話し合っておこう!

子どもがいて、義母実家と同居する場合、子育ての方針でもめることが少なくありません。

孫可愛さに時間に関係なくおやつを食べさせたり、欲しいものを何でも買い与えるのを見ると、子どもの成長にもよくないと思うのは当然のことです。

そのため、自分たちはどんな方針で子育てをしているのか、そのためにどんな協力をしてほしいのかを、同居を決めた時点で話し合っておくことをおすすめします

その際、必ずパパにも同席してもらい、同居後に何かあったときに話をしてもらえるようにしておきましょう。

  関連記事

3歳~5歳児の保育園の1日の過ごし方を教えて!

働くママの場合、子どもを乳児期から預ける人が少なくありません。ですが中には、3歳 …

赤ちゃんと初めてのお出かけ!レストランの選び方やマナーはどうしたらいい?

出産後の毎日は喜びも大きいけれど、慣れないお世話で大変なことも沢山。しばらくする …

結婚できなくなる娘の育て方があるって本当?その特徴とは?

生まれた赤ちゃんが女の子だとわかったとき、苦労の少ない、幸せな女性になってほしい …

もはや時代遅れ?三角食べのメリット・デメリットとは?

昔は家庭でも学校の給食のときでも「三角食べをしなさい」とよく言われたものですね。 …

抱っこひもの一種として知られているベビースリング!その使用方法と選び方のコツは?

「ベビースリング」とは、いわゆる”抱っこヒモ”の一種であり、大きな布 …

どうしたら入る!?父親のパパスイッチの入れ方とは

ママは妊娠が分かると同時に、自分の体の中に新しい命が宿ったという実感を少なからず …

保育園から不承諾通知が届いた!理由とその後の対策とは?

現代の日本の待機児童問題は、いまだに解決の見込みがたちません。そのため、職場復帰 …

子育て世帯臨時特例給付金はどんな制度?申請の条件とは?

2014年4月に消費税が8%にアップしてから、子育て世帯は出費を余儀なくされてい …

スマホ時代に問題の「スマホ老眼」とは?チェック方法や改善方法はある?

一般的に、40代半ばくらいになると「手元が見えづらい…」という老眼の症状が出てき …

今や抱っこひもの定番!人気の「エルゴベビー」の魅力をとことん解説しちゃいます

赤ちゃんが生まれる前に用意するものは様々ですが、特にママと赤ちゃんの普段の生活に …