ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

お宅はお泊りいつからOK?子どものお泊りを許すタイミング大解説!

   

仲の良い友達の家に泊まりたい!遊びたい盛りの子どもにとって「お泊り」は、ずっと遊べる夢のようなものです。

しかし、いざ「お泊りをしたい!」と言われても、子どもがお泊りに適した年齢なのか、はたまたどんなことに注意したらよいのかチンプンカンプンなんてことも。

そこで今回は、お泊りを許可する年齢と、実際にお泊りするときの気を付けたいポイントについてお話ししていきます。お子さんがお泊りできるかどうか、親御さんがしっかりと見極めて相手方に迷惑をかけないようにしましょうね。

子どものお泊り、いつからOK?

子どものお泊りを許可する基準は、ご家庭によってさまざまでしょう。「泊めてもらうご家庭に迷惑をかけないこと」は、最低限の基準となるのではないでしょうか。

そのため、食事・着替え・入浴・トイレが自分ひとりでできる、おねしょをしない、マナーが守れる年齢が妥当と言えます。

これらは小学生になるとできるようになりますが、小学生でも感情の制御が難しくケンカや物に当たってしまうこともあるでしょう。お子さんの性格や普段の生活の自立度を考慮して、お泊りOKのタイミングを見計らってくださいね。

みんな何歳からお泊りしてるの?

では、実際のところ何歳からお泊りOKされているのでしょうか。一般的に、小学生になってからお泊りを許可するご家庭が多いようです。

先に述べたように日常生活が自立して行えること、やってはいけないことの判断がつくことなどが大きな理由となっています。

次いで中学生になってから、成人するまで禁止といった意見もあります。このような意見のご家庭では、小学生でも迷惑をかけてしまうため中学生からといった考えを持たれているようです。

また、成人するまで禁止の場合には、「自分で自分の責任を取れるかどうか」がお泊りの判断基準になっています。この他にも、未就学児でも相手のお宅がOKであればお泊りを許可するなどといったパターンもあります。

何歳からお泊りを許すかは、ご家庭の考え方によって大きく差が生じます。ご家族で友達宅へのお泊りについて話し合っておくと、実際に子どもからお泊り希望されたときにスムーズな対応ができるかもしれませんね。

お泊りさせる時に気を付けること~気持ちの良い関係を保つために~

実際に子どもをお泊りさせる時には、相手方への配慮が大切になります。このときの対応次第で今後の関係が、良い方にも悪い方にも転びます。気を付けておきたいことを守り、良い関係を保ちましょうね。

事前にお泊りについて確認し、気遣いの言葉をかけよう!

子どもが泊まると言っても、子ども同士の口約束の可能性があります。必ず相手の親に確認し、情報を共有してください

その際に「子どもが何かしてしまったらすぐ連絡してください」などの相手を気遣う言葉をかけるようにしましょう。何かあった時の緊急連絡先を伝えておくと、より良いですね。

お泊り当日は子どもを送迎、しっかりとあいさつしよう!

お泊り当日は子どもを送り、その時には相手方の親に直接挨拶をしておきましょう。子ども一人で行ける場合であっても、直接会っておく方がベターです。

その時、お菓子や飲み物、スイーツなど、気を遣わせてしまわない程度の手土産を添えておきましょうね。

夕飯とお風呂は済ませておこう!

夕飯やお風呂は、泊まらせる側のお宅にとって負担となるものです。できる限り夕飯・お風呂を済ませてからお泊りに行きましょう。そうすれば着替えなどを忘れることもありません。

済ませているかどうか分からないと相手方にとって悩ましいので、「夕飯とお風呂は済ませています」等、状況を伝えておきましょうね。

子どもに相手方に迷惑をかけないこと、ルールを守ることを教えよう

自宅ではOKだったことも、他の家ではルール違反ということがあります。「郷に入れば郷に従え」の精神が大切です。ルールを守り、迷惑をかけないように過ごす必要性をしっかりと教えておきましょう。

子どもは迎えに行こう!一人で帰ってきた場合には確実にご挨拶を

子どもが帰るときには、できる限り迎えに行き挨拶してください。その時に子どもが迷惑かけなかったかどうか聞いておくと相手も伝えやすく、心象が良くなりますよ。

もし子ども一人で帰ってきてしまった場合は、ご挨拶に伺う、もしくは電話をするなど、必ず挨拶をするようにしてください。

子どものお泊りには、親の対応も重要!

子どもがお泊りをすることについては、ご家庭ごとに賛否両論あるでしょう。ご家庭の方針に合わせたルールを決めておき、必要時に適切な対応ができるようにしてください。

子ども同士のお泊りは迷惑やトラブルをおこしてしまうことがあり、不安がつきものです。それをフォローするためには、「親の対応」がとても大切!

相手方に我が子がお世話になるのであれば、最低限のマナーとご挨拶を確実に行い、さらに良い関係を築いていけるようにしましょう

子どもにとってお泊りは、非日常で刺激的です。どうすれば両家庭とも安心して過ごせるかを考え、お泊りを実行してみてはいかがでしょうか。

  関連記事

結婚できなくなる娘の育て方があるって本当?その特徴とは?

生まれた赤ちゃんが女の子だとわかったとき、苦労の少ない、幸せな女性になってほしい …

子どもにYouTubeは見せてもいいの?影響や注意点

近年ではパソコンやスマホで、子どもにYouTubeを見せるママが増えてきています …

マタニティマークはどこで配布されているの?種類や種類別の用途とは?

出典:東京臨海高速鉄道株式会社   「厚生労働省」の施策から「マタニテ …

カフェを併設した大人な保育園が登場!子どもへの影響は?

みなさんは保育園に対し、どんなイメージを持っていますか?働く保護者に代わって、乳 …

子供部屋に秘密基地がつくれる!いま話題のティピーテントのこと

みなさんは、「ティピーテント」という言葉を知っていますか?子ども部屋のインテリア …

保活に成功するためのポイントとは?保育園の選び方も知っておこう

近年、「保活」という言葉をよく見聞きしていることでしょう。待機児童問題が解決する …

子どもが病気のときに真価がわかる!?パパの処方薬把握事情とは?

共働き家庭が増え続けている現代。お子さんが病気になったとき、仕事を休む、遅刻・早 …

兄弟仲良くしてほしい!兄弟関係を円滑にするポイントはあるの?

兄弟を持つ親なら誰しもが「仲良しでいで欲しい」と思うのではないでしょうか。 とこ …

近頃人気急上昇中の無印のソファ!その魅力とは?

シンプルなデザインと素材にこだわり、衣類や食品、化粧品、文房具などさまざまなアイ …

ママなら知っておきたい!福祉用品である子ども用車いすのこと

電車などで移動をしているとき、明らかに歩ける年齢の子どもがバギーに乗っているのを …