ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

実は主婦に多い、キッチンドリンカーのことを正しく知っておこう!

   

2013年に厚生労働省では、「問題飲酒者に関する人口推計」の調査結果を発表しました。

その結果、純アルコール60g以上を摂取する多量飲酒者は男性が785万人、女性が295万人、リスクの高い飲酒者は男性が726万人、女性が313万人、アルコール依存症者と予備群は男性が257万人、女性が37万人という結果が出ています。

相対的にアルコールの問題は男性に多いですが、女性がそうなるきっかけがキッチンドリンカーになったことというのは、特有の原因といっても過言ではないでしょう。そこで今回は、キッチンドリンカーについて、お話ししたいと思います。

キッチンドリンカーって何?その特徴は?

キッチンドリンカーとは、その名の通り、家で調理をしながら飲酒をするひとのことをいいます。特に夏場は、調理中はキッチンの温度があがるので、冷たいビールを飲みながら料理をする主婦は、それほど珍しくないかもしれません。

ですが、それがごく限られている場合は問題ありませんが、夕食の支度をするたびに飲酒をすることが習慣になれば、それはキッチンドリンカーという状態です。

そして、アルコール依存症になった女性の多くに、キッチンドリンカーだったという過去があることが多いのです。

アルコール依存症は、薬物依存症の一つで、自分でお酒を飲む量やタイミング、状況をコントロールできなくなる病気です。これは、脳あるいは行動の病気なので、治療しなければ自然治癒することはありません。

キッチンドリンカーになる原因とは?

では、主婦がキッチンドリンカーになる原因は、一体何なのでしょうか。

まず、キッチンドリンカーになる主婦に共通しているのが、日常生活の中で不満や葛藤を持っていることです。

バリキャリだった女性が専業主婦になったときの戸惑いやギャップ、仕事のように育児を自分でコントロールできないことへの苛立ち。

夫との関係の悪化、子育てがひと段落して時間を持て余すなど、女性がキッチンドリンカーになる理由はさまざまです。

ですが、そうした原因を自分で解決することができず、その憂さ晴らしをするために、飲酒をしてしまうのです。

最初は、料理酒を味見する程度で済んでいたのに、そのうちに飲む量が増える、あるいはアルコール度数の高いお酒を飲むようになるなど、エスカレートしていくのです。

キッチンドリンカーになるのを未然に防ぐ方法は?

キッチンドリンカーになるのを未然に防ぐためには、どんな方法があるのでしょうか。

まず、キッチンドリンカーはアルコール依存症への出発点であることを、本人も家族も自覚することです。そして、どうしてお酒を飲みたくなるのか、きちんと自分を見つめなおす必要があります。

そこでまず、家族での会話を増やすことから始めましょう。夫や子どもに不満があるなら、感情的にならずに冷静に話し合うのがおすすめです。

また自宅にいるときも、それぞれが個室で過ごすのではなく、家族揃って一緒に過ごす時間を増やすことでも、飲酒の機会がぐっと減るはずです。

そしてもし、奥さんがキッチンドリンカーかもしれないと思っている旦那さんがいたら、まずはよく話を聞いてあげてください

そして、睡眠や食欲に変化がないかを観察し、飲酒量が増えているようなら、早めに専門医に相談することをおすすめします。

アルコール依存症の治療が必要になることもある

キッチンドリンカーからアルコール依存症に発展してしまうと、自分の意思で飲酒を止めることができません。専門医の治療を受け、一生にわたって断酒を続けていく必要があります。

それは、アルコール依存症に一度かかると、再び飲酒することによって再発してしまうからです。それは、家族にとっても一生の問題になります。また、アルコール依存症の治療には、家族の協力が必要です。

そして、お子さんの心身の成長にも、その影響は及びます。早めに対処して、キッチンドリンカーを卒業しましょう

  関連記事

え!?離乳食を作らないの?イギリス式の離乳法ベビー・レッド・ウィーニングとは

日本においての子育て事情では、母乳もしくはミルクの授乳に続き食品の離乳食に入りま …

セルフネイル派必見!魅力いっぱいのキャンドゥのネイル用品のこと

みなさんは、キャンドゥのネイルが、新色が出ると即完売できるほど、人気があるという …

認可とどんなところがどう違う?無認可(認可外)保育園ってどんなとこ?

赤ちゃんが少しずつ成長してくると、働くママは復職のことも気になってきますよね。待 …

子育て世帯だから知っておきたい!生命保険の種類と特徴、選び方のこと

子どもは、一人前に育て上げるまでに、長い時間がかかります。そして、子どもが自立す …

都会での子育ては難しいの!?そのメリットとデメリットを考えてみよう!

子どもがいない都会の暮らしは、仕事も遊びも楽しいことばかりです。夜遅くまでできる …

保育園の申し込みはどうしたらいいの?確実な入園方法はある?

出産が終わっても、育児休業中のママにとっては、一安心というわけにはいきません。予 …

送迎保育ステーションは働くママの強い味方!?その利用方法とは?

近年、全国の地方自治体が、通勤途中の駅にある保育園に子どもを送迎する事業を推進し …

ママやパパが昔よく作ったプラバン!子供と一緒に懐かしいプラバンを作ろう!

プラ板は自分のオリジナルのキーホルダーやアクセサリーを作るのに最適です。材料も1 …

子連れの海外旅行は現地での病気やケガの予防と対策が重要!心がけるべきことは?

旅行好きのご夫婦にとって、子どもが小さいうちに一緒に海外旅行に行くことは、自然な …

美味しいけれど食べ過ぎ注意!肝油ドロップの効果って?

子育て中のパパ、ママのなかには「カワイ肝油ドロップ」に懐かしさを覚える人も多いの …