ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

おむつの試供品を試した方がいいって本当?そのメリットとデメリットは?

   

赤ちゃんを迎えるにあたって、紙おむつにしようか、布おむつにしようか、悩むママも多いと思います。

そして、紙おむつと一口にいっても、メーカーによって使用感やこだわりに違いがあるため、我が子にとって最適なものを選ぶには、試すよりほかありません。ですが、そのためにたくさんの紙おむつを購入するのは、現実的ではありませんよね。

そんなときに活用したいのが、おむつの試供品です。そこで今回は、おむつの試供品はどこでもらえるのか、試供品を試すメリットとデメリット、試供品の入手方法などについて、お話しします。

おむつの試供品はどこでもらえるの?

まず、紙おむつの試供品に一番最初に出会うのは、出産した病院というママが多いです。産婦人科では、ミルクのメーカーの担当者による授乳指導などのイベントも多く、その際に試供品が配られることが多いのです。

また、産婦人科自体が入院中に紙おむつを使用している場合、そこで購入することもできるそうです。

また、生後1カ月検診を終えて外出できるようになると、赤ちゃん連れで参加できるイベントがたくさんあります。

ショッピングセンターやデパートなどで行われるママやベビー向けのイベントでは、いろいろな紙おむつメーカーが試供品を配っています。紙おむつ以外にも、ミルクや離乳食の試供品がセットになっていることも多いので、チェックしてみましょう。

おむつの試供品を試すメリットとデメリットは?

紙おむつの試供品を試すメリットとしては、我が子に合ったメーカーを比較検討しながら探せるということです。

紙おむつもメーカーによって価格や枚数が異なりますが、割高に感じるメーカーには、安価なメーカーにはない機能や工夫がついていることが多いのです。

特に、我が子の肌がデリケートだと感じていたり、アトピーなどで悩んでいる場合は、通気性などをきちんと検討するうえでも、試供品を取り寄せて試す価値はあると思います。

一方のデメリットとしては、試した結果、好ましい紙おむつが見つかったとしても、家計的に買い続けるのが難しいケースもあることです。その場合は、長時間のお出かけの際だけ、試供品を使うなど、使い分けを検討するとよいかもしれません。

おむつの試供品の入手方法は?

では、紙おむつの試供品の入手方法を、いくつか紹介しておきましょう。

まず、紙おむつメーカーの公式サイトにアクセスすることです。紙おむつメーカーでは、定期的に試供品のプレゼントキャンペーンを行っています。

当選人数に制限はありますが、当たるまで何度も応募したり、複数の紙おむつメーカーに同時に申し込むと、当たる確率が高くなります。

また、ベビーコーナーを設けている大手のドラッグストアでも、よく紙おむつの試供品を配布しています。メルマガに登録したり、チラシをチェックして、そうした機会を有効活用しましょう。

また、紙おむつのメーカーに直接問い合わせをして、「試してみたいので、試供品を送ってください」と申し込む方法もあります。

おむつの試供品を活用すれば節約にもなる!

実際に子育てしてみると、紙おむつが消耗品で、毎月かなりのお金がかかっていることが実感できます。普段は布おむつでも、外出する機会が増えると、紙おむつを併用する家庭が増えてくるはずです。

赤ちゃんの成長によって、紙おむつのサイズは変わってしまうので、そんなときに上手に試供品を活用できると、節約にもつながるはずです。

紙おむつを使う時期は限られているのですから、試供品を手に入れるチャンスを有効活用して、赤ちゃんにとっても快適で、家計にもやさしくなるように、実践してみてくださいね。

  関連記事

子供が製品事故に巻き込まれるのを、防ぐためにできることは?

2017年2月、独立行政法人 製品評価技術基盤機構(NITE)が発表した報告によ …

育児と介護のダブルパンチ!お金のこと、どう備える?

結婚する年齢、出産する年齢が上がってきたことにより、育児と親の介護の時期が重なっ …

実の親にかわって子どもを養育する?里親制度とは

みなさんは「里親制度」というものを耳にしたこがあるでしょうか。 近年、産みの親の …

和食マナーは子どもにも教えるべき?そのメリットと方法は?

和食のマナーと聞いて、自分がきちんとできているかどうか、不安に思うパパやママも少 …

ダイソーのモバイルバッテリーがあれば外出先で充電がなくなっても大丈夫!

「スマホは必ず持ち歩いている」という人が圧倒的に多い現代の世の中。通勤・通学の利 …

お姫様ベッドとして人気のキャノピーの種類と作り方が知りたい!

みなさんは、「キャノピーベッド」という言葉を知っていますか?これは、天蓋のついた …

「は・ち・み・つ・じ・ま・ん」とは?子どもに教えたい!不審者と判断する方法や身を守る方法とは?

小学生になると一人で行動する子が増えてくると思います。登下校や放課後の外遊びで心 …

子育てを失敗したと後悔している先輩ママに聞く、アドバイスとは?

妊娠・出産したときには、子育てがいつか終わるということは、まったくイメージできな …

実はこんな違いが?無農薬野菜とオーガニック野菜のこと

子どもに食べさせたい野菜は安心で安全なものが良いですよね。スーパーに並べられた野 …

冬でも使う?赤ちゃんの汗取りパッドの使い方について

赤ちゃんは、大人の2~3倍も汗っかきなのをご存知ですか?大人は体温調整が出来ます …