ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

大人の椅子に赤ちゃんを座らせることができる!チェアベルトのメリットとデメリットとは?

   

赤ちゃんを椅子に座らせるとき、必ずベビーチェアが必要だと思い込んでいるママやパパは、案外多いのではないでしょうか。ですが、外食するために入店したレストランで、必ずしもベビーチェアが用意されるとは限りません。

そんなときに重宝するのが、「チェアベルト」なのです。そこで今回は、チェアベルトとは何か、どんな種類があるのか、使用するメリットとデメリット、自宅でできる簡単な作り方についてまで、お話ししたいと思います。

チェアベルトって何?どんな種類があるの?

チェアベルトとは、大人用の椅子に取り付けることのできる、赤ちゃんがお座りするための補助ベルトのことをいいます。

チェアベルトは、背もたれのある大人用の椅子に取り付けるだけで、落下する心配が軽減する優れものです。チェアベルトには、いくつかの種類があります。

ベルトで固定するタイプ

まず、「ベルトで固定するタイプ」です。これは、ワンステップで簡単に取り付けができ、時間をかけずに赤ちゃんを大人用の椅子に固定することができます。また、ほかの種類より低価格なので、お試しで購入するママやパパも多いといいます。

背もたれに被せるタイプ

次に、「背もたれに被せるタイプ」です。これは、大人用の椅子の背もたれに被せて使います。チェアベルトの背面が椅子につながっているので、赤ちゃんが前傾姿勢になりにくく、転倒防止効果が高いです。

パンツタイプ

最後は、「パンツタイプ」です。赤ちゃんのおしりをしっかり包み、お腹を支えるよう、チェアベルトが太くなっています。そのためサポート力も強く、赤ちゃん自身も窮屈さを感じにくいつくりになっています。

チェアベルトのメリットとデメリットは?

チェアベルトのメリットとしては、ベビーチェアがないお店でも赤ちゃんを座らせることができるだけでなく、ママの腰につけることで赤ちゃんを抱っこしながら、両手を使って作業ができることがあげられます。

一方で、チェアベルトは便利グッズではありますが、赤ちゃんが動きすぎると椅子ごと倒れる可能性があったり、肩にベルトがないタイプは立ち上がって抜け出すケースもあることがあげられます。

チェアベルトを選ぶときには、素材や取り付けやすさだけでなく、我が子に合っているタイプかどうかも、しっかり検討する必要があります。

同時に、外出先で使うことが多いので、携帯しやすいコンパクトな軽量タイプであるかどうかも、チェックしておきたいところです。

チェアベルトの簡単な作り方はある?

では、ママが簡単にチェアベルトを手作りする方法を、ご紹介しておきましょう。

材料
  • 表布…13cm×24cm
  • 裏布…13cm×24cm
  • キルト芯…11cm×22cm
  • ベルト…25mm幅のものをお好みの長さで
  • ベルトの留め具…1組
作り方
  1. 裏布の裏側の中心に、キルト芯を貼る
  2. 表布と裏布を中表西、その間にベルトを挟んで仮留めする
  3. ②の布を返し口を残して縫い合わせる。その際、ベルトの部分は補強するために何度か縫っておく
  4. 布を表に返して、返し口をまつり縫いする
  5. ベルトの留め具をつけて出来上がり

これは、ベルトで固定するタイプのチェアベルトの作り方です。インターネットで検索すると、いろいろなタイプのチェアベルトの作り方がヒットしますので、自分の好みのものを探してみてください。

赤ちゃんに合わせて適正なサイズを使おう!

市販されているチェアベルトは、お座りができる赤ちゃんを対象につくられているので、生後6~7カ月から使えると明記されています。

ですが、赤ちゃんの成長には個人差があり、チェアベルトがあったからといって、大人用の椅子に長時間座っていることができない子もいます。また、赤ちゃんの成長は早いので、チェアベルトのサイズが適正かどうかも重要です。

チェアベルトは食事の際に座れるようになる、1歳6カ月ころまで使うことが多いので、成長に合わせて買い替えが必要なことも、覚えておいてくださいね。

  関連記事

子どもに好かれるお洒落なパパになるにはどうしたらいい?そのポイントは?

子どもが小さいうちは、パパがどんな格好をしていようと、子どもは気にすることはあり …

小児肥満の影響とは?安全なダイエットで健康な生活に導こう

肥満というと、グルメや食べ過ぎによる大人の症状だと思われがちですが、今は子供が肥 …

妊娠中にくじ運が上がるというジンクスは本当?その真相が知りたい!

「妊婦さんはくじ運が上る」というジンクスを、みなさんも一度は耳にしたことがあるの …

産後の職場復帰はいつから可能?職場復帰を考えるママが知っておきたいこと!

妊娠が分かり安定期に入ったという人も、子どもを望んでいて今後も仕事をしていきたい …

デザインとカラーが豊富なニトリのソファで、くつろぎの空間をつくろう!

リビングをくつろぎの空間にしたいなら、ソファは必需品といえるかもしれません。です …

家計の管理をするママは知っておきたい!ガス代を節約する方法とは?

日々の中で暮らしていくのにかかせないガスですが、日々使うからこそちょっとした工夫 …

いま話題の性差医療のこと~同じ病気でもアプローチを変える~

皆さんは性差医療という言葉を知っていますか?男女によって異なる、病気の発症やメカ …

兄弟姉妹の理想の年齢差っていくつ?二人目のタイミングはどう考えるべき?

共働き世帯が専業主婦世帯を大幅に上回る現代、二人目以降の妊娠・出産するタイミング …

ほくろが痛むと病気の可能性があるの?気をつけた方がいい症状は?

あなたは自分の身体のどこに、ほくろがあるのかを把握していますか?そして、ほくろの …

ママの育児を強力サポートしてくれる!?ロボットベビーベッド「SNOO」のこと

育児グッズは年々進化しています。特に赤ちゃんの寝かしつけは、ママたちにとって永遠 …