ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子ども限定バスツアーって親子参加型とどう違う?そのメリットとデメリットは?

   

子どもが小学校に入学すると、学外学習の機会が増えます。また、夏休みなどには自由研究を兼ねて、さまざまなイベントが行われます。

その中には、子ども限定バスツアーも含まれます。子ども限定バスツアーも、日帰りや宿泊などさまざまな内容があり、運動や自然体験、学習などプログラムも多彩なようです。

そこで今回は、子ども限定バスツアーとは何か、親子限定バスツアーとの違い、人気のプログラム、参加するメリットやデメリットについて、お話しします。

子ども限定バスツアーって何?親子バスツアーとは違うの?

子ども限定バスツアーは、参加者を子どもに限定しているバスツアーのことを指します。

親子バスツアーの場合は、保護者1人に対し子どもが何人までという制限の中で、プログラムに参加します。親子でさまざまな体験ができるほか、常に保護者の目の届く中で、子どもがいろいろな経験が積めることから、人気を博しています。

一方の子ども限定バスツアーは、保護者が参加することはできません。プログラムによっては、小学校高学年以上など、年齢制限があるものもあります。

そこで初めて出会う友だちも多く、家庭や学校ではできない体験ができることから、子どもの成長を願って、参加させる保護者が年々増えているようです。

そして、子ども限定バスツアーを扱う旅行業者によって、その内容にもさまざまな特徴があります。

子ども限定バスツアーには、どんなものがあるの?

子ども限定バスツアーのプログラムの一例を紹介してみると、カブトムシやクワガタなどの昆虫採集をするもの、川遊びや果物狩りをするもの、ネイティブスピーカーの先生がバスに同乗し英会話しながらの牧場見学など、日帰りで季節を感じながら楽しめるものが人気のようです。

また、宿泊可能な小学生であれば、森で秘密基地をつくるキャンプツアーや、冬にはスキースクールとセットになったツアー、ロボットづくりができるツアーなど、個々のニーズに合わせたプログラムが多彩に用意されています。

参加する年齢や費用については、子ども限定バスツアーの内容によって異なりますし、お子さんのアレルギーによっては、参加できない可能性もあります

興味がある子ども限定バスツアーを見つけたら、まず電話やメールで問い合わせをしてみましょう。

子ども限定バスツアーのメリットとデメリットは?

メリット

子ども限定バスツアーに我が子を参加させるメリットとしては

  • 親子ツアーと違って費用が安く済むこと
  • 自分が運転して連れて行く必要がないこと
  • タイムスケジュールに則ってプログラムが進むので安心なこと
  • 自分が苦手な分野のツアーに子どもを参加させることができること
  • ランチ難民になる心配がないこと
  • 子どもが飽きないように工夫を凝らしたツアーが多いこと

などがあげられます。

デメリット

一方の子ども限定バスツアーのデメリットとしては

  • 途中で子どもの希望でプラン変更ができないこと
  • 時間の融通がきかないこと
  • 団体行動などでお子さんの性格によっては気疲れしてしまうこと
  • 本人が希望しないプランが含まれるツアーもあること
  • まれに参加者の態度が悪く不愉快な思いをするケースがあること

などがあげられます。

まずは日帰りのものから参加させてみよう!

いつも親子ベッタリ一緒では体験できることも限られますし、お子さんの自立を促すためにも、見知らぬ友だちと同じ目的をもって楽しむ経験を積んでおくことは、とても重要なことです。

とはいえ、いきなり宿泊を伴うものではハードルが高いので、まずは時間が短めで、日帰りの子ども限定バスツアーに参加させてみましょう

夏休み時期などは、自由研究を1日で終えてくれるプログラムも多いので、おすすめです。プランを比較検討して、一度体験させてあげてくださいね。

  関連記事

リーズナブルに北欧デザインが手に入る!イケアのソファの魅力について

イケアは、スウェーデン生まれの世界最大の家具メーカーです。リーズナブルなのに、オ …

玉ねぎの皮で節約ができるって本当?食事や掃除の節約術とは?

お子さんがいる家庭では、玉ねぎは常に冷蔵庫に入っている食材の一つではないでしょう …

子供がインフルエンザにかかったとき、自然治癒することもある?その方法とは?

インフルエンザ治療薬を飲んだ子供が、異常行動に走るというニュースを見聞きすると、 …

子どもが笑うとメリットがいっぱいって本当?笑いがもたらす子どもの脳の発達とは?

いまは子育てに追われているママとパパも、小さいときに何度か耳にしたはずのことわざ …

保育園に入園させるには嘆願書が必要って本当?記入のポイントは?

日本では待機児童問題が一向に改善される気配がないため、都市部では妊娠したときから …

マインドフルネスにはどんな効果があるの?そのトレーニング方法とは?

最近、メディアでよく見聞きする言葉に「マインドフルネス」があります。世界的に見る …

どんどん寒くなっていく、秋におすすめのマタニティファッションとは?

妊娠中のママにとって、暑い夏より気温が下がる秋の方が過ごしやすいと感じることでし …

子どもの大事な歯を守るためには、どのように歯ブラシを保管すればいいの?

毎日の歯磨きは、口の中の菌を除去し、お子さんが健康な歯を保つために欠かせません。 …

子どものおさがりをもらうとき、あげるときには何に注意したらいいの?

子どもの成長は早いので、あっという間に洋服が着られなくなります。そのすべてを新品 …

認可とどんなところがどう違う?無認可(認可外)保育園ってどんなとこ?

赤ちゃんが少しずつ成長してくると、働くママは復職のことも気になってきますよね。待 …