ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

走るのが早くなる!?かけっこ教室のメリットとは?

   

子どもが保育園や幼稚園に通うようになると、毎年運動会に参加することになります。

子どもが小さいうちは、順位など気にならなくても、本人に自覚が生まれるようになると、少しでも速く走れるようにしてあげたいと、ママやパパとしても思うのではないでしょうか。

そんなときにおすすめなのが、「かけっこ教室」です。そこで今回は、かけっこ教室とは何か、どんなことを教わるのか、かけっこ教室に通うメリット、利用方法について、お話しします。

かけっこ教室って何?何を教わるの?

かけっこ教室とは、専門家に速く走るコツを教えてもらい、その反復練習をする場です。足の速さは遺伝だと思い込んでいるママとパパが多いのですが、実は走るコツをマスターして、体得するまで練習すれば、お子さんは早く走れるようになるのです。

では、かけっこ教室ではどんなことを教えてくれるのか、気になりますよね。早く走るためには、正しい姿勢で走るコツを教えてくれるのです。

具体的には、陸上のプロであるコーチが走り方のお手本を見せ、それを真似て子どもたちが走るのが基本です。プロから見ると、同じように走っている子どもの癖が明らかです。

そうした改善点を見つけ、それを直す方法を教え、実践できるようになるまで、何度も走らせます。その結果、フォームが身につくのです。フォームが身についてしまえば、タイムを縮める練習をするだけです。

かけっこ教室に通うメリットは?

では、わざわざかけっこ教室に通うメリットには、どんなものがあるのでしょうか。

まず、正しい姿勢で走れるように、プロが丁寧に指導してくれることです。上体のおこし方、地面に足をどうつけるのか、腕の振り方など、走るとひとくちにいっても、さまざまなポイントがあります。

個人で違う一つひとつの癖を把握して、正しいフォームに導くことは、陸上のプロにしかできません。走るたびに改善点をコーチに指導してもらえるので、子どもも理解しやすいというメリットがあります。

また、正しい走り方が身についていると、ほかのスポーツを習うときの基礎としても有効です

どんなスポーツでも陸上トレーニングがあるのは、そういう理由からです。野球やサッカーを習わせる前に、正しい走り方を身につけておくことをおすすめします。

かけっこ教室の利用方法は?

では、かけっこ教室はどのように利用したらよいのでしょうか。

もちろん、運動会で活躍できるように、かけっこ教室に通うのもよいでしょう。かけっこ教室に通って走るのが早くなれば、リレーの選手に選ばれるのも夢ではありません。それは、お子さんの自信にもつながるはずです。

また、フォームを体得してタイムが縮んでくると、お子さんは自分の成長を実感できます。その結果、自分に自信を持てるようになるのです。それは、コンプレックスを解消することにもつながります

もちろん、ほかのスポーツを習う前の基礎固めとしても、かけっこ教室は有効です。

親子で参加できるかけっこ教室も検討しよう!

かけっこ教室は、いろいろな企業が開講しています。ほかのお稽古事と同じように、入会金を払って、月謝を払って毎週通うところもあれば、一括料金で月に何度も通えるところ、1レッスン2,000円で時間制限があるものなど、さまざまです。

何度も走るとお子さんは疲れてしまうので、自宅に近いかけっこ教室に通えるのにこしたことはありませんので、インターネットで検索して、アクセスや料金を検討し、お子さんを通わせやすいところを探してみましょう

また、親子で参加できるかけっこ教室もあるので、幼稚園や小学校で親子参加型のプログラムがあるなら、一緒に習うのもよいかもしれません。

  関連記事

実の親にかわって子どもを養育する?里親制度とは

みなさんは「里親制度」というものを耳にしたこがあるでしょうか。 近年、産みの親の …

セリアの商品とDIYグッズで、お部屋をもっと自分らしく演出しよう!

セリアにはさまざまなインテリアグッズや収納グッズがラインナップされていますが、そ …

衣替えの時期を迎える時!子供の衣類など処分や整理はどうする?

可愛いものが多い子供服ですが、決して安くはなく良いお値段がするものが多いようです …

赤ちゃんへの贈り物、ベビーリングってどんなもの?

赤ちゃんが生まれたら、記念になにかを贈りたい、形に残るものを渡してあげたい…と考 …

我が子をキッズモデルにしたいママ必見!仕事内容&応募方法について

我が子は、とても可愛いものです。そして、その可愛さが周囲にも認められるレベルだと …

子どもを結婚式に参列させる場合のマナーとは?事前に確認しておくべきことは?

親戚や友人に結婚式に招待されたとき、子どもを一緒に参列させるかどうか、迷うママも …

保育園の料金は年収別で違うって本当?料金の目安とは?

共働き世帯が専業主婦世帯を大幅に上回っている現代、保育園探しは重要な課題です。待 …

親子共通の趣味になるかも!?ボトルアクアリウムの作り方とは?

子どもの情操教育のために、ペットを飼いたいと思っているママやパパもいることでしょ …

自宅で子どもの散髪がしたい!バリカンの選び方のポイントは?

乳幼児の散髪をするとき、美容室に連れて行こうと思っても、何だか機嫌が悪かったり、 …

子供が怪我をしちゃったら!?医療費助成制度について知っておこう

どんなに言い聞かせても、じっとしていないのが子ども。ママがどれだけ気を付けていて …