ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子育て支援の新しいサービスが登場!キッズタクシーのことが知りたい!

   

みなさんは、「キッズタクシー」という言葉を聞いたことがありますか?これは、2011年8月に、日本交通が始めた子育て支援サービスのことをいいます。

現代の日本では、保育園や習い事に通う子どもが多いですが、共働き家庭も比例して増えており、必ずしもパパやママが送迎できるわけではありません。そんなときに活用したいのが、キッズタクシーなのです。

そこで今回は、キッズタクシーとは何か、その特徴、利用するメリットとデメリット、料金体系などについて、お話しします。

キッズタクシーって何?その特徴とは?

キッズタクシーとは、お子さんを自宅などから目的地までドアtoドアで送迎してくれる、日本交通グループが行っている子育て支援サービスのことです

日本交通の中でも、黒タクの乗務員から選抜されたドライバーが担当となって送迎します。乗務員と顔なじみなのでお子さんだけでも乗車でき、もちろん、新生児や乳幼児を連れたママやパパも乗車することができます

キッズタクシーの乗務員は、子育て経験者や保育士、普通救命講習、救急救命法メディック・ファーストエイドの小児プログラムの資格を持っています。

また、資格取得後も年に2回、チャイルドシート講習を受けるなど、精鋭部隊で構成されているのが特徴です。そして、通常のタクシーと同じように、24時間対応してくれます。

キッズタクシーを利用するメリットとデメリットは?

キッズタクシーを利用するメリットとしては、車両にハイグレードセダンが使われており乗り心地がよいこと、チャイルドシートやジュニアシートも用意してくれて、1台目は無料、2台目以降は1台につき1,000円となっています

そして、通常タクシーに乗るときにはその都度支払いが必要ですが、あらかじめ契約をしておくことで請求書による後払いにでき、お子さんにお金を持たせずに済みます。また、交通系のICカードでの支払いも可能です。

一方のデメリットとしては、予約制なので、予約が埋まると利用できないということです。定期的な契約をしていれば問題ありませんが、イレギュラーな事態に陥ったときに、利用できない可能性があることは、念頭においておく必要があります。

キッズタクシーを利用できるのは誰?費用の目安は?

キッズタクシーは、子どもだけでなく、乳幼児と一緒に乗車する大人も利用できます。ただし、事前予約制になっていることを忘れてはいけません。

そしてキッズタクシーは、時間貸切制のタクシー料金が適用されます。最初の1時間は5,270円になりますが、ここには運賃4,650円とキッズチャージ620円が含まれています。

この料金には、予約と迎車の費用が含まれていますが、駐車料や通行料、入場料金などは別途清算が必要です。

また、運賃は1時間あたり14.5kmが目安となっていますので、それを超えるとメーター制料金か、30分ごとに2,420円という定額料金が適用されます。

また、「JAL羽田サポートサービス料金」や「ANA羽田サポートサービス料金」などのプランがあります。

航空便の出発予定時間の1時間前までに送り、その後にサポートカウンターでチェックインを行うなど、搭乗手続きを完了するまでサポートしてくれるプランです

いざというときのために登録しておこう!

キッズタクシーは、事前予約の1時間前までに連絡をすると、キャンセル料が不要となります。また、時間の変更も同様に、事前予約の1時間前までなら対応してくれることが多いです。

幼稚園や塾、習い事への送迎はもちろん、出産後に実家まで新生児を連れて帰りたいときなどにも利用できます。

車内での飲食はできませんが、快適に移動できることは間違いなさそうです。事前に料金などの問い合わせもできるので、興味があるひとはまず公式サイトなどで確認してみることをおすすめします

  関連記事

子どもと映画を観に行こう!子どもに楽しんでもらうポイントとは?

映画館は子どもが生まれてからしばらく行っていないというママ、そして映画館で上映さ …

ほくろが痛むと病気の可能性があるの?気をつけた方がいい症状は?

あなたは自分の身体のどこに、ほくろがあるのかを把握していますか?そして、ほくろの …

一人の女性からママとなって変わったことはありますか?

恋愛し、結婚を決めるときには、パートナーと二人で暮らす生活を思い描くことはできて …

プレ幼稚園はいつから通う?費用や必要なものが知りたい!

近年は、幼稚園も3年保育が主流です。そして、正式に入園する1年前から子どもを通わ …

子どものお小遣い相場まとめ!すぐなくなる・増額要求の対策も

お小遣い自由というのは、家庭によってかなりの差がありますよね。「我が家は○○円! …

バイアグラはどんな人が利用するべき?その実態と、気になる効果や副作用の恐れは?入手方法はどうしてる?

バイアグラのイメージとはどのようなイメージですか?「精力剤じゃないの?」というイ …

保育系学部ではママにも大助かりな子育て支援がいっぱい!その実態とは?

子育てをしていると毎日子どもと二人きりの生活です。児童館やコミュニティセンター等 …

2017年、子供の看護休暇はどう変わる?有給なの?無給なの?

1995年に成立した「育児・介護休業法」が2016年3月に改正され、2017年1 …

子どものおさがりをもらうとき、あげるときには何に注意したらいいの?

子どもの成長は早いので、あっという間に洋服が着られなくなります。そのすべてを新品 …

私立保育園と公立保育園では違いがあるの?それぞれの特徴は?

保活を始めるママにとって、保育園選びの基準をどこに置くかはとても大事なポイントで …