ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

猫に咬まれて発症したひともいる!パスツレラ症について理解しておこう!

   

動物好きのひとにとって、ペットは家族の一員で、かけがえのない存在です。ですが、ペットを飼っている限り、動物由来の感染症である「ズノーシス」に感染するリスクを常に負うことになります。

そうしたズノーシスの一つに、「パスツレラ症」があります。そこで今回は、猫や犬を飼っているひとが感染する可能性がある、パスツレラ症とは何か、その原因と症状、治療方法、予防方法などについて、お話しします。

猫や犬を飼っているひとは、ぜひ覚えておいてくださいね。

パスツレラ症って何?その原因は?

パスツレラ症は、パスツレラ菌に感染することにより、皮膚や呼吸器に症状があらわれる病気です。潜伏期間は、30分から2日といわれています。

原因となるパスツレラ菌は、猫は100%、犬でも約75%が、口腔内常在菌として保有しています。ですが、健康であれば感染することはありません。

しかし、子どもや高齢者、体調不良やストレスなどが理由で免疫力が低下していると、猫や犬から人間に感染し、発病することがあるのです。

パスツレラ菌には、猫や犬に引っかかれる、噛まれることで感染し、特に糖尿病やアルコール性肝障害にかかっているひとは、重症化しやすいといわれています。

猫や犬につけられた傷が腫れ、化膿したときには、パスツレラ症の発症を疑う必要があります

パスツレラ症の症状とは?治療方法は?

パスツレラ症を発症すると、いろいろな症状がおこります。呼吸器の症状としては、咳や鼻水、喉の痛み、喀痰です。皮膚に出る症状としては、発疹や膿があります。

骨髄に炎症がおこると、発熱や脱水、意識障害など全身に症状がみられます。外耳炎を発症することもあり、その場合は耳の内部から周囲に痛みが広がる、誤嚥障害、頸部腫張がおこることもあります。

パスツレラ症を発症したときには、投薬治療が行われます。処方されるのは、ペニシリン系あるいはセファム系の抗生物質です。

パスツレラ症を発症すると、自然治癒することはありませんので、必ず病院を受診してください

というのも近年の調査では、パスツレラ症を発症したことで、敗血症や髄膜炎といった全身重症感染症にかかったり、死亡した例が報告されているからです。免疫力が低下していると重症化しやすいので、注意が必要です。

パスツレラ症感染を予防する方法は?

パスツレラ菌は、猫や犬の多くが保菌しています。感染を避けるためには、猫や犬から引っかかれたり、噛まれたりする機会を減らすのが基本です。特に猫を飼っている場合は、こまめに爪を切ることを習慣にしてください。

また、どんなに可愛いペットであっても、口をなめさせたり、口移しで何かを食べさせる習慣は止めた方が無難です。また、ペットと食器を共有することも、パスツレラ菌への感染リスクを高めます。

そして、もし猫や犬が原因で傷を負った場合、すぐに消毒を行うことです。

中でも、糖尿病や肝臓障害、免疫不全の持病があるひとは、ペットとの過剰な接触によりパスツレラ症を発症すると、重症化しやすいので注意が必要なことを忘れないでください。

妊婦さんや子どもは感染予防を徹底しよう!

妊娠中のママも、いつもより免疫が下がっています。そして、産まれたばかりの赤ちゃんも、免疫力が十分とはいえません。日本では、小型犬などを室内で飼うことが多く、その場合は常に感染リスクにさらされているということです。

パスツレラ菌への感染リスクを避けるためにも、寝室や乳児が過ごす部屋にはペットを入れない、過度なスキンシップを行わないよう、日ごろから気をつけましょう。

また、パスツレラ症を発症した場合は、すぐに病院で治療を受け、重症化を防ぎましょう

  関連記事

楽しくスキンシップが取れる「親子ヨガ」。教えて!親子ヨガのやり方、注意点

有酸素運動で効率よくシェイプアップや、集中力を高めることができる「ヨガ」。ヨガは …

その使い方本当に合ってる?柔軟剤の正しい使用方法とは?

子供のころ、クラスに1人は洋服からほんのりと柔軟剤の良い香りをさせている子がいた …

ツインズママだから楽しめる!双子コーデの楽しさや注意点とは?

双子の妊娠は喜ばしいことですが、妊娠期間中はリスクも高く、出産前は安静に過ごすよ …

不祝儀の際の子どもの服装はどうすべき?喪服の選び方とレンタルについて

不祝儀は、いつおこるかわかりません。社会に出ると、仕事の一環で葬儀に参列すること …

三角コーナーを使う必要が無くなる時が来る!?生ゴミを賢く捨てる方法とは?

生ゴミの水を切ってためておき、纏めて捨てることが出来るキッチンシンクの三角コーナ …

価格の異なる商品も扱うキャンドゥはバリエーションの豊富さが魅力!

キャンドゥは100円ショップを中心に、300円や500円といった、価格帯の違う商 …

二人目の出産を迎えるその時!上の子はどこに預けておくべき?

2人目の子どもが生まれるとき、近くに上の子を見ていてくれる親族がいたり、家の方に …

その浪費癖!実は病気かもしれない!?浪費癖を改善する方法は?

浪費癖と聞くと、ただの癖だと感じるので大したことがないように思いがちですよね。で …

食品の保存だけじゃない!?子育てママのジップロック活用方法

どこの家庭にも、サイズこそ違っても、ジップロックは常備されていると思います。食品 …

子供が毛深いと学校でいじめにあいやすいって本当?子供の脱毛方法は?

体毛は、全身に生えており、その数は150~200万本といわれています。中でも、腕 …