ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

猫に咬まれて発症したひともいる!パスツレラ症について理解しておこう!

   

動物好きのひとにとって、ペットは家族の一員で、かけがえのない存在です。ですが、ペットを飼っている限り、動物由来の感染症である「ズノーシス」に感染するリスクを常に負うことになります。

そうしたズノーシスの一つに、「パスツレラ症」があります。そこで今回は、猫や犬を飼っているひとが感染する可能性がある、パスツレラ症とは何か、その原因と症状、治療方法、予防方法などについて、お話しします。

猫や犬を飼っているひとは、ぜひ覚えておいてくださいね。

パスツレラ症って何?その原因は?

パスツレラ症は、パスツレラ菌に感染することにより、皮膚や呼吸器に症状があらわれる病気です。潜伏期間は、30分から2日といわれています。

原因となるパスツレラ菌は、猫は100%、犬でも約75%が、口腔内常在菌として保有しています。ですが、健康であれば感染することはありません。

しかし、子どもや高齢者、体調不良やストレスなどが理由で免疫力が低下していると、猫や犬から人間に感染し、発病することがあるのです。

パスツレラ菌には、猫や犬に引っかかれる、噛まれることで感染し、特に糖尿病やアルコール性肝障害にかかっているひとは、重症化しやすいといわれています。

猫や犬につけられた傷が腫れ、化膿したときには、パスツレラ症の発症を疑う必要があります

パスツレラ症の症状とは?治療方法は?

パスツレラ症を発症すると、いろいろな症状がおこります。呼吸器の症状としては、咳や鼻水、喉の痛み、喀痰です。皮膚に出る症状としては、発疹や膿があります。

骨髄に炎症がおこると、発熱や脱水、意識障害など全身に症状がみられます。外耳炎を発症することもあり、その場合は耳の内部から周囲に痛みが広がる、誤嚥障害、頸部腫張がおこることもあります。

パスツレラ症を発症したときには、投薬治療が行われます。処方されるのは、ペニシリン系あるいはセファム系の抗生物質です。

パスツレラ症を発症すると、自然治癒することはありませんので、必ず病院を受診してください

というのも近年の調査では、パスツレラ症を発症したことで、敗血症や髄膜炎といった全身重症感染症にかかったり、死亡した例が報告されているからです。免疫力が低下していると重症化しやすいので、注意が必要です。

パスツレラ症感染を予防する方法は?

パスツレラ菌は、猫や犬の多くが保菌しています。感染を避けるためには、猫や犬から引っかかれたり、噛まれたりする機会を減らすのが基本です。特に猫を飼っている場合は、こまめに爪を切ることを習慣にしてください。

また、どんなに可愛いペットであっても、口をなめさせたり、口移しで何かを食べさせる習慣は止めた方が無難です。また、ペットと食器を共有することも、パスツレラ菌への感染リスクを高めます。

そして、もし猫や犬が原因で傷を負った場合、すぐに消毒を行うことです。

中でも、糖尿病や肝臓障害、免疫不全の持病があるひとは、ペットとの過剰な接触によりパスツレラ症を発症すると、重症化しやすいので注意が必要なことを忘れないでください。

妊婦さんや子どもは感染予防を徹底しよう!

妊娠中のママも、いつもより免疫が下がっています。そして、産まれたばかりの赤ちゃんも、免疫力が十分とはいえません。日本では、小型犬などを室内で飼うことが多く、その場合は常に感染リスクにさらされているということです。

パスツレラ菌への感染リスクを避けるためにも、寝室や乳児が過ごす部屋にはペットを入れない、過度なスキンシップを行わないよう、日ごろから気をつけましょう。

また、パスツレラ症を発症した場合は、すぐに病院で治療を受け、重症化を防ぎましょう

  関連記事

プチプラでも大満足!おすすめのしまむらのバッグのこと

洋服の流行が変わると、それに合ったバッグが欲しくなるものです。ですが、それが翌年 …

ママの趣味がお金になる可能性がある!?趣味で得られるお金の相場とは?

現代の日本では、専業主婦世帯が共働き世帯を大きく下回っています。そして、パパの収 …

子供が製品事故に巻き込まれるのを、防ぐためにできることは?

2017年2月、独立行政法人 製品評価技術基盤機構(NITE)が発表した報告によ …

家庭内育休とは?家庭内育休を取るメリットと上手な取り方について

みなさんは、「家庭内育休」という言葉を聞いたことがありますか? 正式には、「家庭 …

バイアグラはどんな人が利用するべき?その実態と、気になる効果や副作用の恐れは?入手方法はどうしてる?

バイアグラのイメージとはどのようなイメージですか?「精力剤じゃないの?」というイ …

近年、導入する企業が増加中!保活コンシェルジュのこと

現代は、専業主婦世帯を共働き世帯が大幅に超えています。それだけ、働くママが増えて …

子どもとお出かけ!長時間の車移動の際に必要な持ち物ってなに?

子供との遠出は色々と心配だらけです。着替えも大人の2倍以上必要な上に子供の行動は …

衣替えの時期を迎える時!子供の衣類など処分や整理はどうする?

可愛いものが多い子供服ですが、決して安くはなく良いお値段がするものが多いようです …

いまやタオルより人気!?キャンドゥの手ぬぐいの魅力とリメイク方法のこと

出典:Instagram   キャンドゥをはじめとする100円ショップ …

冬でも使う?赤ちゃんの汗取りパッドの使い方について

赤ちゃんは、大人の2~3倍も汗っかきなのをご存知ですか?大人は体温調整が出来ます …