ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子どもをスポーツ少年団に入れると、ママにはどんなメリットとデメリットがあるの?

   

男の子をもつママやパパは特に、お子さんを野球やサッカーのスポーツ少年団に入団させることを検討しているのではないでしょうか。

お子さんにとってスポーツをすることや、チームプレイを経験することも、とても良いことです。ですがスポーツ少年団にお子さんを入れることで、ママの負担が大きくなるのも事実です。

そこで今回は、スポーツ少年団に子どもを入れるメリットとデメリット、親としてうまくやるコツなどについて、お話しします。

子どもをスポーツ少年団に入れるメリットとは?

子どもをスポーツ少年団に入れるメリットについて、お子さん自身とママの両面から考えてみましょう。

子どものメリット

お子さんのメリットとしては、練習や試合などで一緒に過ごすことが多い仲間ができ、濃密な付き合いができることがあげられます。

苦労も喜びも共にする仲間とは、学校の友達とは違う絆ができます。

ママのメリット

ママのメリットとしては習い事として考えると、費用が安く済むことです。民営のスポーツ教室やクラブチームに所属するより安く登録でき、お子さんが好きなスポーツを存分に楽しめるのは大きなメリットといえるでしょう。

またスポーツ少年団に通っていれば、お子さんに基礎体力がつくだけでなく、自然に上下関係を身につけていくので、しつけの意味でもメリットが大きいと感じるママも多いようです。

子どもをスポーツ少年団に入れるデメリットとは?

子どものデメリット

一方、スポーツ少年団に入団するお子さんのデメリットとしては、コーチの指導力にムラがあることがあげられます。

地域のアマチュアのパパがボランティアでコーチや監督を行っているケースも多く、指導や運営の方針が安定しない、指導法に疑問を感じるという声もよく聞かれます。

ママのデメリット

ママのデメリットとしては親の負担が大きいことです。

子どもの送迎や応援はもちろん、グラウンド整備、練習や試合会場の手配、会計管理、コーチへのお礼などを、保護者が分担して行うことになります。

また子どもを参加させる親の温度差も激しく、中には非協力的な親もいて、トラブルに発展するケースも少なくないようです。

こうしたスポーツ少年団のメリットとデメリットを考慮したうえで、入団するかどうかを検討する必要があります。

子どもをスポーツ少年団に入れた親がうまくやるコツは?

とはいえ、お子さんがスポーツ少年団に入団したいといったとき、親の都合で諦めさせるのはよいこととはいえません。その場合にはほかの保護者とうまくやれるよう、上手に立ち回ることは大切です。

まず、お子さんをスポーツ少年団に入団させるからには、自分も含めた保護者全員が協力することが前提であると覚悟を決めることです。

すべてを引き受けることはできないですが、自分ができることには率先して取り組むように心がけましょう。

次にスポーツ少年団の運営等に何か意見があるときは、陰で噂したり不満を漏らすのではなく、保護者会などの正式な場できちんと話すことです。

自分たちの意見が常に正しいこともないので、話し合って折り合う姿勢を持ちましょう。

指導者やほかの保護者との関係に線引きする意識を持とう!

スポーツ少年団は練習や試合に保護者が同行することも多く、関わりも深くなることから、所属する期間が長くなればなるほど、遠慮がなくなる傾向があります。

その結果、保護者間でトラブルがおこることが多くなります。そして、そこでおこるトラブルはお子さんにも影響が及ぶ可能性があります。

スポーツ少年団の保護者は親しくても友人ではないので、コーチも含めて付き合いには線引きをし、余計なトラブルに巻き込まれないように気をつけましょう

  関連記事

余裕のある子育てって難しい?ママの余裕の作り方とは?

妊娠していることがわかったとき、無事に我が子を出産することができたとき、あなたは …

リーズナブルで収納力も抜群!イケアの本棚の魅力とは

世界でも有数の家具量販店であるイケアでは、さまざまな本棚を扱っています。シンプル …

機能性を重視したラインナップが充実!ニトリの布団

良質な睡眠をとるためには、寝具がとても重要です。ですが、布団を買うにも予算の上限 …

子育てを行いながら自宅でネイルサロンを開業することはできる?そのメリットとデメリットは?

子育てをしてみて、想像以上に出費が増えることに驚くママが少なくありません。 保育 …

ママ友ネットワークで育児節約ができるって本当?お願いするポイントは?

育児をしていると、どうしても出費がかさんでしまいがちです。そして、親戚や友人が多 …

小さくなったクレヨンはリサイクルできる!レインボークレヨンの作り方とは?

幼児にお絵描きをさせるときに使う文房具の筆頭といえば、やはりクレヨンでしょう。保 …

本当の節約は「NOストック」生活にあり!日用品ストックを抑えて賢い節約を目指そう!

ご自宅の収納スペースにストック用品はありませんか?そのストックはいくつあり、どの …

いまや子ども服のトレンド!?ZARA キッズでオシャレ度をアップしよう!

最近の子どもはオシャレに敏感で、特に女の子は幼稚園のころから、洋服のデザインや色 …

癖になることも?便秘の子どもにするときに注意すべきこととは

便秘は辛いですよね。大人もつらいのでお子様の便秘はとても心配になります。食事のせ …

子どもの名前を付ける時の親への責任や、その後の後悔とは?

名前とは親が初めて子どもにプレゼントするもので、一生関わるものです。家庭によって …