ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子どもも大人も発症する可能性がある、ばね指の原因・症状・治療方法は?

   

みなさんは、「ばね指」という病気を知っていますか?聞き慣れない病名かもしれませんが、実は子どもや妊婦さん、産後のママなど、誰でもかかる可能性があります。もちろん、男性がばね指にかかることもあります。

そこで今回は、ばね指とはどんな病気か、どんなひとがかかりやすいのか、その原因と症状、治療方法などについて、お話しします。自分はもちろん、お子さんに症状がみられたら、すぐに病院に連れて行ってあげてくださいね。

ばね指って何?どんなひとがなるの?

ばね指とは、指におこる腱鞘炎のことです。「弾撥指」や「スプリングフィンガー」と、呼ばれることもあります。

ばね指は、基本的には手や指をよく使うひとにあらわれます。そのため、ピアノやギターを演奏するひとや、スポーツ選手などによく見られます。

また、妊娠中や出産後、更年期の女性がばね指になることがあり、その原因は女性ホルモンのバランスが崩れることにあるようです。その場合は、治療をしなくても自然治癒するようですが、長ければ1年以上、症状が続くことがあるそうです。

さらに、子どもにばね指がみられる場合は、原因不明のことが多いそうです。

そして、大人はばね指を発症すると痛みを感じることがあるようですが、子どもは痛みを感じないことが多いので、発見が遅れるケースが少なくありません

ばね指の症状は?何が原因でおこるの?

ばね指になると、いろいろな症状があらわれます。まず、指の曲げ伸ばしがスムーズにできなくなることです。指を曲げようとするとカクンという衝撃を感じ、伸ばそうとするとはねが弾けるかのように勢い良く伸びます。

ひとによっては、指の付け根に腫れや痛みを感じることもあります。指が一定の角度で曲がってしまい、そのまま伸びないひともいます

ばね指がおこる原因は、指にある屈筋腱が腱鞘炎になることです。指の屈筋腱は、滑膜性腱鞘に保護されています。そして指は、トンネル状の靭帯性腱鞘の中を、滑膜性腱鞘がスムーズに通ることで動きます。

ですが、指を酷使すると腱鞘の部分に摩擦がおこることが増え、炎症がおこるのです。炎症がおこった腱鞘は厚くなってしまうので、トンネルを通りにくくなり、反動がおこってしまうのです。その結果、ばね指を発症します。

ばね指の治療方法は?

ばね指の治療方法は、「保存療法」「手術療法」に大別されます。

子どもに限らず、ばね指を発祥した大人でも、基本的には保存療法で治療を行います。できるだけ指を使わないようにして、患部を休ませた状態を続けながら、必要に応じてそのほかの治療を行います

ボルタレンやロキソニンなどの非ステロイド系抗炎症剤の投薬や温熱療法、レーザー治療、ステロイド注射などです。

ばね指が重症化している場合には、「腱鞘切開手術」や「内視鏡手術」といった手術を行うこともあります。腱鞘切開手術は、患部を切開し、お医者さまがその目で状態を確認しながら手術を行うことができます。

一方の内視鏡手術は傷口が小さく、短時間で済むというメリットがあります。どちらが適しているかは、ばね指の状態によります。

妊婦さんがばね指の治療のために薬を使う場合は、注意が必要です。ばね指の治療では、非ステロイド系抗炎症が処方されますが、妊娠中は飲まない方がよいものです。アセトアミノフェンが含まれた、カロナールなどで対処しましょう。

また、ステロイド注射も子宮収縮を促す作用があるので、産婦人科の先生に相談のうえで、受けるかどうかを決めることをおすすめします

ばね指が疑われたら病院に行こう!

前述しましたが、妊娠中や授乳中のママにばね指があらわれた場合には、ホルモンバランスが妊娠前の状態に戻れば、時間はかかっても自然治癒することはあります。

ですが、家事や育児をする際に指を使わないことはありえませんし、痛みや違和感を覚えることが多いので、ばね指かもしれないと思ったら、病院で診察を受けるのがおすすめです。

また、子どもの場合は、2歳を過ぎて手を開く機会が増えてから気づくことも多いです。治療をすれば、改善されることが多いので、きちんとお医者さまの指示に従いましょう

  関連記事

赤ちゃんの安全を守るベビーサークルの使い方とは?手作りできる?

妊娠・出産を控えて、赤ちゃんのものを用意するときは、退院後の生活のことを考えるの …

最近よく聞くパタハラとは?なりやすい男性の特徴や対処法とは?

ハラスメントにもいろいろな種類があり、「セクハラ」「パワハラ」「マタハラ」「ジェ …

子育て世帯だから実践したい!水道・光熱費の削減方法とは?

子どもが生まれると、おむつ代やミルク代、医療費などの日用品にお金がかかることは予 …

ニュースでよく見聞きする、高齢ドライバーによる事故。その特徴と子どもを守るための対策とは?

高齢ドライバーによる交通事故のニュースは、いまや珍しいものではなくなりました。そ …

児童手当とは?みんなどんな使い方をしてる?おすすめの使い方も!

小さな子どもを持つ家庭にとって、非常にありがたい制度ともいえるのが児童手当です。 …

ベビーシッターって一体どうなの?そのメリット・デメリットとは?費用などは?

少子化時代とともに昨今の日本では首都圏を中心にして待機児童が話題を呼んでいますが …

体にうれしい!ニトリのマットレスで快適な睡眠を!おすすめマットレス10選

皆さん、ぐっすりと眠れていますか?良質な睡眠は、体を整えるために、大人にも子ども …

エスカレーターには危険がいっぱい!子どもを乗せるときのコツとは?

エスカレーターは、いまや日本のどこにでも設置されています。便利で使うことが多いの …

プチプラでも大満足!おすすめのしまむらのバッグのこと

洋服の流行が変わると、それに合ったバッグが欲しくなるものです。ですが、それが翌年 …

素材も種類もさまざまなおもちゃをお手入れする方法は?そのメリットは?

赤ちゃんの消化機能は大人ほど整っていないため、授乳の際には除菌や殺菌が不可欠です …