ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

身体が麻痺しているときはギランバレー症候群が疑われる!?その原因や症状、治療方法は?

   

「ギランバレー症候群」という病名を、みなさんも一度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。ギランバレー症候群は1年間で、10万人に1~2人の割合で発症しているといいます。

つまり日本では、年間2,000人以上が発症しているということです。ギランバレー症候群は難病指定されている特定疾患ではありますが、中でも発症者が多い病気です。

そこで今回は、ギランバレー症候群とはどんな病気か、原因や症状、治療方法などについて、お話しします。

ギランバレー症候群って何?どんな症状が出るの?

ギランバレー症候群とは、左右対称性の四肢の筋力が低下したり、腱反射が消失することで手足に麻痺がおこる病気です

ギランバレー症候群は原因不明の疾患で、発症から半年以内に自然回復することが多いです。ですが、中には後遺症が残ったり、死亡する例もあります

ギランバレー症候群には前兆があり、手足の麻痺という神経症状がみられる1~3週間前に、喉の痛みや微熱といった風邪に似た症状、咽頭の腫れ、扁桃炎、急性胃腸炎、下痢、急性結膜炎といった前駆症状があらわれます。

そして、ギランバレー症候群の初期症状では、手足の運動神経に障害がおこります。特に、足の筋肉に力が入らなくなることが多いようです。

その後の進行が早く、ギランバレー症候群を発症後、4週間ほどで症状がピークを迎えます。麻痺は下肢から体幹部、上肢にいたるまで、左右対処の筋肉の麻痺症状がみられるようになります。

このほかにも、腰痛や顔面神経麻痺、外眼筋麻痺、球麻痺、感覚麻痺、自律神経障害、排尿障害、呼吸困難がみられることもあります。

ギランバレー症候群の原因は?マイコプラズマとの関連は?

ギランバレー症候群の原因は、現代の医学では解明されていません。細菌やウイルスに感染することがきっかけとなり、自己免疫機序を介して発症するというのが、現在の医学会の見解です。

ですが近年、オランダの研究班が、「Annals of Neurology」という専門誌に、興味深い研究報告を掲載しています。それは、ギランバレー症候群が肺炎や気管支炎をおこす「マイコプラズマ菌」と関連している可能性を示唆した内容となっています。

血液中の抗体の量に着目した研究が続けられていますが、まだ研究サンプルの数が少なく、継続した調査・研究が必要でしょう。

とはいえ、原因の一つが特定されることで、治療薬を開発できる可能性は広がったといえます。今後の報告に、期待したいですね。

ギランバレー症候群の治療方法は?

現在、ギランバレー症候群には、いくつかの治療方法が用いられています。

一つ目が、「免疫グロブリン大量静注療法」です。これは、免疫反応の主要成分である免疫グロブリンを、連続で5日間点滴するという方法です。

二つ目は、「免疫吸着療法」です。血液中にある自己抗体を、フィルターを使って取り除く方法です。

三つめは、「血漿交換療法」です。体外循環の回路を使い、人工透析のように血液を分離して、自己抗体を含んだ血漿成分を取り除き、ウイルスが混入していない血液に入れ替え、身体に循環させる方法です。

四つ目は、「ステロイド薬の投薬」です。副腎皮質ステロイドを投入することで、痛みや炎症を抑制する方法です。

こうした方法を選び、あるいは組み合わせて、治療を行っていきます

ギランバレー症候群は後遺症が残ることもある

ギランバレー症候群は、運動機能に後遺症が残ることがあります。そのため、リハビリテーションを行って、機能回復を行うのがおすすめです。

その際には、筋力回復を目指す理学療法や、嚥下や発語など、一人ひとりの症状に合わせた、リハビリプログラムを実践します。場合によっては、心理的なフォローをすることもあります。

ギランバレー症候群は一度発症すると、再発することはほぼありませんので、後遺症が残らない努力をしておきたいところです。お医者さまとも相談しながら、治療方法を検討しましょう。

  関連記事

「おきあがりこぼしは」新生児から遊べる!知育にもぴったりのおすすめ商品10選をご紹介!

どんなに時代が移り変わっても、昔ながらの定番と呼ばれるシンプルなおもちゃは、いつ …

近年問題視されている、パタニティハラスメントの事例と対処法は?

2010年、日本では「イクメンプロジェクト」が始動しました。これは、男性も子育て …

子供には安全なものを与えたい!危険な食品添加物とは?

飽食の時代に流通している食品と添加物の関係性は切り離すことができないものですが、 …

妊娠中は残業や出張を断ることはできる?その対策とは?

近年、少子高齢化の影響もあり、共働き家庭が増えています。日本の労働者の雇用状態を …

図書館で行われている赤ちゃんタイムとは?利用するメリットは?

近年、図書館離れが深刻な問題になりつつあります。その背景には、インターネットの普 …

誰でもできる!「涙活」で手軽にストレス発散しよう!涙活の基本~実践まで徹底解説

最近テレビなどでブームな「涙活」。婚活、妊活、終活に続いて、ひそかに流行してきて …

ロボット掃除機は子育てママの救世主になる?使用するメリットとデメリットは?

共働き世帯が増えている現代、毎日、隅々まで掃除機をかける暇がないと嘆くママも多い …

読み聞かせはしたいけど、絵本代がバカにならない!節約する方法はないの?

現代では、子どもが言葉を理解する前、乳児のときから絵本を読み聞かせることが推奨さ …

幼稚園で定められている教育要領とは?幼児教育の教育方針はどういうシステムになってるの?

幼稚園では保育園よりもさらにステップアップされた教育が施されることを、誰もが期待 …

ダイソーの腕時計でおしゃれを楽しもう!人気の腕時計10選

ダイソーの人気商品の1つに腕時計があります。シンプルな腕時計から、何本も欲しくな …