ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

ママなら知っておきたい!福祉用品である子ども用車いすのこと

   

電車などで移動をしているとき、明らかに歩ける年齢の子どもがバギーに乗っているのを見たことがありますか?

年配者の中には、「そんなに大きい子どもは歩かせて、ベビーカーをたたみなさい」と、同行している保護者に苦言を呈すひともいるようですが、よく考えてほしいのです。

それは、子ども用車いすはベビーバギーに似ており、乗っている子どもは歩くことができないケースが多々あるからです。そこで今回は、子ども用車いすについて、お話ししたいと思います。

子ども用車いすって何?どんなひとが使っているの?

子ども用車いすにも、いろいろなタイプがあります。中でも認知度が低い子ども用車いすに、バギータイプがあります。

バギータイプの子ども用車いすは、初めて車いすに乗る子どもでも、長時間安全に乗ることができるように設計されています。

このバギータイプの子ども用車いすは、病気や障害などの理由により、自分で歩くことができない子どもが使用しています

通常の車いすは、足が不自由な子どもが利用するものです。ですがバギータイプは、長時間、姿勢を保てない子どものために開発されているのです。

見た目はベビーカーに酷似していますが、用途はまったく違うものです。ですが、日本では社会的な認知度が低く、子ども用車いすを利用している子どもや保護者に、冷たい目を向けるひとはいるのが現実なのです。

子ども用車いすの特徴とは?

子ども用車いすの特徴は、病気や障害により、長時間同じ姿勢を保てないお子さんでも、腰をベルトでしっかり固定することで、長時間、乗り続けることができることです。

また、身体の状態はお子さん一人ひとりで異なるため、背もたれや足を乗せる部分は、細かく角度を調整できるようになっています。アームサポートもついており、持ち手の位置も上下に変動します。

また、バギータイプの子ども用車いすはベビーカーよりずっと重いことから、性能のよいキャスターを使用しており、取り回ししやすくなっています。

さらに、人工呼吸器や吸引器が必要なお子さんでも利用できるように、医療器具を乗せるスペースもつくられています。よくみると、ベビーカーとは違うことがわかるはずです

ベビーカーに間違われやすいことでの弊害とは?

とはいえ、バギータイプの子ども用車いすは、ベビーカーとすぐに見分けるのは難しいのが現状です。

そのため、バギータイプの子ども用車いすに幼児を乗せていると、ベビーカーと間違われて、電車の乗り降りの際にスロープを出してもらえないことがあるといいます

また、バギータイプの子ども用車いすは単体で10kg以上の重さがあるものが多く、階段昇降の際に折りたたんで持ち上げるのが難しいという実情があります。ですが、そうした介助を受けられないこともあるのだそうです。

そのため、2016年6月には、子ども用車いすだとすぐに判別できるように、「こども車いすマーク」が作成され、普及活動が続けられています。今後は公共交通機関でのポスター掲示なども含めて、認知度があがることを期待したいです。

子ども用車いすの認知度をあげていこう!

妊娠したときの喜びは、母親共通のものといえるかもしれませんが、出産後の育児の大変さには個人差があります。病気や障害を持って生まれてきたお子さんを、社会の中で育てたいと奮闘しているママもたくさんいます。

その際に、子ども用車いすを活用し、心無い言動に傷ついているひとも多いのです。あなたの身近にも、子ども用車いすで外出していて、手を貸してほしい親子がいるかもしれません。

子ども用車いすに関する知識を持ち、もし介助が必要だと感じたら、積極的に声をかけ、サポートしてあげてくれたらうれしいです。

  関連記事

子どもに好かれるお洒落なパパになるにはどうしたらいい?そのポイントは?

子どもが小さいうちは、パパがどんな格好をしていようと、子どもは気にすることはあり …

卵の殻が再利用できるって本当?主婦が真似したい節約術を教えて!

子どもがいて、卵にアレルギーがないことがわかると、食卓にあがる頻度が高くなります …

期限が切れた処方箋の期限延長はできる?再発行しないとダメ?

処方箋は病院を受診した時に、医師の診断によって治療に必要な薬の名称や、分量、使用 …

体温調節がしやすい、春のマタニティファッションのコーディネートのコツは?

妊娠すると、女性の体内ではホルモンバラスが急激に変わります。そして、週数が進むと …

子供は目に見えない空想の友達を持ってる!?イマジナリーフレンドって一体何?

幼児期の「イマジナリー フレンド」は、健全な子供の発達段階の現象と周知されていま …

子育てにはあると便利だけど、車に頼らない生活をしてみない?

子育て中は、子どもを連れて外出するのが大変と思うママやパパが多いと思います。 公 …

希望出生率1.8を目指す政府と子育て支援の現実について考えよう

出典:日刊ゲンダイ   2015年9月24日、安倍首相は「新・三本の矢 …

お昼寝布団にも種類があるの?選び方や相場が知りたい!

子どもの保育園が決まると、入園の際に必要なものを用意しなければなりません。その中 …

対人関係にも影響する?子どもの前頭前野の鍛え方とは?

近年、脳科学に基づいた教育法が高い注目を集めています。実は脳の成長は、赤ちゃんが …

図書館で行われている赤ちゃんタイムとは?利用するメリットは?

近年、図書館離れが深刻な問題になりつつあります。その背景には、インターネットの普 …