ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子どものオンライン診療って何?どんな仕組みなの?誰でも受けられるの?

   

オンライン診療という言葉を聞いたことはありますか?オンライン診療は「遠隔医療」ともいわれ、パソコンやスマートフォンなどのインターネットを通じて診療を行うシステムです。また薬が処方された場合には、処方箋を郵送で家まで届けてくれます。

実は、このオンライン診療は日本などの先進国のみならず、発展途上国の国々まで世界中に広まりつつあります。

では実際にオンライン診療は、どのような流れで診察するのでしょうか。また、そのメリットやデメリットなど、子どものオンライン診療について、詳しく紹介しいきましょう。

オンライン診療とは?

オンライン診療というのは、予約・診察・会計まで、すべてインターネットを通して行うことができる診療システムのことです。このオンライン診療を受けるためには、パソコンかスマートフォンなどの通信機械と、インターネットがつながる環境が必要になります。

多くの病院ではオンライン診療を行うにあたり、「CLINICS」というシステムを導入しているため、パソコンではアカウントの登録、スマートフォンではアプリのダウンロードを行う必要があります。また、CLINICSの登録は無料となります。

ただしオンライン診療は原則として、通常初診は来院する必要があります。実際に医師の診察を受けて「オンライン診療でも診察できる」と判断された場合のみ、オンラインでの診察が可能になります。

オンライン診療の流れ

オンライン診療は、予約→診察→次回診察の案内→会計・処方箋の順番に行われます。

まずはオンライン診療の空いている枠に、予約をとります。これは24時間、パソコンやスマートフォンから、いつでも予約が可能です。

次に予約時間になったら診察です。診察はパソコンやスマートフォンで登録した「CLINICS」を使用して、ビデオ電話で行います。通常の診察と同様に、相談なども気軽にすることができます。ビデオ電話なので、お子さんも医師の顔も見られるのが安心ですね。

その後、再診について、再びオンライン診療なのか、来院が必要なのか、処方箋は出るのか、など詳しくお話があります。

最後に会計です。会計は原則クレジットカードで決済します。このクレジットカードはCLINICS登録時、一緒に登録するため、その後も簡単に決済することができるので便利です。

また医師から処方箋が出た場合、処方箋は郵送で自宅まで送られてくるため、近くの薬局で手軽に薬を購入することができます。

子どものオンライン診療のメリット

オンライン診療のメリットとしては、第一に子どもの通院負担を減らせるということです。子どもの中には病院が嫌いな子も多いため、自宅という安心した場所で診察を受けられるのは大きなメリットになるでしょう。

特に喘息やアトピーといった慢性疾患を持つ子どもは、頻繁に通院しなくてはいけないため、それだけでも大きな負担となります。しかしオンライン診療を利用すれば通院回数も減るため、子どもはもちろん、忙しいママやパパの負担も軽減できますね。

次に、オンライン診療は待ち時間が少ないということです。病院では予約をしても待たされてしまう場合がありますよね。そうなると子どもは待ち時間が退屈を退屈に感じてしまい、悪ふざけや癇癪をおこしてしまうこともあるでしょう。

しかしオンライン診療の場合は、待っている間も自宅なので、人目を気にせず時間を過ごすことができます。

子どものオンライン診療のデメリット

子どものオンライン診療のデメリットとしては、テレビ電話越しなので、些細な顔色や表情の変化などが分かりづらい点です。特に子どもは対面の場合とテレビ電話の場合では、表情や振る舞いが異なることもあります。そのため、十分な観察が難しくなることもあるでしょう。

また実際に触って確かめる検査(触診)や、聴診器などで音を聞く検査(聴診)、採血、などを行う場合、日を改めて病院に行かなければいけない場合もあります。そうなると二度手間になってしまいこともあるようです。

受けられる年齢や症状は決められているの?

オンライン診療は、症状が安定した慢性疾患や、主に便秘や花粉症、夜尿症や皮膚トラブル、そして喘息などが診察対象となります。

さらに病院によっては乳幼児から受けられる場所もあれば、小学生以上や中学生以上などといった年齢制限を設けている病院もあります。特に皮膚科や歯科など、小児科ではなく専門の診療科の方が、年齢制限を設けている傾向が多くみられます。

そのため何歳から受けられるのか、一度確認してみるのがよいでしょう。

子どもも親も楽に診療できるように

オンライン診療は自宅にいながら、手軽に医師の診察を受けられるサービスだとご紹介してきました。

しかし待ち時間の軽減といったメリットがある反面、細かい部分の診察が困難であることや、再度来院が必要となる場合もあるので、利用する際に以上の点をふまえて、検討を行ってみましょう。

とはいえオンライン診療は、これからの医療に大いなる可能性を秘めていると考えられます。

特に近年ではママが働いている家庭が多く、子どもの通院のために仕事を調整が必要な方も多いですよね。そんなママの通院負担を減らすためにも、オンライン診療は今後期待できる診療方法なのではないでしょうか。

子どもの性格や確保できる時間、それぞれのライフスタイルに応じて、オンライン診療を暮らしに役立ててみてくださいね。

  関連記事

不祝儀の際の子どもの服装はどうすべき?喪服の選び方とレンタルについて

不祝儀は、いつおこるかわかりません。社会に出ると、仕事の一環で葬儀に参列すること …

子どもにYouTubeは見せてもいいの?影響や注意点

近年ではパソコンやスマホで、子どもにYouTubeを見せるママが増えてきています …

あると便利!ベビーカードリンクホルダーの種類と選び方を教えて!

赤ちゃんが大きくなってくると、ベビーカーに乗せて外出する機会が増えてきますよね。 …

育児ノイローゼだと保育園に入りやすい!?働いていなくても入園させられるの?

保育園は、共働き家庭の子どもしか、預けられないと思い込んでいませんか?基本的には …

マイナンバーは養育費・児童扶養手当に影響を及ぼす!?

マイナンバー制度の施行により、私達を取り巻く周辺環境にはどのような変化があるので …

子どもにもできるの?魚の目を見つけた時の対処法とは

最近痛くて歩きづらくなったと思っていたら、どうやら足にできものがある。皮膚科を受 …

子どもに尊敬されるかも!?泥団子をつくるコツと注意点とは?

子どもは、外遊びが大好きです。季節がよくなり、水遊びができるようになると、せっせ …

保育系学部ではママにも大助かりな子育て支援がいっぱい!その実態とは?

子育てをしていると毎日子どもと二人きりの生活です。児童館やコミュニティセンター等 …

事業所内託児所がある職場に転職する方法はある?そのメリットとデメリットは?

少子高齢化が進む現代の日本では、女性も貴重な労働力です。そのため、国や地方自治体 …

プチプラなのにとっても優秀!セリアのネイルグッズの魅力

ネイルサロンに通いたくても、費用がかかるのがネックになっている女性も多いと思いま …