ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

早生まれと遅生まれ、メリットデメリットで比較!

   

早生まれと遅生まれ、メリットデメリットに合わせた、子育てのポイントを教えます!

多くのパパやママにとって、子供が早生まれになるのか、遅生まれになるのかは気になるものです。特に計画的な出産を考えていると、逆算して妊娠する時期を考えるご家庭も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、早生まれと遅生まれの違いに着目し、そのメリットデメリットや、それぞれの子育てのポイント、注意点などをお話しします。

計画していても思った様に授からないこともあるかもしれませんが、早生まれも遅生まれも、それぞれに良いところがたくさんありますので、参考にしてくださいね。

「早生まれ」「遅生まれ」っていつ生まれた人のこと?

早生まれと遅生まれはこのように分かれています。

  • 早生まれ 誕生日が1月1日~4月1日の人
  • 遅生まれ 誕生日が4月2日~12月31日の人

そもそも「早生まれ」「遅生まれ」という言葉はどのように作られたのでしょうか。普段使っていても、いつからいつまで?なぜその日までなの?と聞かれても、すぐに答えられる人は少ないものです。

早生まれ遅生まれの言葉を理解するには、3つのポイントがあるので順にお話ししていきます。

日にちについて

学校教育法などで小学校入学開始は4月1日から。入学の日に満6歳になっている子が入学できると定められているので、これを元に早生まれ、遅生まれに分かれました。

間違えやすい「早い」「遅い」の言葉の使い方

早生まれは、「早い」という言葉が付くから、学年の中でも早く生まれた子たちのことじゃないの?と思われている方は意外と多いものです。その理由は、1月~12月の年度単位で考えると「早く」生まれていて、1年先に学校に行くことになるので「早生まれ」と呼ばれています

4月1日生まれのお子さんはどっち?という議論です

早生まれ、遅生まれ議論でよく上がる話題に、4月1日生まれのお子さんのことがあげられます。小学校入学が4月1日と法律で定められているなら、学年の最初だと思いがちですが、実は4月2日の子が一番なのです。

早生まれ、遅生まれのメリットとデメリットは?

では、早生まれと遅生まれのメリット・デメリットについて考えてみましょう。

遅生まれのメリット・デメリット

まず遅生まれのメリットはわかりやすく、幼少期には同じ学年の子供の中でも月齢が高いので、発達が早いことがあげられます。

具体的には集団の中では一番月齢が高いので、体格面や知能面が発達しています。運動面ではその体格を活かして活躍のチャンスがたくさんあります。

知能面では幼少期は指先の発達や認識の力において、どうしても月齢による差が生じやすい時期です。遅生まれのお子さんは幼稚園などでも活躍するチャンスがたくさんあり、自然と自分に自信を持つことができます。

一方の遅生まれのデメリットとしては、できて当たり前と思われてしまうのが辛いところです。その他には幼稚園入園までの期間が、早生まれのお子さんに比べると長くなることがあげられます。

早生まれのメリット・デメリット

遅生まれのお子さんと比べると平均身長・体重も低く、落ちこぼれないかと不安視されやすいのが早生まれです。月齢数で見ればその子なりの発達段階にいるのですが、学年として混じってしまうと気になりますよね。

ただこれも別の見方をすると、1学年上の子と一緒に幼稚園や小学校に通うことができるため、脳の発達が急成長する段階で、たくさんの刺激を受けることができます。

例えば幼稚園などで、箸やハサミの取り扱い、お絵かき、運動など、早生まれのお子さんは遅生まれのお子さんと比べてしまうと、少し不器用に見えます。

しかし1歳近く離れても頑張っている早生まれの子は月齢で考えればたくさんチャレンジするチャンスを手にしているともいえるのです。その結果、脳の発達が促されているとみることができるのです。

一方の早生まれのデメリットとしては、学習や社会的な活動で不利になる可能性があるというデータがあります。陸上競技は学年で分けられることが多く、遅生まれの子が優位であるとのデータがあります。

体格差や脳の発達段階でどうしても差は生じてしまいますが、体が大きくなるにつれ差はあまり感じなくなってきます。

早生まれのお子さんは、親が発達をおおらかに見守るのがポイント!

早生まれのお子さんの育児のポイントとしては、親がおおらかに見守ることが大事です。どうしても学年の中での月齢の低さがあり、周囲と比べられがちの早生まれのお子さん。

月齢でみたら、できないのは当たり前だと思いましょう。周囲のお子さんと比べるより、わが子の成長をみてあげて。ちょっとした成長にもたくさんよろこんであげてくださいね。

もちろん、様々なことにチャレンジするのはとても良いことなのですが、この時にお子さんは「できない」という経験を積みやすいので気を付けてあげてください。

失敗した時に、パパやママががっかりしたり、叱ってしまったり、高すぎる目標設定をすると、お子さんは「自分はできない子なんだ」と勘違いしてしまいます。パパとママの笑顔のサポートで、お子さんは安心していろんなことにチャレンジできるのです。

遅い生まれのお子さんは、学年にとらわれないサポートをするのがポイント!

遅生まれのお子さんの育児のポイントとしては、学年内での成長の早さゆえ、先生やお友達にできると思われてしまうプレッシャーがあります。

いつもみんなに頼られ、できて当たり前と思われていたら、そのキャラを演じるのが当たり前になり、良い子にしないといけないのかなと思ってしまうことも。

もしストレスがたまっているようでしたら、家庭内ではたっぷりと甘えさせてあげてください

そのほかにも成長の早さゆえに、親や周囲の準備が間に合わないこともあります。また運動面、思考力などが1学年上のお子さんと同じくらいに育っていることもあります。

そのため先生や同学年のお子さんから聞く発達過程や過ごし方の注意点が当てはまらず「うちの子だけどうして?」と戸惑ってしまうこともあるのです。

その場合は、上の学年のお子さんでよくあるトラブルや躾のこと、習い事では何をしているのかなど情報を集めて、学年にとらわれずわが子に合ったサポートをしてあげましょう。

早生まれも遅生まれも、どちらも個性の一つ!子供に合わせた育児のポイントを押さえるのが大事!

早生まれや遅生まれについては「個性の一つ」程度にとらえてしまうのがコツです。電車が好き、お絵かきが好き、運動が得意などの個性と同じだと思い、早生まれや遅生まれにとらわれずに、わが子に合ったサポートをしてあげましょう。

早生まれや遅生まれを人生の損得として考えてしまってはもったいない。それぞれにメリットがたくさんあり、デメリットはいくらでもフォローができるので、安心してください。

早生まれと遅生まれではどんな特徴があるのか、どのような育児のポイントがあるのかさえ押さえておけば、さほど親も子も気にせずにのびのびと過ごすことができるのでは。

パパとママが気にしなければ、あんがい子供は自分が早生まれなのか遅生まれなのかも気付かづに、うまく適応してしまいます。子供のたくましさも信じてあげてくださいね。

  関連記事

子どもの大事な歯を守るためには、どのように歯ブラシを保管すればいいの?

毎日の歯磨きは、口の中の菌を除去し、お子さんが健康な歯を保つために欠かせません。 …

赤ちゃんの離乳食の進め方などの相談にものってくれる!栄養相談会のこと

少子化が進み、ベビー産業は集客のために、さまざまなサービスに力を入れるようになり …

パートでも、産休や育休が取れるって本当?手続きはどうするの?

 既婚女性の中には、フルタイム勤務ではなく、パートタイマーとして働いている人も多 …

子供に携帯やスマホを持たせたい!その時、親がネット社会から子供を守る事前準備とは?

スマホ時代、今は待ち時間など暇つぶしにはスマホを見ながら待っている姿、スマホを見 …

特に子供は要注意!銀杏中毒とはいったいなに?その症状とは?

子供の頃、遠足で訪れた先で銀杏を拾った思い出をもつひとも多いかもしれません。美し …

おむつの試供品を試した方がいいって本当?そのメリットとデメリットは?

赤ちゃんを迎えるにあたって、紙おむつにしようか、布おむつにしようか、悩むママも多 …

ままごと遊びは知育におすすめ!でも、子供の会話には注意が必要!

子どもはごっこ遊びができるようになると、男女を問わず「ままごと遊び」をするように …

ママが働きやすいプラチナくるみん認定の企業とは?

プラチナくるみんって何? 出典:厚生労働省 新「くるみんマーク」と「プラチナくる …

もしかしたらママが発達障害なのかも!?女性に多い不注意型ADHDとは?

近年、ADHD(注意欠陥多動性障害)に関する書籍が、たくさん出版されています。そ …

保育園に入園させるには嘆願書が必要って本当?記入のポイントは?

日本では待機児童問題が一向に改善される気配がないため、都市部では妊娠したときから …