ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子育てのための教育「コモンセンスペアレンティング」とは?育児の悪循環を断ち切る!怒鳴らない・叩かないを学んでみよう

   

子育てに自己嫌悪はつきものです。「今日も怒鳴ってしまった」「言うことを聞かないので、叩いてしまった」と、その程度は違えど、親でありながら感情のコントロールが出来ないことに多くのママは苦しみます。

それなのに、こういった悩みほど「虐待と思われてしまうかも」という心配から誰にも相談できず、ストレスをたった一人でこじらせて更にイライラしてしまう悪循環に陥りやすいのです。

だけど、やっぱり親だって人間。子供が学校で勉強を教わるように、親も親としての教育を受けてみませんか。

今回は、どうやってしつけたら良いのか悩んでいるママにおすすめのプログラム「コモンセンスペアレンティング」を紹介します。

コモンセンスペアレンティングとは?

コモンセンスペアレンティングとは、アメリカ最大級の児童福祉団体であるボーイズタウンから生まれた親のための教育プログラムで、全世界で利用されています。

もともとは児童虐待によって一度は離ればなれになった親子がまた一緒に生活するにあたり、親が同じことを繰り返さない為の指導方法でしたが、近年は市町村の児童相談窓口職員向けの児童虐待防止ツールから、育児に悩む親まで広く活用されています。

プログラムは6才までの子供を対象とした「幼児版」と、その上の「学齢期版」が用意されており、映像やグループセッション、ロールプレイング等を通して効果的なしつけについて学びます。

コモンセンスペアレンティングの考え方

子供を深く愛しているかと、良いしつけが行えているかは必ずしもイコールではありません。

子供のためを思い、どんなに強く言い聞かせ、時に怒鳴っても、子供はそれを聞かずに何度も同じことを繰り返す・・・そのうち、「甘やかしている私がいけないのだろうか」とママ達は悩み、より一層厳しくしつけます。

しかし、それは甘さが原因なのではなく、ママが子供ならではの習性を理解し、子供がちゃんとわかるように指導できていないからなのです。

事実、怒鳴るしつけは一時的には効果があるものの、それに依存してしまうと子供も慣れてしまい、徐々に効果が薄れてしまいます。効果が薄れると、親は子供へのより高い強制力を求め、その行動がエスカレートし、虐待の第一歩となってしまうと述べています。

では、効果的なしつけを行う上で、相応しい指導とはどんなものなのでしょうか。コモンセンスペアレンティングでは、次のように掲げています。

提示する6つの具体的なアプローチ

そこでコモンセンスペアレンティングが提示する6つのアプローチとして、以下のようなものがあります。

  • 具体的なコミュニケーション・・・ただ「ダメ」ではなく、「壊れちゃうから触らないでね」等、具体的な伝え方について
  • 良い行動、悪い行動に相応しい結果を与える・・・良いこと、悪いことをしたらその結果として、毎回言い聞かせる
  • 効果的に褒める・・・良い行動を増やしていくため、その都度何が良かったのか、どんな風に良かったかを説明して、褒めて伸ばす
  • 予防的な教育を行う・・・おこりえる状況を予測して、事前に「これはやらないでね」と指導し、場合によっては練習する
  • 問題行動をおこした時の的確な指導・・・いけないことをしたとき、なぜいけないのか、やめて欲しい理由等を説明し、それが問題行動であったことを理解させる
  • 親自身の感情のコントロール方法・・・親が落ち着くヒントや、生理期間など自分のイライラしやすいサイクルを学び、適切な手段を訓練する

コモンセンスペアレンティングがしつけで必要としているのは、「愛情」と「スキル」。

このスキルの部分を上の6つから学び、子供に何を伝えたいかを的確に理解させることで、しつけから「怒鳴る」「叩く」回数を減らしていくことが出来ます。

コモンセンスペアレンティングを学ぶには?

 
コモンセンスペアレンティングの普及を推奨している日本ボーイズタウンプログラム振興機構のホームページでは講座の情報を掲載しています。

講座には「一般&親向け講座」と「養成講座&指導者向け講座」があります。また、全国の市町村でもコモンセンスペアレンティングに基づいた勉強会を行っていることもあるので、各市町村の情報もチェックしてみてください。

また日本ボーイズタウンプログラム振興機構にて教材の販売も行っています。

合理的なしつけ方法で頭も心もスッキリしよう

一時、「叱らない子育て」というのも流行りましたが、コモンセンスペアレンティングは「怒鳴らない」のであり、「叱らない」とは大きく違います。

怒鳴らないというのは、あくまでママが感情に振り回されず怒鳴ることを武器にしない教育方法であり、つまりはママがイライラしない「効率の良い子育て」です。

この曖昧なママの理想を言語化し、適切な行動療法として浸透しているのがコモンセンスペアレンティングなのです。

子育ての正解は誰にもわかりませんが、「虐待」が越えてはいけない一線であることは誰にでもわかります。その一歩を踏み出さない為に、カッとなってしまいそうなとき、コモンセンスペアレンティングの合理的な考え方を参考にしてみてくださいね。正解はわからなくても、「より良い」しつけが出来ることでしょう。

  関連記事

洞不全症候群と診断されても妊娠できる?妊娠中のリスクは?

人間の心臓は、産まれてから死ぬまで、一定のリズムで動き続けるものです。ですが、何 …

離婚後は子どもの戸籍はどうなるの?戸籍を変更するメリットとデメリットは?

子どもが20歳未満の場合、夫婦が離婚するにあたって、親権をどちらが持つかを決めな …

子供にお小遣い帳をつけさせた方がいい?そのメリットとは?

子供が成長するにつれて、お小遣いをいつからあげるのか、どんなふうにあげるべきか、 …

食品添加物の一種として含まれている防腐剤は身体への影響は大丈夫?使用するメリットとデメリットは?

無農薬野菜や有機野菜、無添加の自然食品の価格は高いものです。ですが、我が子のため …

小児肥満の影響とは?安全なダイエットで健康な生活に導こう

肥満というと、グルメや食べ過ぎによる大人の症状だと思われがちですが、今は子供が肥 …

兄弟仲良くしてほしい!兄弟関係を円滑にするポイントはあるの?

兄弟を持つ親なら誰しもが「仲良しでいで欲しい」と思うのではないでしょうか。 とこ …

リーズナブルでサイズや形状が多彩!ニトリのカラーボックス

ニトリのカラーボックスは、幅は「スリム」「レギュラー」「ワイド」の3種類、高さは …

お子さんが園生活を始めるなら、覚えておきたい連絡帳の書き方のこと

お子さんが初めて保育園や幼稚園に通い始めると、ママの生活は一変します。そして、お …

子どもを病院に連れて行ったら様子を見るように言われた!その真相は?

子どもを育てていると、機嫌よく遊んでいたかと思うと突然具合が悪くなったり、発熱を …

体温調節がしやすい、春のマタニティファッションのコーディネートのコツは?

妊娠すると、女性の体内ではホルモンバラスが急激に変わります。そして、週数が進むと …