ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

「おきあがりこぼしは」新生児から遊べる!知育にもぴったりのおすすめ商品10選をご紹介!

   

どんなに時代が移り変わっても、昔ながらの定番と呼ばれるシンプルなおもちゃは、いつの時代にも赤ちゃんにも喜ばれるものです。

おきあがりこぼしは、そんな定番のおもちゃのひとつです。だるまや赤ちゃんの丸っこい形で、ゆらゆら揺れるかわいらしい様子や、コロンコロンと心地よく耳に伝わる音などは、どんな赤ちゃんの興味でも夢中になってしまいます。

また最近では、おきあがりこぼしを見るためにハイハイする、触ってみる、指先でつかむといったさまざまな動作ができる知育玩具としても注目されています。

そこで今回は、おきあがりこぼしを選ぶ方法、おすすめの商品10選をご紹介します。

おきあがりこぼしってどんなおもちゃ?

おきあがりこぼしは、卵型や人の形の中におもりと鈴が入っていて、どの方向に倒してもコロンと起き上がり、心地よい音がする昔ながらのおもちゃです。

そのかわいらしいフォルムとシンプルな仕組みが赤ちゃんの興味を引きつけます。

もともと、おきあがりこぼしは福島県の内陸部の会津地方に古くから伝わる郷土玩具で、起姫(おきひめ)とも呼びます。何度倒れても起き上がってくる様子から、七転び八起きの縁起物としても知られています。

当地では毎年、家族分と神様の分のおきあがりこぼしを初市で購入して飾る風習があります。

赤ちゃんが喜ぶおきあがりこぼしはどうやって選ぶの?

おきあがりこぼしは、素材や月齢などで選ぶことができます。その子の興味があるキャラクターがあれば、キャラクターで選ぶのも良いですね。

素材

おきあがりこぼしは、大きく分けると2種類の素材があります。それは布製樹脂製です。

布製は肌触りが良く、ぬいぐるみとしても遊ばせることができます。なんでも舐めてしまう赤ちゃんでしたら、タオル地など口に入っても安心の素材でできているものを選びましょう。

ビニールなどの樹脂製のタイプは、よだれや水などで汚れるとさっと拭くだけで良いのでお手入れも簡単です。

月齢

新生児の赤ちゃんは色覚がぼんやりしているので、色がはっきりしたものだと認識しやすいです。

にぎにぎが上手になってきた赤ちゃんは、投げたり振ったりすることで脳の発達に役立ちますので、振って遊べる小さめのタイプもおすすめです。

音楽が好きな赤ちゃんには、おきあがりこぼしの中に入れられているオルゴールが奏でるメロディー音で選ぶのも良いでしょう。

おすすめしたい!楽しいおきあがりこぼし10選!

赤ちゃんが喜んで遊ぶ、知育にもぴったりのおきあがりこぼしのおすすめ10点をご紹介します。

1. ゾウさんのおきあがりこぼし

出典:Amazon

 
コロコロしていてかわいらしい、ゾウさんが玉乗りをしている様子がデザインされたおきあがりこぼしです。

材質はコットンでふわふわしていて、触り心地もとても良いです。また、日本製なのもうれしいです。ベビーベッドわきに置いておくのも良いですね。3色あるので好きな色を選びましょう。

2. ミニボールおきあがりこぼし

出典:Amazon

 
淡くて優しい色合いのボールの上にちょこんと人形が乗っている、日本製のおきあがりこぼしです。15センチと少し小さめで、タオル地のふわふわして、赤ちゃんの小さな手でも握りやすい形になっています。

握ると音が出るので、ねんねの赤ちゃんでも、動きはじめた赤ちゃんがつかんで投げて遊ぶのにもぴったりです。色は2色で、ブルーはくま、ピンクはウサギが乗っていますよ。

3. 洋なしラトル

出典:Amazon

 
南米風のデザインの洋ナシの上に、鮮やかなスカイブルーが目を引く小鳥が乗っているおきあがりこぼしです。

あたたかみのあるチャイムの音が心地よいです。デザインが可愛いので、インテリアとしても良いですね。青い鳥は、幸せの青い鳥という意味なので、贈答用にもぴったりです。

4. スイング コリラックマ

出典:Amazon

 
おなじみのクマのキャラクター、リラックマのお友達コリラックマのおきあがりこぼしです。高さが23.5cmと少し大きめなので、6か月ごろから遊べるようになりますよ。

コロンコロンという響きは耳に優しく、赤ちゃんの関心を引きつけます。リラックマ&コリラックマファンにおすすめのおきあがりこぼしです。チャイム部分は取り外し可能です。

5. 2WAYラトルローリー アンパンマン

出典:Amazon

 
みんな大好き、アンパンマンのおきあがりこぼしとラトルの2WAYタイプのおもちゃです。アンパンマンの真ん丸な顔と黄色いお鼻は、視覚がはっきりとしだした赤ちゃんにとって、とっても興味を引かれるフォルムです。

ねんねのときは触って遊べますし、動きだしたら握りやすい取っ手と、ベルトの部分に小さな布と紐が付いているので、思うぞんぶん振り回して遊べますよ。中のチャイム部分を取り外すと、手洗いできるのもポイントです。

6. くるくるゆらリン2

出典:Amazon

 
3か月から遊べる、真ん丸な体形のくまのおきあがりこぼしです。女の子、男の子どちらも使える色使いです。

お腹の部分にプロペラが付いていて、少し揺らしただけでクルクル回転します。ゴム素材でできていて、角がないので当たっても安心です。

首を動かせるようになってあたりを見渡せるようになった赤ちゃんが興味津々で触りますよ。

7. ローヤル スイングロディ

出典:Amazon

 
赤ちゃん用品、おもちゃでおなじみのロディがちょこんと座っているデザインのおきあがりこぼしです。優しい音色が人気の商品です。

高さ25センチと大きめですので、つかまり立ちを始めたころ、ギュッと抱っこしている様子も可愛いですよ。よだれなどが付いてもさっと拭けますし、手洗いもできるので、お手入れもらくちんです。イエロー、ピンク、ブルーと3つの色から選べます!

8. フィッシャープライス ゴー!ベビー!ゴー! ゆらゆら!ころりん! ペンギンくん

出典:Amazon

 
ペンギンの愛嬌のある顔がとってもインパクトのある、大きめのおきあがりこぼしです。空気を入れて膨らませて使います。

おきあがりこぼしだけでなく、ペンギンの口からボールを入れて遊ぶことができます。お腹の部分が透明になっていて、ボールが入ってコロコロしているのが見えるのも楽しいです。メロディと笑い声がするので楽しいですよ。

9. おきあがりポロンちゃん

出典:Amazon

 
フードを被った赤ちゃんがゆらゆら揺れる、昔ながらのレトロなデザインのおきあがりこぼしです。パパママ、そしておじいちゃん、おばあちゃんも懐かしく感じると思います。

ポロンポロンという音色と、ゆらゆら揺れる様子がかわいらしい、新生児から1歳頃まで遊べるおもちゃです。

10.ファーストトイ YURAN (ゆらん)

出典:Amazon

 
ちょっと大きめのたまごのようなシンプルなフォルムのおきあがりこぼしです。上部分はすべて透明になっていて、赤いボールが入っています。揺らすとボールが回り、チャイムの音色が流れます。

音を聞いたり、高さ15センチ、直径15センチの小ささなので、触って自分で揺らしたり、ボールの動きを目で追うなど、知育にぴったりのおもちゃです。

知育にもぴったりのおきあがりこぼしでたくさん遊ぼう!

昔ながらのおもちゃであるおきあがりこぼしは、聴く、見る、触る、掴むなど、赤ちゃんの五感をぞんぶんに刺激することができる知育玩具としても好まれているため、定番のおもちゃとして1つおうちに用意したいものです。

生まれてすぐの新生児でも遊ぶことができ、おおよそ1歳まで、成長に応じて遊べるのもうれしいですね。

デザインが凝ったものも多いので、お部屋のインテリアとしてもOK!また、お友達や親戚への出産のプレゼントとしてもぴったりです。おすすめ商品を参考に、赤ちゃんにぴったりの商品を選んでくださいね!

  関連記事

これを読めば逆上がりマスター!逆上がりのコツと練習法を大解説!

小学生ができるようになりたいことの代表である「逆上がり」。でも、練習してもどうし …

乳児には必須のスタイ!その種類や選び方とは?

かつては「よだれかけ」と呼ばれていたベビーグッズが、いまでは「スタイ」と呼ばれる …

子どもにも妊婦さんにもあらわれることがある、ばち指の原因と疑われる病気について

みなさんは、「ばち指」を見たことがありますか?身近にばち指の患者さんがいないと、 …

ままごと遊びは知育におすすめ!でも、子供の会話には注意が必要!

子どもはごっこ遊びができるようになると、男女を問わず「ままごと遊び」をするように …

お子さんが園生活を始めるなら、覚えておきたい連絡帳の書き方のこと

お子さんが初めて保育園や幼稚園に通い始めると、ママの生活は一変します。そして、お …

大人の椅子に赤ちゃんを座らせることができる!チェアベルトのメリットとデメリットとは?

赤ちゃんを椅子に座らせるとき、必ずベビーチェアが必要だと思い込んでいるママやパパ …

子供が製品事故に巻き込まれるのを、防ぐためにできることは?

2017年2月、独立行政法人 製品評価技術基盤機構(NITE)が発表した報告によ …

子供を自転車に乗せるひとは要チェック!多発するスポーク外傷のこと

都心で働くママの多くが、保育園の送迎や買い物のために、子供を自転車に乗せています …

案外汚れる車のシートを、きれいにお掃除する方法とは?

マイカーがあると、通勤や買い物に便利なのはもちろん、子どもがいる家庭ではいざとい …

子育て世帯だから知っておきたい!生命保険の種類と特徴、選び方のこと

子どもは、一人前に育て上げるまでに、長い時間がかかります。そして、子どもが自立す …