ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

ZARA ベビーはプチプラでオシャレって本当?その評判に迫る!

   

ZARAといえば、大人のファストファッションブランドとして有名です。プチプラなのにトレンド感にあふれる洋服や小物が揃っているので、日頃から利用しているママやパパも多いことでしょう。

実はこのZARAでは、ベビー服も扱っていいて、その名前は「ZARA ベビー」といいます。

そこで今回は、オシャレ大好きなママやパパから注目を集めているZARA ベビーについて、おすすめ商品も交えながら、ご紹介したいと思います。

ZARAってどんなブランドなの?

ZARAは、言わずと知れたスペイン発祥のファッションブランドです。1975年に創業され、日本に第一号店ができたのは1998年、初出店は渋谷でした。現在は、全国各地にZARAのショップがあります。

ZARAがトレンド感にあふれる洋服や小物をプチプラで販売できる背景には、企画からデザイン、製造・販売まで、すべて自社で行っていることがあげられます。中間業者を挟まない分、余計なコストをカットできるので、価格を下げることができるのです。

また、ZARAでは200人以上のファッションデザイナーを抱え、1シーズンで3万点以上のモデルをデザインしているといわれています。そのため、2週間単位で新商品を店頭に並べることができるのです。

ZARA ベビーは、そうしたZARAのつくり方をそのままに、ベビーラインとして展開しているので、オシャレでプチプラなまま商品が提供されているのです。

ZARA ベビー、おすすめ10選!

ZARA ベビーは、生後3カ月から3歳までを対象にしたラインです。そのため、同じデザインでもさまざまなサイズで用意されています。
そこで、ZARA ベビーのおすすめ商品をいくつか取り上げてみましょう。

<女の子編>

1. 光沢のアップリケとプリントが目を引くTシャツ

 
シャイニー‛OK’Tシャツは、長袖のラウンドネックTシャツです。袖口は折り返しになっているので、ハイハイする時期の赤ちゃんでも、擦り切れにくくなっています。

フロントには光沢のテクスチャーのアップリケとプリントがされており、上品なピンク地が可愛らしさを演出します。

2. リボンがアクセントで可愛い!ヘビロテ必至のパンツ

 
プラッシュコーデュロイパンツの特徴は、リボンがアップリケされていることです。ウエストがゴムなので脱着しやすく、フロントとフェイクバックにポケットがついています。

シンプルなTシャツを合わせても、キュートなコーディネートに仕上がります。

3. 日常使いにピッタリのフード付きショートコート

 
ショート丈スターコートには、シルバースターの刺繍が入っています。フェイクファーテクスチャーなので着心地も良く、スナップボタンクロージングなので、脱ぎ着しやすいです。

フロントにはポケットもついており、1枚羽織るだけで、温かさを逃がしません。

4. クリスマスシーズンにピッタリのスウェットシャツ

 
シャイニーツリースウェットシャツは、長袖のラウンドネックTシャツです。フロントに、ツリー柄の光沢アップリケがついています。袖口と裾にはカフがついている点も、見逃せません。

ガーリーなスカートやパンツと合わせても、甘すぎないコーディネートが実現します。

5. モノトーンでも可愛さが十分に伝わるパンツ

 
リボン付きパンツは、プラッシュシャージーでつくられています。ネップ加工されており、ウエストはゴムなので、日常使いしやすいパンツです。

サイドについたリボンのアップリケが印象的で、モノトーンなのに甘さを演出できます。

<男の子編>

1. サスペンダーが調節可能なオーバーオール

 
コーデュロイオーバーオールは、ラウンドネックになっています。スナップボタンクロージングなので、脱着も手間がかかりません。ポケットは両サイドと胸元、バックポケットが2つあります。

サスペンダーが調節可能で、裾をロールアップできるので、大きめのものを買うと長く使えそうです。

2. 寒い時期のよそ行きとしてピッタリのセーター

 
ケーブルニットセーターに使われている素材は、コットンが44%、アクリルが26%、ポリエステルが16%、ウールが10%、ナイロンが3%、ポリウレタンが1%となっています。そのため、ベビーニットであっても、日常使いしやすいです。

ラウンドネックで、バッグにボタンがついているので、脱ぎ着させやすいです。

3. クリスマス気分を高めてくれるTシャツ

 
ソフトタッチ生地クリスマスTシャツに使われている主な素材は、コットンとポリエステルなので、日常的に着せやすくなっています。

生地がソフトタッチで、裾のサイドにはスモールスリットが入っています。着ているだけで、クリスマス気分が高まりそうです。

4. グレー地に黒のサスペンダーがオシャレなパンツ

 
サスペンダー付きパンツは、ウエストがゴム仕様になっています。サスペンダーにはボタンがついており、取り外しが可能です。

フロントにはアップリケのついたカンガルーポケットがついており、ロールアップの裾から見える裏地の黒が良いコントラストになっています。

5. 3色から選べるランドネックTシャツ

ラベルディティール付きパターンプリントハットは、「オークル」「バーガンディ」「カーボングレー」の3色が用意されています。

ラウンドネックで、フロントに入っているシームが印象的です。裾についている、スマイルフェイスのラベルがキュートです。

ベビー服の選び方のポイントは?

赤ちゃんの成長は本当にあっという間で、短期間にいろいろなことができるようになっていきます。そのため、肌着や洋服もこまめに買い替える必要があり、出費に悩むママやパパも多いようです。

生後6カ月までは上下つながった3ウェイオールなどを着る機会が多いと思いますが、この時期は赤ちゃんが思うように手足を動かせるサイズを選んであげたいところです。

ですが、生後6カ月を過ぎて、Tシャツとパンツなど上下が分かれる格好をするようになれば、少し大きめのものを購入しても、袖や裾を折って着せることができるようになります。

通年を通して着られるものは、少し大きめのサイズで選んであげると、家計にもひびきにくいでしょう。

ただし、ベビー服のサイズはブランドによって異なるので、通信販売などで購入する際には注意が必要です。また、着られる季節が限定されるものは、ジャストサイズで選んであげる方が、赤ちゃんが動きやすいはずです。

そして、ベビー服を選ぶ基本として覚えておいてほしいのが、肌着やTシャツなど、赤ちゃんの肌に触れる機会が多いものを購入する時には、縫い目が外側にあるものを選ぶことです。

縫い目が内側にあると、その刺激で赤ちゃんの肌が赤くなるなど、炎症をおこすことがあるからです。

合わせて、おむつ替えの時にママやパパにストレスがないように、機能性の高さもチェックしたいポイントです。生後6カ月未満の赤ちゃんの場合は、3ウェイオールなど股のスナップを外すだけでおむつ替えができる洋服の方が便利なうえ、お腹が出にくく冷えにくいというメリットもあります。

こうした点も考慮して、ベビー服を選んであげましょう。

着られる時間が短いからこそ、ZARA ベビーでオシャレに決めよう!

ZARAの子ども服には、「ミニ」[ベビー」「キッズ」というラインがあります。ミニは生後0~12カ月、ベビーは生後3カ月~3歳、キッズは4~14歳を対象に、商品展開しています。

トレンド感あふれるアイテムだけでなく、レギンスや靴下、ボディ肌着、パジャマといった定番商品も当然ラインナップされており、すべてプチプラなので、着られる期間が短くても家計にやさしいです。

安値でオシャレな洋服を探したいなら、ZARA ベビーはおすすめです。ショップや公式サイトで、その商品ラインナップを確かめてみてください。

  関連記事

バタバタバタ…マンションやアパートで響く子どもの足音対策を教えて!

小さい子供がいる家庭にとって気がかりなのが、子供たちの走り回る際の大きな足音。上 …

育児あるある!子育て中にやってしまいがちだけど、NGなこととは?

初めて子どもを持つママとパパは、親としての経験がない1年生です。我が子への愛情に …

ダイソーの腕時計でおしゃれを楽しもう!人気の腕時計10選

ダイソーの人気商品の1つに腕時計があります。シンプルな腕時計から、何本も欲しくな …

育児書がマイナスになることもあるって本当?効果的な読み方とは?

初めて赤ちゃんを出産するママの中には、何冊もの育児書を買い込み、予習に余念がない …

ツインズママだから楽しめる!双子コーデの楽しさや注意点とは?

双子の妊娠は喜ばしいことですが、妊娠期間中はリスクも高く、出産前は安静に過ごすよ …

子ども限定バスツアーって親子参加型とどう違う?そのメリットとデメリットは?

子どもが小学校に入学すると、学外学習の機会が増えます。また、夏休みなどには自由研 …

子どもとお出かけ!長時間の車移動の際に必要な持ち物ってなに?

子供との遠出は色々と心配だらけです。着替えも大人の2倍以上必要な上に子供の行動は …

生理中はイライラ?!子どもと接するにはどうしたらいいの?

「なんだかイライラする!と思ったら、あっ生理だった!」なんてことありますよね。す …

子どもが危ない!フード付き上着に潜む危険について徹底解説!

フードのついた上着やパーカー、お子さんに着せたことはありますか?フードがついてい …

我が子は大丈夫?スマホ依存症になる子どもの特徴など

スマホ依存症とは、何でもスマホを頼りにしてしまう大人が、かかってしまう症状だと思 …