ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

ZARA ベビーはプチプラでオシャレって本当?その評判に迫る!

   

ZARAといえば、大人のファストファッションブランドとして有名です。プチプラなのにトレンド感にあふれる洋服や小物が揃っているので、日頃から利用しているママやパパも多いことでしょう。

実はこのZARAでは、ベビー服も扱っていいて、その名前は「ZARA ベビー」といいます。

そこで今回は、オシャレ大好きなママやパパから注目を集めているZARA ベビーについて、おすすめ商品も交えながら、ご紹介したいと思います。

ZARAってどんなブランドなの?

ZARAは、言わずと知れたスペイン発祥のファッションブランドです。1975年に創業され、日本に第一号店ができたのは1998年、初出店は渋谷でした。現在は、全国各地にZARAのショップがあります。

ZARAがトレンド感にあふれる洋服や小物をプチプラで販売できる背景には、企画からデザイン、製造・販売まで、すべて自社で行っていることがあげられます。中間業者を挟まない分、余計なコストをカットできるので、価格を下げることができるのです。

また、ZARAでは200人以上のファッションデザイナーを抱え、1シーズンで3万点以上のモデルをデザインしているといわれています。そのため、2週間単位で新商品を店頭に並べることができるのです。

ZARA ベビーは、そうしたZARAのつくり方をそのままに、ベビーラインとして展開しているので、オシャレでプチプラなまま商品が提供されているのです。

ZARA ベビー、おすすめ10選!

ZARA ベビーは、生後3カ月から3歳までを対象にしたラインです。そのため、同じデザインでもさまざまなサイズで用意されています。
そこで、ZARA ベビーのおすすめ商品をいくつか取り上げてみましょう。

<女の子編>

1. 光沢のアップリケとプリントが目を引くTシャツ

 
シャイニー‛OK’Tシャツは、長袖のラウンドネックTシャツです。袖口は折り返しになっているので、ハイハイする時期の赤ちゃんでも、擦り切れにくくなっています。

フロントには光沢のテクスチャーのアップリケとプリントがされており、上品なピンク地が可愛らしさを演出します。

2. リボンがアクセントで可愛い!ヘビロテ必至のパンツ

 
プラッシュコーデュロイパンツの特徴は、リボンがアップリケされていることです。ウエストがゴムなので脱着しやすく、フロントとフェイクバックにポケットがついています。

シンプルなTシャツを合わせても、キュートなコーディネートに仕上がります。

3. 日常使いにピッタリのフード付きショートコート

 
ショート丈スターコートには、シルバースターの刺繍が入っています。フェイクファーテクスチャーなので着心地も良く、スナップボタンクロージングなので、脱ぎ着しやすいです。

フロントにはポケットもついており、1枚羽織るだけで、温かさを逃がしません。

4. クリスマスシーズンにピッタリのスウェットシャツ

 
シャイニーツリースウェットシャツは、長袖のラウンドネックTシャツです。フロントに、ツリー柄の光沢アップリケがついています。袖口と裾にはカフがついている点も、見逃せません。

ガーリーなスカートやパンツと合わせても、甘すぎないコーディネートが実現します。

5. モノトーンでも可愛さが十分に伝わるパンツ

 
リボン付きパンツは、プラッシュシャージーでつくられています。ネップ加工されており、ウエストはゴムなので、日常使いしやすいパンツです。

サイドについたリボンのアップリケが印象的で、モノトーンなのに甘さを演出できます。

<男の子編>

1. サスペンダーが調節可能なオーバーオール

 
コーデュロイオーバーオールは、ラウンドネックになっています。スナップボタンクロージングなので、脱着も手間がかかりません。ポケットは両サイドと胸元、バックポケットが2つあります。

サスペンダーが調節可能で、裾をロールアップできるので、大きめのものを買うと長く使えそうです。

2. 寒い時期のよそ行きとしてピッタリのセーター

 
ケーブルニットセーターに使われている素材は、コットンが44%、アクリルが26%、ポリエステルが16%、ウールが10%、ナイロンが3%、ポリウレタンが1%となっています。そのため、ベビーニットであっても、日常使いしやすいです。

ラウンドネックで、バッグにボタンがついているので、脱ぎ着させやすいです。

3. クリスマス気分を高めてくれるTシャツ

 
ソフトタッチ生地クリスマスTシャツに使われている主な素材は、コットンとポリエステルなので、日常的に着せやすくなっています。

生地がソフトタッチで、裾のサイドにはスモールスリットが入っています。着ているだけで、クリスマス気分が高まりそうです。

4. グレー地に黒のサスペンダーがオシャレなパンツ

 
サスペンダー付きパンツは、ウエストがゴム仕様になっています。サスペンダーにはボタンがついており、取り外しが可能です。

フロントにはアップリケのついたカンガルーポケットがついており、ロールアップの裾から見える裏地の黒が良いコントラストになっています。

5. 3色から選べるランドネックTシャツ

ラベルディティール付きパターンプリントハットは、「オークル」「バーガンディ」「カーボングレー」の3色が用意されています。

ラウンドネックで、フロントに入っているシームが印象的です。裾についている、スマイルフェイスのラベルがキュートです。

ベビー服の選び方のポイントは?

赤ちゃんの成長は本当にあっという間で、短期間にいろいろなことができるようになっていきます。そのため、肌着や洋服もこまめに買い替える必要があり、出費に悩むママやパパも多いようです。

生後6カ月までは上下つながった3ウェイオールなどを着る機会が多いと思いますが、この時期は赤ちゃんが思うように手足を動かせるサイズを選んであげたいところです。

ですが、生後6カ月を過ぎて、Tシャツとパンツなど上下が分かれる格好をするようになれば、少し大きめのものを購入しても、袖や裾を折って着せることができるようになります。

通年を通して着られるものは、少し大きめのサイズで選んであげると、家計にもひびきにくいでしょう。

ただし、ベビー服のサイズはブランドによって異なるので、通信販売などで購入する際には注意が必要です。また、着られる季節が限定されるものは、ジャストサイズで選んであげる方が、赤ちゃんが動きやすいはずです。

そして、ベビー服を選ぶ基本として覚えておいてほしいのが、肌着やTシャツなど、赤ちゃんの肌に触れる機会が多いものを購入する時には、縫い目が外側にあるものを選ぶことです。

縫い目が内側にあると、その刺激で赤ちゃんの肌が赤くなるなど、炎症をおこすことがあるからです。

合わせて、おむつ替えの時にママやパパにストレスがないように、機能性の高さもチェックしたいポイントです。生後6カ月未満の赤ちゃんの場合は、3ウェイオールなど股のスナップを外すだけでおむつ替えができる洋服の方が便利なうえ、お腹が出にくく冷えにくいというメリットもあります。

こうした点も考慮して、ベビー服を選んであげましょう。

着られる時間が短いからこそ、ZARA ベビーでオシャレに決めよう!

ZARAの子ども服には、「ミニ」[ベビー」「キッズ」というラインがあります。ミニは生後0~12カ月、ベビーは生後3カ月~3歳、キッズは4~14歳を対象に、商品展開しています。

トレンド感あふれるアイテムだけでなく、レギンスや靴下、ボディ肌着、パジャマといった定番商品も当然ラインナップされており、すべてプチプラなので、着られる期間が短くても家計にやさしいです。

安値でオシャレな洋服を探したいなら、ZARA ベビーはおすすめです。ショップや公式サイトで、その商品ラインナップを確かめてみてください。

  関連記事

ニュースでよく見聞きする、高齢ドライバーによる事故。その特徴と子どもを守るための対策とは?

高齢ドライバーによる交通事故のニュースは、いまや珍しいものではなくなりました。そ …

ロボット掃除機は子育てママの救世主になる?使用するメリットとデメリットは?

共働き世帯が増えている現代、毎日、隅々まで掃除機をかける暇がないと嘆くママも多い …

子供に携帯やスマホを持たせたい!その時、親がネット社会から子供を守る事前準備とは?

スマホ時代、今は待ち時間など暇つぶしにはスマホを見ながら待っている姿、スマホを見 …

主婦の収入において立ちはだかる「◯◯万円の壁」106万円の壁とは?収入への影響はどうなる?

子供が大きくなるとパートタイマーで仕事をする必要も出てきますが、パートタイマーで …

足は健康の土台!上履きの選び方や種類について…

入学・進学・入園の準備に合わせて、お子様の上履きを新調する予定のママたちへ!すぐ …

イライラをコントロール!アンガーマネジメントって?

物事がすべてが自分の思い通りにいけばいいけれど、そうはいかないことが多いです。子 …

子育て世帯臨時特例給付金はどんな制度?申請の条件とは?

2014年4月に消費税が8%にアップしてから、子育て世帯は出費を余儀なくされてい …

認可とどんなところがどう違う?無認可(認可外)保育園ってどんなとこ?

赤ちゃんが少しずつ成長してくると、働くママは復職のことも気になってきますよね。待 …

デザインとカラーが豊富なニトリのソファで、くつろぎの空間をつくろう!

リビングをくつろぎの空間にしたいなら、ソファは必需品といえるかもしれません。です …

子育てママこそ上手に活用したい!ハウスクリーニングのこと

子育てをしていると、どうしても家の中が散らかってしまいがちです。そして乳幼児のい …