ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

ユニクロのベビー服はロープライスで安全性と機能性に配慮!おすすめ10選も紹介

   

ユニクロはファストファッションの代表格として、いまや知らない人がいないブランドといっても過言ではないでしょう。

そんなユニクロが、2017年7月より発売を開始したのが、新生児向けのベビー服です。これまでもベビー服は扱っていましたが、マタニティアイテムの販売に伴い、さらなる充実を図りました。

そこで今回は、ユニクロのベビー服の中でも人気が高い商品を中心に、その魅力について、お話ししたいと思います。

ユニクロのベビー服の特徴とは?

ユニクロのベビー服は、赤ちゃんの肌が敏感なことに配慮して、素材や縫い目にもこだわってつくられています。通気性や速乾性のよいメッシュ素材でつくられた肌着をはじめ、おむつ替えや着替えが楽なように股下のスナップボタンに工夫をしています

さらに、赤ちゃんの動きを制限しないことを大事に、伸縮性にもこだわっています。デザインもシンプルなので、日常使いにピッタリです。

ユニクロのベビー服、おすすめ10選!

ユニクロがベビー服を展開するにあたって大切にしているのが、「安全性」です。そのため、世界各国の有害物質の基準に合わせ、生地も付属品も検査を行っています。また、素材はもちろん、設計も細部までこだわり、常に進化を続けています。

そんなユニクロのベビー服は、赤ちゃんの月齢に合わせて、商品ラインナップされています。中でも、2017年に発売を開始した新生児用のものを中心に、その特徴を紹介したいと思います。

1. 綿100%の肌着が赤ちゃんをやさしく包み込む

 
肌着は、「短肌着」と「コンビ肌着」が用意されています。素材は綿100%なので、皮膚が繊細な赤ちゃんに安心して着せることができます。

新生児期はおむつ替えが多いので、股下のスナップボタンが着脱しやすいようにつくられています。また、袖口もママやパパが着替える際に手を入れやすいように、広めにデザインされています。

表裏がすぐにわかるように、裏側に配色ステッチを施してあるのもうれしいです。

2. お出かけ時に活躍してくれる、ウォームパデットオールインワン

 
ウォームパデットオールインワンは、寒い季節に赤ちゃんを連れて外出する時にあると便利です。表は風の侵入を防げるように前立てになっており、裏はフリースになっています。さらに中綿が入っているので、着せるととても暖かいです。

襟元にはハンガーループが、首の下にはあごにファスナーがあたることがないようチンガードがついています。自宅で手洗いできるのも魅力です。

3. 赤ちゃんが寝がえりをするようになったら使いたい、スリーパー

 
スリーパーは、赤ちゃんが手足を動かせるようになり、布団をかけずに寝ることが増える時期にあると重宝します。伸縮性のあるフリース素材を使っているので、眠っている赤ちゃんの動きを妨げることがありません。

首回りも広めのVネックになっており、苦しくなることがなく、さらにファスナーもあごにあたらないよう、チンガードをつけてあります。色も、ピンクとブルーが用意されています。

4. 脇の縫い目がフラットなので肌ストレスが少ない、コットンメッシュインナーボディ

 
コットンメッシュインナーボディは、綿100%のメッシュ素材でつくられています。赤ちゃんが縫い目を感じてストレスにならないように、脇の縫い目をフラットにして、肌のあたりをやわらかくしています。

また、金属アレルギーに配慮して、スナッパーはプラスチック製にするとともに、掛け違い防止のために中のスナッパーだけ黄色にしています。

5. サイズ調節が可能で耐久性も高い、スタイ

 
スタイは綿100%で、フライス素材を2枚重ね合わせています。そのため、赤ちゃんのよだれの量が増えても、洋服を汚しにくくなっています。

素材が柔らかいので、赤ちゃんの肌にストレスをかけることもなく、くり返し洗濯しても生地のやわらかな風合いは変わりません。サイドにスナッパーが付いているので、サイズ調節も可能です。

6. 足の裏には転倒防止用のゴムがあるので安心、ストレッチマイクロフリースオールインワン

 
ストレッチマイクロフリースオールインワンは、軽くてやわらかく、温かいフリースを使用してつくっています。その際、赤ちゃんの動きを妨げないことを重視して、横方向の伸びが約1.2倍という、高いストレッチ性を加えています

赤ちゃんのつま先まで包み込まれているので暖かく、どれだけ動いてもめぐれあがる心配もありません。つかまり立ちを始めた赤ちゃんに着せても大丈夫なように、足裏に転倒防止用のゴムがついているのもうれしいです。

7. 寒い季節に赤ちゃんを包んでくれる、キルトカバーオール

 
キルトカバーオールは、寒い時期にヘビロテ必死のベビー服です。着ると素材はふんわりと暖かく、赤ちゃんをやわらかく包んでくれます。

スナップのかけ違いを防ぐために色違いのスナッパーを使用しているほか、プラスチック製にすることで、金属アレルギーの発症リスクをなくしています。

股下から足にかけてのスナップボタンが全開にできるので、おむつ替えの時に便利です。さらに、洗濯ネームを外側にするところに、赤ちゃんへの配慮がうかがえます。

8. 洗濯してもよれにくい丈夫さが魅力、フライスカバーオール

 
フライスカバーオールの素材は、綿100%です。丈夫な綿素材を使っているので、毎日洗濯してもよれにくいと好評です。プラスチック製の色違いのスナッパーを使用することで、掛け違いや金属アレルギーを防ぎます。

また、地色に細かな模様が入っているシンプルなデザインなので、飽きが来ず、通年で使うことができます。

9. 長袖と半袖の2種類がある、クルーネックボディ

 
クルーネックボディは、長袖と半袖の2種類が用意されており、それぞれ2枚組で販売されています。素材は綿100%で、日常使いしやすいように丈夫な素材が使用されています。そのため、洗濯してもよれにくいです。

ユニクロのオンラインストア限定で、70センチサイズの前開きタイプも販売されているので、赤ちゃんの成長に合わせて、ベストなサイズを選んであげましょう。

10. たまひよ赤ちゃんグッズ大賞肌着部門に入賞!エアリズムメッシュインナーボディ

 
エアリズムメッシュインナーボディはノースリーブで、2枚組で販売されています。エアリズムの素材が使われているので、通気性と速乾性が高く、涼しくて軽い着心地です。

赤ちゃんは汗をかく量が多いので、オールシーズン使えます。サイズも、60・70・80・90が用意されているので、あせも対策にぜひ使ってみましょう。

赤ちゃんの成長に合った、ユニクロのベビー服を選ぼう!

ユニクロのコンセプトは、「Life Wear」です。あらゆる人の生活を、より快適に変えることを目的に、商品展開を行っています。その姿勢は、販売されているベビー服にも反映されています。

これまでもベビー服は販売していましたが、新生児向けのラインを始めるにあたり、サイズの小さな肌着やスタイ、スリーパーなど、あると重宝するものを加えています。

そうした商品は、安全性を重視した素材と縫製、赤ちゃんの動きを妨げない着心地にこだわったデザインとなっています。

もちろん、赤ちゃんの成長に伴う体型の変化にも対応しているので、まずその実力を店頭で確かめてみてください。きっと、出産祝いとしても喜ばれるはずです。

  関連記事

子供を自転車に乗せるひとは要チェック!多発するスポーク外傷のこと

都心で働くママの多くが、保育園の送迎や買い物のために、子供を自転車に乗せています …

子供にお小遣い帳をつけさせた方がいい?そのメリットとは?

子供が成長するにつれて、お小遣いをいつからあげるのか、どんなふうにあげるべきか、 …

園庭開放とは?園児じゃなくても遊ばせることができる?賢く利用して子供を楽しませよう

子供を遊ばせる場所に困っているパパとママに朗報です。保育所の園庭解放は、保育所な …

子どもの名前を付ける時の親への責任や、その後の後悔とは?

名前とは親が初めて子どもにプレゼントするもので、一生関わるものです。家庭によって …

B型肝炎ワクチンの予防摂取はしたほうがいい?副作用は大丈夫?かかる費用はどれくらい?

B型肝炎は団塊世代の問題ではなく、子供にも移行しやすい疾患として周知されています …

育児中のママ必見!アロマを活用して楽しくお掃除しよう!

育児に一生懸命に取り組むママにとって、家の掃除は大きな負担です。でも掃除をしない …

育児書がマイナスになることもあるって本当?効果的な読み方とは?

初めて赤ちゃんを出産するママの中には、何冊もの育児書を買い込み、予習に余念がない …

送迎保育ステーションは働くママの強い味方!?その利用方法とは?

近年、全国の地方自治体が、通勤途中の駅にある保育園に子どもを送迎する事業を推進し …

確定申告の扶養控除とは?廃止されたはずなのに子どもの名前を書く理由とは?

毎年3月中旬に提出締め切りがある確定申告ですが、会社員で職場が対応しているから確 …

そんなこと本当にあるの?我が子を嫌いになってしまうママの心理とは

我が子のことをかわいがり過ぎる親ばかというのは良く聞きますが、その逆で我が子のこ …