ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

チャイルドシートはどの位置がより安全? 前向きに座らせても大丈夫?取り付けの際に気をつけたいこと

   

日本では道路交通法で、6歳未満の乳幼児を自家用車に乗せる場合は、チャイルドシートを装着するよう義務付けています。

これは、ママとパパの名義の車でなくても適用され、おじいちゃんやおばあちゃん、友人、レンタカー、カーシェアリングなどの車に乗る時にも守らなければなりません。

そして、チャイルドシートは大切な子どもの命を守るために装着するものですから、位置や固定の仕方など、正しく使うことが大前提です。

そこで今回は、多種多様なチャイルドシートについて、取り付け方法の違いから安全な設置場所、種類別の取り付け方、安全チェックの方法まで、くわしくお話しします。

合わせて、お子さんを前向きに座らせるタイミングについても触れますので、ぜひ実践してみてくださいね。

取り付け方法は固定式と回転式の2種類

チャイルドシートは、シートによって「固定式」と「回転式」に大別されます。そして種類によって、メリットとデメリットがあります。

そこで、まず固定式と回転式それぞれの特徴について、説明しておきましょう。

固定式

固定式とは、シートが動かないタイプのチャイルドシートです。シンプルな構造なので誰でも簡単に設置しやすく、短時間で付け替えられるのがメリットです。さらに手ごろな価格で、商品ラインナップが充実しています。

デメリットとしては、シートの向きが決まっているので、赤ちゃんを乗せる時に無理な姿勢にならざるをえないことです。また、バックルが留めにくい、肩ベルトのねじれや赤ちゃんの姿勢の悪さに気づきにくいなど、装着には注意が必要です。

回転式

回転式は、後部座席の左右どちら側に設置しても、赤ちゃんを乗せ降ろししやすい向きにシートを動かせるタイプのチャイルドシートです。

特に首が座っておらず、横抱っこをする時期の赤ちゃんを乗せ降ろしする際に重宝します。狭い駐車場でも、ストレスなく利用できるのは大きなメリットです。

一方で、機能面が充実している分、チャイルドシート本体が大きく、重くなりがちです。パパとママそれぞれの車に乗せ換える機会が多い時には、手間がかかるかもしれません。また、固定式と比べると価格が高いことも、デメリットと言えるでしょう。

気を付けたいチャイルドシートの設置場所! 安全なのはどこ?

チャイルドシートを設置する場合、車のどこにするかで、安全性に大きな違いが生まれます。そこで、助手席と後部座席を比較しながら、どこに設置すべきかについて、説明しておきましょう。

助手席に設置しても大丈夫?

道路交通法には、チャイルドシートの設置場所に関する規定はありません。そのため、自家用車のどこに設置しても良いと勘違いするひともいるようですが、安全性を考えると避けるべき位置もあります。

それが、助手席です。なぜ助手席が好ましくないかというと、万が一正面衝突してエアバッグが作動した場合、大人に対応した安全装置になっているので、乳幼児が大きな衝撃を受ける、当たり方によっては窒息するリスクを負うからです。

また、乳幼児が隣に座っていると、ママやパパは運転に集中しにくいものです。特にお子さんが泣いたりぐずったりして、ちょっとよそ見をした隙に、交通事故を引き起こすケースは少なくありません。

そしてもともと、交通事故による死亡率は、助手席が最も高いことがわかっています。これらを総合的に判断すると、チャイルドシートを助手席に設置するのは避けた方が無難でしょう。

助手席にチャイルドシートを設置するのは、法律違反なの?どこなら安全?

後部座席が安全な理由

チャイルドシートを設置するなら、助手席より後部座席の方が安全です。その理由として以下の2つがあげられます。

  • 追突事故はそれほどスピードが出ていない駐停車中に起こることが多いこと
  • 出会い頭の事故の場合スピードが出ていなくてもエアバッグが作動する危険があること

では、後部座席であれば、どの位置にチャイルドシートを設置しても安全性は同じかというと、そうではありません。5人乗りのセダンやコンパクトカーを例に、説明しておきましょう。

後部座席の真ん中は設置できないものがある

まず、後部座席の真ん中には、ISOFIX対応のチャイルドシートは設置できません。シートベルトタイプであっても、2点式では固定できませんので、左右どちらかの座席にするのが原則です。

ただし、側面から衝突された場合に最もダメージを受けにくい位置でもあるので、チャイルドシートメーカーによっては、後部座席の真ん中を安全としているところもあります。自家用車のタイプと乗る人数を考慮して、判断しましょう。

運転席の後ろに設置するのが安全

最も安全とされているのは、運転席の後ろです。これは、交通事故にあっても一番ダメージを受けにくい位置だからです。

ただし、運転するママやパパと赤ちゃんがお互いに顔を見られないので、後部座席用の鏡を置いて表情をチェックできるように工夫することをおすすめします。

助手席の後ろ側も、安全性は担保できます。何より、赤ちゃんの乗せ降ろしを考えると、歩道側になるこの位置にチャイルドシートを設置するのは便利です。

チャイルドシートの取り付け方! 説明書をしっかり読んで正しい装着を

チャイルドシートは、シートベルトタイプかISOFIXタイプかで、取り付け方がまったく異なります。それぞれの取り付け方を知ったうえで、自分が一番着脱しやすい、あるいは自分の車にあっているものを探しましょう。

2点固定式

2点式シートベルトは、古い年式の車の後部座席の真ん中についていることが多いです。

まず、チャイルドシートの背面の下にシートベルトを通し、しっかりと固定します。この時に、シートベルトが緩むと危険なので、あらかじめ短くなるように調節しておきましょう。

チャイルドシートが固定されたら、お子さんを座らせ、カチッと音が鳴るように、バックルを留めます。

ハーネスがたるんでいると、事故の際に上体が前に押し出され、ろっ骨骨折を負う確率が上がります。お子さんの身体に合わせて、こまめに調節してください。

現在は2点式シートベルトに対応するチャイルドシートが減っているので、購入前に対応可能かどうか、きちんと確認しましょう。

3点固定式

まず、座席の奥までしっかりと、チャイルドシートを押し込みます。所定の部分にシートベルトを通し、一度バックルを留めてから肩のハーネスを引き、たるみがないように調整します。

シートベルトのバックルの上に、固定用クリップを取り付けます。バックルを留める時にきつさを感じたら、チャイルドシートに膝を乗せて体重をかけ、強く抑え込むとやりやすくなります。

一度にすべての作業を行うのが難しい時は、肩のハーネスを調整する際に固定用クリップに留める部分にゼムクリップなどで印をつけておき、一度シートベルトをチャイルドシートから外したうえで作業するとよいでしょう。

ISOFIX

2012年7月以降に発売された自家用車はすべて、ISOFIX対応となっています。とはいえ、チャイルドシートメーカーの公式サイトや車両取扱説明書で、車種リストを確認したうえで購入することをおすすめします。

ISOFIX対応のチャイルドシートは、あらかじめ車に用意されている専用金具に、2本のコネクターを差し込むだけで簡単に設置できます。そして、取付完了後にチャイルドシートがぐらつくこともありません。

しっかり装着されるとカチッと音がしますし、安全性をバーの色の変化で確認できるなど配慮されています。

設置する際には、専用金具の中に異物が入らないように注意しましょう。また、手を挟んでケガをするケースもあるようなので、集中して作業してください。

一般的な取り付け方の説明をしましたが、チャイルドシートメーカーによって、金具の名称や位置、取り付けの手順などに若干の違いがあるものです。

そのため、どの種類のチャイルドシートを取り付けるにせよ、事前に付属の取扱説明書やDVDをきちんと確認し、正しい手順で設置するようにしましょう

きちんと固定されている? 走り出す前にもう1度チェック!

チャイルドシートは正しく設置されていなければ、その効果が半減します。そのため、車を運転する前に、きちんと取り付けられているかをチェックする習慣をつけることをおすすめします。

チャイルドシートの角度をしっかりチェック

まず、チャイルドシートを後ろ向きで使う時には、角度を確かめてください。この場合、後部座席のシートとチャイルドシートの角度が後ろ向き45°になるのがベストです。

この角度だと、お子さんの身体にかかる負担が軽減されるだけでなく、衝突時に飛び出しにくくなるというメリットがあります。また、衝撃を受けても、後頭部から肩、背中とさまざまな部分に分散・吸収できるので、ダメージが少なくなります。

チャイルドシートが大きく動く時は設置し直そう

次に、チャイルドシートをゆすってみてください。前後左右3cmまでは許容範囲ですが、大きく動く時には取り付け方に問題があります。もう一度、最初から設置し直しましょう。

シートベルト式の場合にはねじれや肩ハーネスの確認を

そして、シートベルト式のチャイルドシートの場合は、ベルトにねじれやたるみがないかも、しっかりチェックしてください。

そのうえで、お子さんの肩ハーネスを確認します。後ろ向きに乗せる場合は肩と同じかそれより低い位置に、前向きに座らせる場合は肩と同じかそれより高い位置にくるように、調節してあげましょう。

チャイルドシートはいつから前向きにしていいの?

チャイルドシートは、月齢が小さいうちは後ろ向きで使用するものです。お子さんがお座りできるようになり、身体を自由に動かせるようになると、いつごろから前向きに変えるべきなのか、悩むママとパパもいそうです。

チャイルドシートメーカーや製品によって、前向きにする時期は異なるので、取扱説明書に準じましょう。

一般的にはお子さんの体重が10kg未満、生後9カ月ころまでは後ろ向きで乗せることが多いようです。

チャイルドシートと一口に言っても、新生児から1歳ころまでが対象の「ベビーシート」、1~4歳ころまでが対象の「チャイルドシート」、4~10歳ころまでが対象の「ジュニアシート」の3種類があります。

ベビーシートからチャイルドシートに切り替える予定なら、1歳以降に前向きに乗せてあげればよいでしょう。

正しい設置方法で子どもの安全を確保しよう

チャイルドシートは、交通事故から子どもを守るために、装着が義務付けられました。ですが、正しく取り付けなければ、お子さんを危険から守ることはできません。

2016年11月に日本自動車連盟(JAF)が行った調査によると、ベビーシート・チャイルドシートともに、約6割が間違った方法で取り付けられていたと言います。

その内容は、以下のようなものでした。

  • 腰ベルトの締め付け不足
  • 座席ベルトの通し方の間違い
  • 固定金具の誤使用
  • 自動車のシート座面との不適合など

そうした状態のチャイルドシートに子どもを座らせていると、万が一事故に遭った時に、ケガをするリスクが高まります。そのため、チャイルドシートの取り付けは、正しく行うことが何より大切なのです。

国土交通省が安全性を認めている「Eマーク」のついたチャイルドシートを購入し、メーカーの説明通りに設置することで、お子さんの安全をしっかり確保してあげてくださいね。

6割がチャイルドシートを誤使用している事実!その危険性とは?

  関連記事

レシート読み込みアプリを使って、家計管理を長続きさせる方法とは?

子育て世帯は、現在の家計管理をするだけでなく、将来に備えて教育費の準備をする必要 …

妊娠中にくじ運が上がるというジンクスは本当?その真相が知りたい!

「妊婦さんはくじ運が上る」というジンクスを、みなさんも一度は耳にしたことがあるの …

子どもが病気のときに真価がわかる!?パパの処方薬把握事情とは?

共働き家庭が増え続けている現代。お子さんが病気になったとき、仕事を休む、遅刻・早 …

赤ちゃん連れの外食はいつからOK?お店選びのポイントが知りたい!

赤ちゃんが生まれると、昼夜を問わずお世話が続くので、なかなか外出の機会がないもの …

子どもが加入する保険がよくわからない!こども保険と学資保険の違いは?

早い家庭では妊娠がわかったときから、子どもの教育資金の準備を始めるようです。その …

3人家族の食費の平均って、いくらくらい?節約術はある?

赤ちゃんが産まれるのは喜ばしいことですが、出費は確実に増えます。紙おむつや粉ミル …

悩みを抱える子供たちの成長を支援する「がんばれ子供村」とはどんな施設?

皆さんは、「がんばれ子供村」の設置についてをご存知でしょうか。「がんばれ子供村」 …

素材も種類もさまざまなおもちゃをお手入れする方法は?そのメリットは?

赤ちゃんの消化機能は大人ほど整っていないため、授乳の際には除菌や殺菌が不可欠です …

子どものためのチャイルドラインとは?どんな相談にのってくれるの?

子どもが小学校に入学し、親の知らない世界が広がるにつれて、その心の内を知るのが難 …

お子さんが園生活を始めるなら、覚えておきたい連絡帳の書き方のこと

お子さんが初めて保育園や幼稚園に通い始めると、ママの生活は一変します。そして、お …