ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんとタクシーに乗る時にチャイルドシートは必要?用意したほうがいい?

   

公共交通機関が発達している都心部で子育てをする世帯では、自家用車を持たない家庭が増えています。税金や保険料、ガソリン代、駐車場代などの維持費を考えると、必要ないと考えるひとが多くなっているからです。その場合、チャイルドシートを購入するという発想にはなりません。

ですが、日本では6歳未満の子どもを車に乗せる時には、チャイルドシートの着用が義務付けられています。では、タクシーを利用する場合もその対象になるの?と、疑問に思うママやパパもいるはずです。

そこで今回は、タクシー乗車の際にチャイルドシートが必要か否かについて、お話しします。

また、自家用車以外に子どもを乗せるにあたっての注意事項についても触れますので、ぜひ覚えておいてくださいね。

タクシーに乗る時にチャイルドシートは必要?

自家用車は持っていないけれど、子どもが病気やケガをした時にタクシーを利用する可能性があると考えると、チャイルドシートを購入しておいた方がよいのでは?と、悩むママやパパもいそうです。

結論から言うと、タクシーに乗車する際は、お子さんをチャイルドシートに乗せる必要はありません。これは、ハイヤーや路線バス、貸切バスでも同じです。

その理由は、道路交通法施行令第二十六条の三の二の三項第六号にあります。ここには、「道路運送法第3条第1号に掲げる一般旅客自動車運送事業の用に供される自動車の運転者が当該事業に係る旅客である幼児を乗車させるとき」とあり、チャイルドシートの使用義務が免除されると明記されています。

どうしてタクシーだとチャイルドシートが免除されるの?

ではなぜ、タクシーやバスは、チャイルドシートの設置義務を免除されるのでしょうか。

それは、一般旅客の運送を引き受けるタクシーやバスの事業者ならびに運転者は、どんな体格の乳幼児を何人乗せることになるのかを、事前に予想できないからです。

また、子どもの月齢や体格によっては、チャイルドシートが使えないこともあります。万人にあうチャイルドシートを人数分用意しておくなど、不可能なことだからです。

チャイルドシートがなくても安心してタクシーを使えるので、子育て中のママとパパはお子さんの体調が優れない時には、無理に公共交通機関で移動しないようにしてあげましょう。

自家用車以外でチャイルドシートが必要になるパターン

乳幼児を自家用車以外の車に乗せる場合は、チャイルドシートの使用義務を負うケースがあります。しっかり覚えておき、運転者が交通違反とならないように配慮してあげてください。

レンタカーに乗る場合

乳幼児を連れた外出先でレンタカーに乗る場合には、チャイルドシートの使用義務があります。

レンタカーを借りる時点で、慣れない車種や土地柄など、日常的に行う運転とは異なる要素があるものです。乳幼児を車に乗せるだけでも心配事が増えるのですから、チャイルドシートにきちんと座らせて、安全面のリスクだけでも軽減しておくのが賢明です。

レンタカーでのチャイルドシートの使用義務を怠ると、道路交通法違反となり、1点減点の罰則を受けます。レンタカーを借りる時には、チャイルドシートも同時にレンタルできるのかどうか、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

また、カーシェアリングをする場合も、レンタカー同様にチャイルドシートの使用義務を負います。頻繁にカーシェアリングを利用する場合は、チャイルドシートを購入しておくとよいでしょう。

友人の車に乗る場合

友人やおじちゃん、おばあちゃんの車など、自家用車以外に乗る場合にも、チャイルドシートの使用義務があります。これを破れば、運転者は道路交通法違反になります。

ちなみに、タクシーやバス以外に乗車する際でも、チャイルドシートの使用義務が免除されるケースがあります。

  1. 車の座席にチャイルドシートが固定できないつくりになっている
  2. 乗車人数が多く、チャイルドシートを設置することで全員が車に乗れない
  3. 乳幼児がケガをしたなど、チャイルドシードに乗せると健康に影響が出る可能性がある
  4. 極度に太っていたり、身体の状態が悪くて、チャイルドシードを使用できない
  5. 医療機関に緊急搬送する
  6. 子どもがシートベルトを適切にできる座高を有している

これ以外の場合は、あらかじめ自家用車以外の車に乗る予定がある時には、チャイルドシートを用意しておくことをオススメします。

チャイルドシートなしで安全に乗るにはどうしたらいい?

赤ちゃんを連れてタクシーに乗る時には、少しでも安全性がアップするように、乗り方にも配慮が必要です。

タクシーに乗ったら、赤ちゃんを一度座席に置き、ママがシートベルトを着用しましょう。それから、赤ちゃんをしっかり抱いてあげてください

赤ちゃんごとシートベルトをした方が安全と考えるママもいるようですが、万が一、タクシーが急停車した場合、シートベルトがロックされます。その結果、シートベルトとママの身体に挟まれている赤ちゃんが、締め付けられるというリスクがあるのです。

すでにお座りができる月齢の乳幼児であっても、バランスが崩れると転倒しますし、大人用のシートベルトで首が絞まる可能性があるので、膝の上に抱っこが基本姿勢です。

子どもが大人用のシートベルトを使えるようになるためには、ある程度の座高が必要なので、乳幼児には使用しないよう心がけましょう。

タクシーにチャイルドシートは持ち込んでもOK?

お子さんの安全を考えると、タクシーに乗車する際に、チャイルドシートを持ち込みたいと考えるママとパパもいることでしょう。

近年は、チャイルドシートを設置できるタクシーも増加傾向にあるようです。ですが、すべてのタクシーにチャイルドシートを設置できるとは限らないので、持ち込みOKかどうか、配車をお願いする際に確認するようにしましょう。

また、持っているチャイルドシートが、タクシーの車種と適合しない可能性もあります。シートベルト固定型であれば問題ありませんが、ISOFIX型のチャイルドシートを使いたい場合は、必ず電話で対応車種を配車してもあうようにお願いしてください。

チャイルドシートがついているタクシーを利用するという手も

タクシー会社によっては、サービスでチャイルドシートを用意しているところもあります。

そうしたサービスの有無やレンタル料金について、あらかじめタクシー会社の公式サイトでチェックしたり、電話で問い合わせてみるのもよいでしょう。

全国子育てタクシー

 
一般社団法人 全国子育てタクシー協会では、「子育てタクシー」を運行しています。

乗車する運転手はすべて、子育てタクシードライバー養成講座課程を修了しており、妊婦さんや乳幼児連れの親子に対する配慮があふれたサービスを提供してくれます。もちろん、チャイルドシートも完備されています。

乳幼児連れのママにおすすめの「カンガルーコース」は、希望すれば玄関先まで荷物も運んでくれます。利用にあたっては、事前の会員登録と予約が必要です

通常のタクシー料金で利用できるため、基本的に特別な料金は発生しません(迎車料金は310円)。ただしコースや利用内容によっては、時間指定料金として410円が加算されることもあります。

居住地域によって料金が異なるので、まずは公式サイトで、最寄りの子育てタクシーを検索してみましょう。

EDS(エキスパート・ドライバー・サービス)

出典:日本交通

 
日本交通が行っているEDS(エキスパート・ドライバー・サービス)の中に、「キッズ」という専門分野があります。このキッズタクシーが、子育て支援を行っているのです。

チャイルドシートを用意したうえでの新生児の退院、赤ちゃんの健診、里帰りなどの送迎をサポートしてくれます。

予約が原則ですが、1時間前までに連絡すればキャンセル料が不要で、深夜や早朝も含めて24時間対応してくれます。チャイルドシートは1台目が無料、2台目以降は1台につき1,000円が必要です。

時間貸切制なので、最初の1時間は5,270円(キッズチャージ620円含む)、その後は30分ごとに2,420円(キッズチャージ310円含む)となっています。詳細は公式サイトで、ご確認ください。

こころタクシー

 
都内で初めて子育て支援タクシーを始めたと言われているのが、こころタクシーです。ドライバー全員が子育てに関する講習や実習を受講しているのはもちろん、半数は女性です。育児経験がある、あるいはホームヘルパー2級の資格を持つドライバーが多いことも、安心材料の一つです。

中でも「ベビー・サポート」は、無料でベビーシートが用意されます。新生児の退院やお宮参り、各種健診にも利用できます。

料金は時間貸切制で、1時間5,400円(サポート料金750円含む)となっており、その後は30分ごとに2,110円が必要です。

また、タクシーの乗車距離が15km以上の場合や、高速道路を利用する場合は、別途お見積りとなります。完全予約制ですので、詳細は公式サイトを、ご参照ください。

心配な場合は乗る前に確認しよう

自家用車を持っていなくても、お子さんの用事でタクシーを利用する機会はあるはずです。一般のタクシーに乗車する際には、チャイルドシートの使用義務は免除されます。

ですが、安全性を考えると、チャイルドシートを使う方が良いのは事実です。友人やおじいちゃん、おばあちゃんの車に乗る機会が多いのであれば、チャイルドシートを購入しておくのも一つの選択肢ですが、最近は赤ちゃん連れに配慮したサービスを行うタクシー会社も増えています

時間や距離によっては割高に感じることもありそうですが、ベビーシートやチャイルドシートを用意したうえで、door-to-doorで外出できるのは魅力です。

こうした子育てタクシーにもあらかじめ登録しておき、用途に合わせて使い分けてみてはいかがでしょうか。

  関連記事

最近の授業参観は保護者のマナー違反が多い!保護者として注意すべきことは?

子どもが保育園や幼稚園、小学校に通うようになると、授業参観の機会が増えます。 で …

小さくなったクレヨンはリサイクルできる!レインボークレヨンの作り方とは?

幼児にお絵描きをさせるときに使う文房具の筆頭といえば、やはりクレヨンでしょう。保 …

猫に咬まれて発症したひともいる!パスツレラ症について理解しておこう!

動物好きのひとにとって、ペットは家族の一員で、かけがえのない存在です。ですが、ペ …

判断基準は?小児科にはいつまで通えるの?

子供が生まれると、何かあった時のためにと、かかりつけの小児科を探す人が多いです。 …

いらなくなった学習机の処分方法は?リメイクできるって本当?

子どもの小学校入学に合わせて、はりきって学習机を用意した家庭も多いことでしょう。 …

私立保育園と公立保育園では違いがあるの?それぞれの特徴は?

保活を始めるママにとって、保育園選びの基準をどこに置くかはとても大事なポイントで …

赤ちゃん連れの外食はいつからOK?お店選びのポイントが知りたい!

赤ちゃんが生まれると、昼夜を問わずお世話が続くので、なかなか外出の機会がないもの …

そんなこと本当にあるの?我が子を嫌いになってしまうママの心理とは

我が子のことをかわいがり過ぎる親ばかというのは良く聞きますが、その逆で我が子のこ …

子どもが加入する保険がよくわからない!こども保険と学資保険の違いは?

早い家庭では妊娠がわかったときから、子どもの教育資金の準備を始めるようです。その …

子供を自転車に乗せるひとは要チェック!多発するスポーク外傷のこと

都心で働くママの多くが、保育園の送迎や買い物のために、子供を自転車に乗せています …