ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

種類もデザインも豊富なので欠かせない!GUのTシャツが人気の理由とは?

   

Tシャツはオールシーズン着ることができるので、複数の枚数を持っているのが一般的でしょう。

無地のベーシックTシャツやアシメントリーなデザイン、トレンドのボトムスに合わせやすいものなど、いざ選ぼうと思うと目移りしてしまいますよね。

そんな時に強い味方になってくれるのが、「GU」のTシャツラインナップです。さまざまな素材や色、デザイン、丈のTシャツがズラリと用意されています。

そこで今回は、GUのTシャツの中でもおすすめの商品を紹介するとともに、選び方のポイントについてもお話しします。

Tシャツ選びのポイントは?

Tシャツはカジュアルでデイリーに使うものですが、選び方のポイントを押さえると、オシャレで大人っぽい雰囲気を醸し出すことも可能です。

スマートな印象にしたいなら…

生地の目が細かく、表面がフラットに見えて光沢があるTシャツは、スマートな印象を与えます。

女性らしさを出すには?

ソフトな肌触りの透け感があるものを着ると、女性らしさが漂います。さらに、首周りが広く開いていたり、切り替えの幅が細いと、大人の女性らしさが演出できます。

ロゴTシャツの場合は?

子どもっぽくなりがちなロゴTシャツも、細いフォントのものを選べば、ユニセックスな雰囲気になります。

カジュアルにしたいなら…

首周りが詰まって切り替え部分が太いデザインになっていると、カジュアルさが前面に出ます。

このようなポイントを理解して、いろいろなタイプのTシャツを用意しておくと、スタイルが決まりやすくなるはずです。

GUのレディースTシャツ、おすすめ10選

GUのレディースTシャツの中でも、特に人気が高いとされる10商品の特徴を、一つひとつ説明しておきましょう。

1. ウォームUネックT(8分袖)

出典:GU

 
ポリエステルとレーヨン、ポリウレタンが混合された化繊でつくられています。そのため、吸湿発熱や吸水速乾、保温、形状保持など、さまざまな機能があります

ストレッチ素材になっており、静電気防止や防菌防臭の働きもあるので、室内干しでも安心なため、自宅で愛用しているひとも多いようです。590円(税抜き)で、グレーとピンクの2色展開しています。

2. マルチボーダーハイネックT(長袖)

出典:GU

 
配色が印象的な、レトロな雰囲気の長袖ハイネックTシャツです。素材は、ポリエステルとポリウレタンなので、洗濯に強いです。

そのまま1枚で着ても、シャツやニットと合わせてチラ見させても様になります。

伸びる素材なので、首元が締め付けられる感じもなく、袖が少し長めになっているので、寒い時期に防寒対策にも役立ちそうです。

3. エンブロイダリーT(半袖)

出典:GU

 
花柄の刺繍を胸元に施した、印象的なTシャツです。裏に当て布をしているので、着ていても刺繍部分がチクチクすることはありません

刺繍の入り方にはいくつかの種類があり、地色はホワイト・グレー・ブラックと、合わせやすい色になっています。

バックが長めにカッティングされていて、左右に切り込みが入っているので、形もキレイです。カジュアルでもフェミニンでも合わせやすい、あると便利な1枚です。

4. ウルトラコットクルーネックT(半袖)

出典:GU

 
790円(税抜き)と超プチプラなのに、吸水速乾と防菌防臭の機能を合わせ持つスグレモノです。コットン95%にポリウレタン5%を加えてあるので、肌触りもやさしく、着心地がよいです。

ホワイト・グレー・ブラック・ブルーの4色があり、襟ぐりが広めになっています。ほどよくウエストラインが絞ってあるので、1枚で着るのもおすすめです。

もちろん、インナーに着ても、襟ぐりから見えないので重宝します。

5. ロックT(半袖)

出典:GU

 
GUでは、「David Bowie」や「Def Leppard」「Metallica」「Red Hot Chili Peppers」「Sex Pistols」「VAN HALEN」などとコラボレーションをした、ロックTも人気商品となっています。ファンにはたまらない、象徴的なアイコンがデザインされています

半袖だけでなく、7分丈や長袖もあり、さまざまなカラーバリエーションが用意されています。店舗では見つけにくいので、気になるひとはGUの公式サイトで探してみるとよいでしょう。

6. マーセライズドクルーネックT(半袖)

出典:GU

 
表面がなめらかで、絹のような光沢感があるのは、Tシャツにマーセライズ加工を施しているからです。

クルーネックなので、スポーティーな印象を与えますが、カジュアルにデニムと合わせても、キレイめにスカートとコーディネートしても、違和感のない1枚になっています。

色も、ブラックとホワイト、オリーブと、合わせやすい3色を用意しています。

7. クロップドTシャツ(半袖)

出典:GU

 
ガウチョパンツの流行に合わせやすいと注目が集まったのが、クロップドTシャツです。高めに見える質感で、無地だけでなくボーダーも展開されているので、色違いで購入するひとが続出したようです。

袖を少し長めにした、ゆったりしたタイプを1枚着るだけで、ゆるカジファッションとして成立します。丈が短めなので、脚が長く見えるのもうれしいです。

8. グラフィックT(半袖)

出典:GU

 
コラボレーションは、アーティストだけでなく、いろいろな企業とも行っています。グラフィックTの中で大人気だったのが、コカ・コーラのロゴがあしらわれた1枚です。

白地に赤い文字でロゴが描かれているものや、黒地に赤くプリントされているものなど、デザインにもバリエーションがあります。

ワンサイズ上のグラフィックTを着て、ちょっとだけ袖をまくると、センスアップします。

サイドとバックが長くなっており、着るだけで後ろ下がりのシルエットが完成するのも魅力です。

9. 990T(半袖)

出典:GU SHOP BLOG

 
夏は特に注目してほしいのが、990Tです。無地やリブ素材、ボーダーと商品展開も多彩で、990円(税抜き)というプチプラ価格もあって、全種類を購入する強者もいるようです。

デコルテラインがキレイに見えるようにカットされているものや、ハイネックなどがあり、ボトムスとの組み合わせ方によって、いろいろな表情を見せてくれます。

半袖だけでなく、ノースリーブも展開しているので、お気に入りの1枚が見つかるはずです。

10. ロングT(5分袖)

出典:GU

 
春や秋には、袖が長めで、厚手のTシャツが欲しいと思うひとが多いはずです。そんな時に活用してくれるのが、ロングT(5分袖)です。

サイドのスリットが深めに入っており、つくりは全体的にゆるめになっています。そして、胸元にあるポケットが、デザインのアクセントになっています。

色もホワイト・グレー・ブラック・ブラウン・ブルーを5色展開されており、日常使いしやすい1枚です。

シーズンごとにGUのTシャツをチェックして、オシャレ度をアップしよう!

GUのTシャツは低価格で高品質なので、気がつくとタンスやクローゼットがいっぱいになっているひともいることでしょう。

その場合、「新たに購入しなくても着まわせばいい」と思うかもしれません。ですが、ファッションのトレンドのスピードは速いので、流行のアイテムはシーズンごとに揃えたいところです。

そんな時に力を発揮してくれるのが、GUのTシャツです。GUにはTシャツ素材のドレスも用意されているので、T・P・Oに合わせてチョイスができます。

Tシャツは、どんなコーディネートにも合わせることができるので、流行と着心地にもこだわりながら、自分らしいスタイルのものを買い足して、センスアップを目指しましょう。

  関連記事

プチプラなのにとっても優秀!セリアのネイルグッズの魅力

ネイルサロンに通いたくても、費用がかかるのがネックになっている女性も多いと思いま …

楽して履けるのにシルエットがキレイ!ユニクロのパンツのこと

ユニクロはロープライスで着心地がよい洋服を、さまざまなデザインで展開しています。 …

失敗しない小児科の選び方とは?信頼できる病院を見つけるには?

子育て経験のある(現在子育て中)ママは、子供を連れて何度も病院に駆け込んだ記憶が …

天候に左右されたくない人にオススメの室内遊園地はどこ?

休日に家族でレジャーを楽しみたいと考える家庭も多いと思いますが、気になるのは天候 …

子どもや妊娠中のママから血痰が出る原因は?すぐに病院に行く方がいい?

風邪をひき、咳が続いていると痰が出るようになります。痰は気道の粘膜から分泌された …

働く女性が受けるマタニティハラスメントの原因と対策とは?

少子高齢化が進む現代の日本にとって、女性も重要な労働力です。また、終身雇用制度が …

誰でもできる!「涙活」で手軽にストレス発散しよう!涙活の基本~実践まで徹底解説

最近テレビなどでブームな「涙活」。婚活、妊活、終活に続いて、ひそかに流行してきて …

「おきあがりこぼしは」新生児から遊べる!知育にもぴったりのおすすめ商品10選をご紹介!

どんなに時代が移り変わっても、昔ながらの定番と呼ばれるシンプルなおもちゃは、いつ …

子供の私物や服を自分で管理しやすくするコツや収納法はある?

子供が自分の持ち物を「自分の物」と自覚できるようになってきたら、自分で管理する能 …

子どもを結婚式に参列させる場合のマナーとは?事前に確認しておくべきことは?

親戚や友人に結婚式に招待されたとき、子どもを一緒に参列させるかどうか、迷うママも …