ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

ファッション性が高くコスパもよいH&Mキッズでオシャレを楽しもう!

   

子ども服は成長に伴って買い替えをしなければならないので、ある意味、消耗品といえるものです。ですが、可愛い我が子が着るものですから、ハイセンスなアイテムを選びたいですよね。

そんな時に強い味方になってくれるのが、「H&Mキッズ」です。スウェーデンが発祥のファッションブランドでは、流行を押さえたコーディネートしやすい洋服を豊富にサイズ展開し、低価格で販売しています。そんなH&Mキッズの魅力について、お話しします。

H&Mキッズの中でもおすすめしたい商品10選

H&Mキッズは、定番アイテムからトレンドファッションまで扱っており、そのクオリティには定評があります。中でも人気が高い商品の一部を、紹介していきます。

男の子

まずは男の子におすすめの商品から紹介します。

1. 1枚羽織るとコーディネートが決まる!H&Mキッズ ジャケット

出典:H&M

 
2つボタンが付いた織物素材のジャケットで、羽織るだけでオシャレ度がアップします。フォーマルな場でもカジュアルにも着ることができ、コーディネートしやすいです。

片側にだけフェイクの胸ポケットが、フロントにはフラップ付きのポケットが付いています。バックにはセンターベンドが入っており、裏地がしっかりしていることもポイントです。ノッチラベルがついて、洒落たデザインになっています。

2. 切り替えデザインが光る!H&Mキッズ デニムジョガーパンツ

出典:H&M

 
ストレッチデニムでつくられたジョガーパンツなので、ソフトな履き心地です。リブウエストで、ゴムとローストリングの両方が入っています。左右とバックにポケットが付いているので、登校時にハンカチやティッシュを持たせるのに便利です。

フェイクの前開きが入っているので、大人っぽい雰囲気があります。裾にゴムが入ったテーパードレッグになっているので、トップス次第で印象が変わりそうです。

3. モチーフが印象に残る!H&Mキッズ スケルトンスウェットセット

出典:H&M

 
素材がスウェット地になっている、パーカーとジョガーパンツのセットです。スケルトンのプリントが入っており、特にハロウィンの時期に人気が高いようです。

フードには裏地は付いていませんが、パーカーの袖口と裾にはリブが付いています。ジョガーパンツのウエストは、ローストリング入りのゴムなので履きやすく、裾はリブ付きです。

サイドにポケットも付いており、日常使いしやすいセットといえます。コットンとポリエステルの混合なので丈夫な仕上がりになっています。

4. キャラクター好きなお子さんに!H&Mキッズ ミニオンズ♪パターンスウェットパーカー

子どもたちに大人気のミニオンズの柄が入った、スウェットパーカーです。白地にキャラクターのイラストが映え、フードや袖に黒をあしらっていることで甘すぎないデザインになっています。

フロントジップになっていて、サイドには隠しポケットが付いています。袖と裾にはリブが、フードには裏地が付いており、素材が100%コットンなので、くり返し洗濯をしても服が傷みにくいです。

5. 1枚あるといつでも使える!H&Mキッズ プリントスウェットシャツ(パターンG カブトムシ)

スウェット素材でできており、カブトムシのパターンプリントが入った長袖のトレーナーです。薄手ですが裏起毛になっているほか、袖口と裾はリブなので、熱を逃がさず身体を温めてくれます。

胸元のアップリケが、デザインのポイントになっています。薄いグレーとグリーンの色の組み合わせが、上品です。春・秋・冬と長い期間重宝する1枚になるはずです。コットンとレーヨンが素材になっているので、吸水性にも問題はありません。

女の子

次は女の子に人気の洋服についてお話しします。

1. プチプラなのにヘビロテできそう!H&Mキッズ グリッターボレロ

出典:H&M

 
ワンピースの上に1枚羽織ると、印象が変わる長袖のボレロです。生地はコットンが混じったファインニットなので、着心地も柔らかです。生地をつくる過程で、キラキラ光る糸が編み込まれているので、高級感も漂います。

そのまま羽織っても、首元に一つあるボタンを留めても、清楚な印象は変わりません。ダークブルー&グリッターと、ベージュ&ゴールドの2色を用意しています。チュールスカートに合わせるのも良さそうです。

2. 日常使いにピッタリ!H&Mキッズ スーパーストレッチソフトデニムレギンス

出典:H&M

 
コットンとポリエステル、エラスタンが混合されたスーパーストレッチデニムを使っているので、ソフトな履き心地のレギンスになっています。ウエストがゴムなので、履いているお子さんにストレスがありません。

バックポケットは使用できますが、フロントのものはフェイクになっています。ライトデニムブルーやブラックなど、お子さんの好みに合わせて色を選べるのもGOODです。

3. 形も色もキレイな1枚。H&Mキッズ レースヨークブラウス

出典:H&M

 
レースのヨーク切り替えが入った、織物素材の長袖ブラウスです。首元に、3つのボタンが付いています。スカラップデザインのレーストリムがあしらわれており、ガーリーな雰囲気の1枚です。袖口には細いゴムが入っているので、乳児に着せるのにもピッタリです。

ライトピンク、ブルー、ホワイト、ブラックの4色が、90・100・105・110・115・120・130・135・140と細かな刻みでサイズ展開されているので、姉妹でお揃いにするのも楽しそうです。

4. 防寒にもオシャレにも役立つ!H&Mキッズ ファインニットソフトカーディガン

出典:H&M

 
ソフトなコットン素材100%で、できています。通気性がよく、肌触りもなめらかです。フロントのボタンが、デザインのアクセントです。

ラウンドネックになっており、両サイドには短いスリットが入っています。少しだけ、バッグが長めのデザインになっているのがポイントです。

どんな洋服にも合わせやすいので、1日の中で気温差がある春や秋に用意しておくと、便利な1枚といえるでしょう。

5. ワンピース好きなら見逃せない!H&Mキッズ ワンピース

ラウンドネックのワンピースは、ソフト素材で着やすいと評判です。切り替えになったウエストから裾に広がるフレアスカートが、上品さを醸し出しています。開きのある首の後ろにはリボンが施され、バックスタイルも可愛らしくなっています。

透け感があるように見えますが、トップスとスカートにはジャージー素材の裏地が付いているので問題ありません。色は、ダークブルーとレッド、ブラックの3色があります。

コラボレート商品も多いので、こまめにチェックして活用しよう!

H&Mは、リーズナブルで高品質なことで定評があります。子ども服も、その例にもれません。

さらに、多彩なブランドやアーティストとのコラボレーション商品も多く、定番アイテムと組み合わせることで、よりコーディネートの幅が広がるはずです。

親子や兄弟姉妹でリンクコーデしやすいのも魅力なので、シーズンごとに足を運んでみてはいかがでしょうか。近くに店舗がない時には、通販サイトを利用するという手もあります。

店舗でも通販でも、H&M CLUBに加入するとポイントを貯められ、好きな時に特典に交換することが可能です。

そして、H&Mでは古着の回収を行っています。自社の製品でなくても、破れていたり、ボタンがとれていても、クーポンと交換してくれます。H&Mの店頭で3,000円以上買い物した時に、500円の値引きしてくれるというものです。

こうしたサービスも活用しながら、H&Mキッズで流行と定番のアイテムをほどよく組み合わせ、お子さんのオシャレ度をアップしてあげてくださいね。

  関連記事

実はこんな違いが?無農薬野菜とオーガニック野菜のこと

子どもに食べさせたい野菜は安心で安全なものが良いですよね。スーパーに並べられた野 …

チャイルドシートはどの位置がより安全? 前向きに座らせても大丈夫?取り付けの際に気をつけたいこと

日本では道路交通法で、6歳未満の乳幼児を自家用車に乗せる場合は、チャイルドシート …

子どもの姿勢が悪いとどんな影響があるの?姿勢矯正椅子はおすすめ?

食事をしているとき、テレビを観ているとき、テーブルの前に座っているときなどに、子 …

子育てのための教育「コモンセンスペアレンティング」とは?育児の悪循環を断ち切る!怒鳴らない・叩かないを学んでみよう

子育てに自己嫌悪はつきものです。「今日も怒鳴ってしまった」「言うことを聞かないの …

自宅で子どもの散髪がしたい!バリカンの選び方のポイントは?

乳幼児の散髪をするとき、美容室に連れて行こうと思っても、何だか機嫌が悪かったり、 …

子供を自転車に乗せるひとは要チェック!多発するスポーク外傷のこと

都心で働くママの多くが、保育園の送迎や買い物のために、子供を自転車に乗せています …

毎年心待ちにする人もたくさん!しまむらの福袋の魅力とは?

トレンドを押さえつつもロープライスの商品を提供することで人気なのが、ファッション …

最近話題の保けいことは?

保けいこをうまく活用して保育園に通っている子供でも効率よくおけいこをしよう! 保 …

授業参観に気軽に行けないママが増えているって本当?原因と対処法は?

近年、子どもの授業参観に参加したくないと思っているママが増えているようです。 ニ …

子どもが笑うとメリットがいっぱいって本当?笑いがもたらす子どもの脳の発達とは?

いまは子育てに追われているママとパパも、小さいときに何度か耳にしたはずのことわざ …