ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

絨毛検査の方法や費用、受ける時期、実績のある病院一覧を紹介

   

絨毛検査は、妊婦健診や胎児ドックなどの結果によって、医師から勧められることのある出生前診断の一つです。

羊水検査と同じように、子宮へ直接器具が触れるためにリスクのある検査ですが、精度が高いために確定診断として行われることがおおいです。

絨毛って何?検査の具体的な方法は?

出典:ft-patho.net

 
絨毛は胎盤を形成する組織の一つで、胎盤と子宮をつないで赤ちゃんへ栄養や酸素などを届ける通り道になっています。赤ちゃん由来の細胞でできているため、採取した絨毛を培養した細胞や直接抽出したDNAを使うことで、赤ちゃんの染色体や遺伝子を分析することができます。

検査は、超音波検査によって胎盤の位置を確認しながら、カテーテルを子宮頸部に通したり針を妊婦の腹壁に挿入したりすることで、絨毛を採取します。

採取した絨毛の細胞を培養して染色体の数や構造を調べ、染色体に異常が無いかを調べます。絨毛は胎盤と子宮筋壁の間にあるため、羊水検査ほどは深く針を刺しません。

絨毛検査でわかるのはどんなこと?

神経管奇形、21トリソミー(ダウン症候群)、18トリソミーについてわかります。これらは母体血清マーカーテストで結果が出るものと同じです。(ただし母体血清マーカーテストのほうが、受診できる期間が後のため、確定診断として行うことはできません。)

絨毛検査では、細胞の染色体の数が正常かどうか(2本=正常、3本=異常)、形が正常かどうかを判断しますが、すべての染色体異常についてわかるわけではありません。(13トリソミーなど)

受けられる時期と費用は?

妊娠9週~13週と、かなり早い時期にしか受けられません。そのため、初期胎児ドックなどの検査の結果によって受けることが多くなります。

費用は10~15万ほどで、胎児ドックを受ける場合は別途費用がかかることがあります。

絨毛検査と羊水検査の違いとは?メリット・デメリットについて

 
羊水検査は、羊水に含まれる赤ちゃん自身の細胞を検査に使うため、少し赤ちゃんが成長した15週以降に行われますが、絨毛検査はもう少し早く受けることができます。

https://hugooo.jp/middle/post-8102.html
 
また、羊水検査に比べて針を刺すのが浅いため、負担やリスクも少し軽くなります。そして、染色体そのものを分析するため、確定的な診断として使用されます。ただし、ごくまれに(1~2%)偽陽性や偽陰性が出ることもあります。

デメリットは、やはり流産や感染症、出血などの可能性があることです。そのため、お医者さんから勧められない限りは受けない方が安全かもしれません。また、期間が短いためあまり迷うことができない、というのもやや注意したいところです。

絨毛検査は、検査入院をするので約5~6時間ほど病院で過ごすことになります。そのため、時間に余裕のある日に受けることをおすすめします。また、確定診断になりますのでやはり医師や家族とよく話し合ってから受診しましょう。

  関連記事

トリプルマーカー検査を受けるメリットとデメリットが知りたい!

晩婚化が進む現代、初産が高齢出産になる女性が増えています。そして、不妊治療を長く …

妊娠中期の腹痛…。その原因と対処法は?

妊娠中期はつわりが治まってくるママも多く、安定期に入るので行動範囲が広がる時期で …

妊娠26週は食べすぎに伴う妊娠糖尿病に注意しよう

体重の急激な増加しないように体重管理を心がけよう 妊娠26週は月で数えると妊娠7 …

近頃急増しているモンスター妊婦!そうならないために気をつけることは?

モンスターペアレントという言葉がすっかり定着し、自分が周囲にそう見られていること …

臍帯下垂は妊娠中期なら治る可能性がある!原因と対処法を覚えておこう

妊娠中期に入ると、お腹がますます大きくなり、胎動も激しくなるものの、安定期なので …

no image
妊娠中の体重管理にウォーキングがいいって本当?その効果は?

妊娠中期以降になると、お腹の赤ちゃんの成長も著しく、気を付けないとママの体重がど …

妊娠中に注意したい危険度の高い感染症の種類と予防法まとめ

妊娠中は、そうでない時期に比べて、気を付けなければならないことがたくさんあります …

妊娠中はどうしても栄養不足になりがち?その対処法とは?

妊婦の栄養不足は本人だけの問題ではなく、お腹の胎児への悪影響があります。しかし妊 …

お腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼすこともある、臍帯結節のこと

妊婦健診でエコー検査が行われるようになってから、ママの身体やお腹の赤ちゃんの様子 …

すっきりして美味しいジャスミン茶、妊娠中に飲んでもいいの?楽しむコツとは

妊娠中の飲み物というと、「カフェイン」を控えなきゃ!というのはもはや常識ですよね …