ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

絨毛検査の方法や費用、受ける時期、実績のある病院一覧を紹介

   

絨毛検査は、妊婦健診や胎児ドックなどの結果によって、医師から勧められることのある出生前診断の一つです。

羊水検査と同じように、子宮へ直接器具が触れるためにリスクのある検査ですが、精度が高いために確定診断として行われることがおおいです。

絨毛って何?検査の具体的な方法は?

出典:ft-patho.net

 
絨毛は胎盤を形成する組織の一つで、胎盤と子宮をつないで赤ちゃんへ栄養や酸素などを届ける通り道になっています。赤ちゃん由来の細胞でできているため、採取した絨毛を培養した細胞や直接抽出したDNAを使うことで、赤ちゃんの染色体や遺伝子を分析することができます。

検査は、超音波検査によって胎盤の位置を確認しながら、カテーテルを子宮頸部に通したり針を妊婦の腹壁に挿入したりすることで、絨毛を採取します。

採取した絨毛の細胞を培養して染色体の数や構造を調べ、染色体に異常が無いかを調べます。絨毛は胎盤と子宮筋壁の間にあるため、羊水検査ほどは深く針を刺しません。

絨毛検査でわかるのはどんなこと?

神経管奇形、21トリソミー(ダウン症候群)、18トリソミーについてわかります。これらは母体血清マーカーテストで結果が出るものと同じです。(ただし母体血清マーカーテストのほうが、受診できる期間が後のため、確定診断として行うことはできません。)

絨毛検査では、細胞の染色体の数が正常かどうか(2本=正常、3本=異常)、形が正常かどうかを判断しますが、すべての染色体異常についてわかるわけではありません。(13トリソミーなど)

受けられる時期と費用は?

妊娠9週~13週と、かなり早い時期にしか受けられません。そのため、初期胎児ドックなどの検査の結果によって受けることが多くなります。

費用は10~15万ほどで、胎児ドックを受ける場合は別途費用がかかることがあります。

絨毛検査と羊水検査の違いとは?メリット・デメリットについて

 
羊水検査は、羊水に含まれる赤ちゃん自身の細胞を検査に使うため、少し赤ちゃんが成長した15週以降に行われますが、絨毛検査はもう少し早く受けることができます。

https://hugooo.jp/middle/post-8102.html
 
また、羊水検査に比べて針を刺すのが浅いため、負担やリスクも少し軽くなります。そして、染色体そのものを分析するため、確定的な診断として使用されます。ただし、ごくまれに(1~2%)偽陽性や偽陰性が出ることもあります。

デメリットは、やはり流産や感染症、出血などの可能性があることです。そのため、お医者さんから勧められない限りは受けない方が安全かもしれません。また、期間が短いためあまり迷うことができない、というのもやや注意したいところです。

絨毛検査は、検査入院をするので約5~6時間ほど病院で過ごすことになります。そのため、時間に余裕のある日に受けることをおすすめします。また、確定診断になりますのでやはり医師や家族とよく話し合ってから受診しましょう。

  関連記事

妊娠中にいくらは食べてもいいの?母体と赤ちゃんにおよぼす影響を知っておこう

妊娠初期は多くの人が悪阻の症状に悩まされますが、中期になってくると悪阻から解放さ …

妊娠中に柿は食べない方がいいの?許容量はどれくらい?

妊娠中は、食べるのを控えたよい食材がいくつかあります。そして、妊婦さんが柿を食べ …

臨月や産後におこりやすい股関節の痛みの原因とは?気になる改善方法や対策法をチェック!

妊娠中や産後って、股関節が痛んだり、恥骨痛がおこったりすることもしばしば。 関節 …

先生との反りが合わない!妊娠中期で転院することはできるの?

妊娠中期に病院を変わる、転院することは、妊婦さんにとって、とても不安だと思います …

結婚指輪は妊娠中ずっとしているのはダメなの?いつ外せばいいの?

妊娠後期のママの指を、じっくり見たことはありますか?産婦人科などで観察すると、結 …

妊娠18週はどんどんお腹が大きくなり妊婦さんらしい体型へと変化!

赤ちゃんもママにも大きな変化がおこってくるのが18週目です 18週目になると、赤 …

どうしよう、もしかして今漏れた!?妊婦さんに多い「尿漏れ」の悩みはどうしたら?原因や対策など

どうしよう、もしかして今漏れた!?妊婦さんに多い「尿漏れ」の悩みを解決しよう 妊 …

みんなはどうしている?赤ちゃんの名付け方とは?

妊娠後期に入り、出産が近づいてくると、性別がわかっているママとパパの間では、赤ち …

妊娠中期に多い鉄欠乏性貧血。鉄分の錠剤と注射、サプリの効果はある?

妊娠中期に入ると、お腹の赤ちゃんがますます大きくなり、その栄養と酸素を補うために …

切迫早産の際に処方されるマグセントの効果と副作用について

妊娠は夫婦にとって喜ばしい出来事ですが、長い妊娠期間中にトラブルに見舞われるママ …