ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中に感染することもある!口唇ヘルペス(単純ヘルペス1型)のこと

   

みなさんもヘルペス(単純疱疹)という名称は聞いたことがあると思います。これは単純ヘルペスに感染戦することでおこる病気です。

ヘルペスには1型と2型の2種類があり、発症する場所が違います。

そこで今回は、ヘルペスの中でも妊娠中の女性がかかりやすいとされる、口唇ヘルペス(単純ヘルペス1型)についてお話しします。

その原因や症状、妊娠中にできやすい理由、できた場合の治療法について知り、適切に対処してくださいね。

口唇ヘルペス(単純ヘルペス1型)って何?原因と症状は?

人間に感染するヘルペスウイルスは、8種類あります。中でも口唇ヘルペス(単純ヘルペス1型)は、誰でも日常的に感染する可能性があります。

というのも日本人の50~70%が口唇ヘルペスに感染しているといわれているからです。

口唇ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスが原因でおこる感染症です。口の周りや顔など、上半身に症状があらわれることがほとんどです。

単純ヘルペスに一度感染すると、たとえ症状が治まったとしても、体内の神経細胞が集まっている神経節にウイルスが潜伏し、再発をくり返すことになります。

口唇ヘルペスを発症すると、口の周りや唇の皮膚がピリピリする、あるいはムズムズするなどの不快感を覚えます。

その後、数時間から数日で発疹や水ぶくれなどの皮膚症状がみられます。この水ぶくれはやがて破れ、かさぶたになって、2週間程度で治ることが多いです。

妊娠中は口唇ヘルペス(単純ヘルペス1型)ができやすいって本当?

口唇ヘルペス(単純ヘルペス1型)は、妊娠しなくても感染・発症する感染症です。ですが妊娠中に発症率が高くなるのは事実です。

その理由は、妊娠中の女性は免疫力が低下しているからと言えます。これはお腹の赤ちゃんを異物とみなして攻撃することがないように、身体が働いているからなのですが、その分ほかの細菌やウイルスに感染しやすくなります。

次に妊娠というストレスがかかる環境に置かれていることです。妊娠が喜ばしいことであったとしても、つわりがあったり、身体に変化がおこることで、妊婦さんの心身にはストレスがかかっています。

そのため不眠などにより免疫力が低下することがあるのです。

そして栄養状態の悪化です。特につわりがひどい時期は、食べるものが偏ったり、ひとによっては水分も受け付けないことがあります。

お腹に赤ちゃんがいるのに妊娠する前と同じ食生活を続けていると栄養不足になることが多くなり、その結果、ウイルスに感染しやすくなってしまいます。

妊娠中に口唇ヘルペス(単純ヘルペス1型)ができたときの治療法は?

では妊娠中に口唇ヘルペス(単純ヘルペス1型)にかかった場合、治療が必要なのでしょうか。

口唇ヘルペスは、妊娠中でも治療することができる感染症です。そのため症状が続くようなら、治療を受けることをおすすめします。

治療には塗り薬と内服薬が用いられますが、特に内服薬はお医者さまに妊娠していることを告げたうえで、処方してもらうのが原則です。

口唇ヘルペスの治療に使われるのは、抗ウイルス剤である「アシクロビル(ゾビラックス)」や、それより効果の高い抗ウイルス薬である「バラシクロビル(バルトレックス)」、効果の持続性が高い抗ウイルス薬である「ファムシクロビル(ファムビル)」などです。

赤ちゃんに影響はないので早めに治療しよう!

妊娠中のママが口唇ヘルペス(単純ヘルペス1型)にかかっても、お腹の赤ちゃんに直接影響することはありません。ですが妊娠期間中、免疫力が低下するたびに、口唇ヘルペスが再発をくり返す可能性はあります。

口唇ヘルペスは一生関わる病気ですので、お医者さまに処方された薬を用いて、適切に治療するのが一番です

近年は、口唇ヘルペスを市販薬や海外から個人輸入した薬で治そうとするひとも多いようですが、妊娠中はおすすめできません。必ず、かかりつけの産婦人科の先生に相談しましょう。

  関連記事

魔法の食材“トマト”で、元気な赤ちゃんと美ママの両立を目指そう!

妊娠や出産はとても喜ばしいことです。しかし、「妊娠を経て、以前よりも体重が大幅に …

妊娠中は痔になりやすいって本当?症状と対処法を教えて!

妊娠はとても喜ばしいことですが、妊娠週数が進むにつれて、さまざまなマイナートラブ …

機能性野菜と普通の野菜の違いとは?妊娠中に機能性野菜を食べる影響は?

現在栽培されている野菜は、過去に比べると栄養素が激減していることを知っていますか …

妊娠中に親知らずが痛いと感じたら、治療はできる?抜歯しても大丈夫?

妊娠すると女性ホルモンのバランスが変わり、唾液の質が変化します。それが原因で、虫 …

妊娠中期に感じるストレスの原因と赤ちゃんへの影響とは?対処法はある?

安定期に入る妊娠中期は、つわりもおさまり、ようやく落ち着いた生活に入れると思うマ …

子宮筋腫があっても妊娠に影響はない?流産や早産の可能性は?

子宮筋腫は、平滑筋という子宮を形成するための筋肉細胞が、それ以外の場所で増殖して …

妊婦さんが発症しやすい、耳管開放症の原因と対処法について

妊娠中は、女性ホルモンのバランスが急激に変化することから、身体の免疫力が下がり、 …

切迫早産の際に処方されるマグセントの効果と副作用について

妊娠は夫婦にとって喜ばしい出来事ですが、長い妊娠期間中にトラブルに見舞われるママ …

妊娠中に飲んでも大丈夫な便秘薬はある?市販薬はOK?

妊娠中に、便秘に悩むママは、予想以上に多いものです。妊娠前から便秘症だった女性の …

妊娠中期にレアステーキを食べると問題があるって本当?その理由は?

妊娠中に生肉を食べない方がよいという話は、よく見聞きしますよね。では、妊娠中の女 …