ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんへの影響が心配!?妊娠悪阻の症状、治療方法とは?

   

妊娠が発覚してから始まる「悪阻」は、吐き気や嘔吐のほかに眠気、食欲不振、頭痛など不快な症状をもたらします。人によって症状もさまざまで、なかにはまったく悪阻を経験しない人もいます。

つわりの原因は、はっきりされていないのですが一般的には妊娠5週~6週ころから始まることが多く妊娠12~16週ころには悪阻が落ち着くことが多いとされています。しかし人によっては出産近くまでずっと悪阻が続く方もいるので辛くて大変ですよね。

悪阻の症状がひどくなることで「妊娠悪阻」と診断されることもあります。今回はこの妊娠悪阻とはどんな症状なのか、治療法や赤ちゃんの影響についてご説明していきますね。

妊娠悪阻の症状と診断基準とは?

妊娠悪阻は通常のつわりの症状より深刻度が増し、病的な状態になることをいいます。具体的には、体重が5kg以上減ったり尿にケトン体が出る、1日に5回以上嘔吐する、水分も受け付けない状態、などがあげられます。

また、妊娠悪阻と診断されるのは下記の第一期~第三期の症状になります。

第一期

1日に何度も嘔吐し体重が減少するとともに、脱水症状、口の乾き、めまい、便秘などがおこる。たんぱく尿が出ることもある。

第二期

症状が第一期よりさらに悪化し、尿にケトン体やたんぱくが出る、血圧や脈拍が下がることで代謝異常がおこり中毒症状を引きおこすことがある。場合によっては入院が必要になる。

第三期

幻覚やめまい、幻聴など脳の神経症が現れ妊娠の継続さえも難しくなる状態になる。母体を守るために中絶手術を行わなければならない場合もある。

このように第一期~第三期と症状が悪化していきます。入院治療が必要になる「重症妊娠悪阻」と呼ばれるものもあり、妊婦さんの約0.1~1%にみられます。

妊娠悪阻の治療法について

妊娠悪阻の症状により治療が異なります。なかなか食事や水分が取れない状況でも入院をする必要がない程度の妊娠悪阻であれば、ブドウ糖やビタミンなどを「点滴治療」によって栄養補給します。この場合、点滴をしたからといって無理は禁物ですので家では安静を心がけましょうね

重症妊娠悪阻で入院をした場合は、「食事療法・点滴療法・安静療法」を行いながら症状が落ち着くのを待ちます。悪阻自体を治療する方法はないため、これらの方法により様子をみていきます。

入院期間は人によりさまざまで、数日という方もいれば数カ月入院する方もいます。また、妊娠悪阻は病気ですので保険が適用されるのは安心ですね。

妊娠悪阻によって赤ちゃんに影響はないの?

妊娠悪阻になると誰もが心配になるのが「赤ちゃんへの影響」ですよね。妊娠悪阻になることで、食事や水分がとれなくなり赤ちゃんはきちんと育っているのか、栄養は行き届いているのかなど心配になってしまいますが、母体は赤ちゃんに優先的に栄養を届けています

ですので、赤ちゃんへの影響はほとんどないとされていますので心配しなくて大丈夫です。心配しすぎて精神的なストレスを感じてしまうと、妊娠悪阻が悪化してしまうこともありますので、なるべく神経質になりすぎないようにしましょうね。

妊婦さんの体重が2~3kg減る程度であれば、赤ちゃんの発育を心配する必要はありませんが、妊娠悪阻が重篤な妊婦さんのなかには低体重で産まれてしまう赤ちゃんもいますので注意が必要です。

妊娠悪阻の症状がみられたら早めに産婦人科へ

希望と幸せに満ち溢れた妊娠が発覚したとたんに、妊娠悪阻に悩まされる妊婦さんはたくさんいます。50~80%の妊婦さんが悪阻を経験するともいわれています。

1日に何回も嘔吐して水分も取れない、急激に体重が減っていくというような症状が現れたら早めに産婦人科を受診しましょう。

赤ちゃんだけでなく母体も危険な状態にさらされるケースもあります。症状を我慢せず適切な治療をしていくことが、出産の日を無事に迎えられる第一歩です。頑張って乗り切りましょうね。

  関連記事

両親学級って参加すべき?母親学級との違いを教えて!

妊婦健診で病院を訪れたり、母子手帳交付のために役所を訪れた時に、「母親学級」の案 …

マタニティヨガはいつからいつまでできるの?

妊婦さんにはとってもメリットの多いマタニティヨガ!いつからいつまで楽しめるの? …

妊娠中におすすめの髪型はある?カラーリングやパーマは?

妊娠すると、体調も変化しますし、出産後に一人では出かけにくくなるので、髪型を変え …

妊娠16週目の体の変化と赤ちゃんの様子は?鉄欠乏症に注意しよう

安定期に入るので心と体もゆったりできるようになります 5ヵ月を迎えることになる妊 …

みんなはどうしている?赤ちゃんの名付け方とは?

妊娠後期に入り、出産が近づいてくると、性別がわかっているママとパパの間では、赤ち …

お腹が大きくなってバランスがとりにくい!もしも転んでしまったらどうする?妊婦さんの転倒防止対策とは?

転びやすくなってしまう妊娠中!転ばないためにできることを知って対策しよう 妊娠中 …

妊娠中でもおやつが食べたい!そのための注意点とは?

つわりが治まったママは、食欲がアップすることが多いです。そのため、1日3食だけで …

ブルブルした胎動は、赤ちゃんがおしっこしてるの?トラブルとは違う?

妊娠5ヵ月を過ぎると、多くの方が胎動を感じるようになります。徐々に赤ちゃんの動き …

経産婦だと胎動を早く感じるって本当?いつから感じられるの?

一度でも出産経験のある女性のことを、「経産婦」といいます。 初めての出産を行った …

大好きな明太子やたらこを食べたい!でも妊娠中に食べても大丈夫なの?

妊娠中に、生ものを食べるのはよくないといわれています。生肉や生野菜だけでなく、実 …