ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

風邪をひいた妊婦さん必見!風邪薬には要注意!

   

妊娠中に風邪を引いてしまった。風邪を引かないように気を付けていても風邪を引くときは引くものですよね。

そんな時、無意識に常備薬を手に取る妊婦さん。ちょっとストップ!妊娠中の身体はデリケート。さらにはお腹の中には赤ちゃんがいます。薬を飲んでも赤ちゃんに影響がないのか。どんな薬であれば安心して飲めるのかなどを知っておく必要があります。

これからのマタニティ生活をより安心して過ごしていくためにこちらの記事を読んで知っておきましょう。

市販の風邪薬は飲んでも大丈夫?

薬局に売られている一般の「風邪薬」がありますよね。手軽に買えるのでつい買ってしまいたくなりますが、風邪薬の「使用上の注意」をよく読んでみましょう。きっと「妊娠中の方は服用しないで下さい」と記載されているお薬がほとんどです。ですので基本的に市販の風邪薬は服用しない方が安心です。

どうして市販の風邪薬がいけないのか。それは薬に含まれている「抗ヒスタミン」や解熱鎮痛剤に含まれる「イブプロフェン」などの成分が赤ちゃんの心臓に悪い影響を及ぼしてしまう可能性があるからなのです。

そんなことを知らずに飲んでしまった!どうしよう…。たとえそんな方がいても心配しないで。大量に摂取してしまったら、ということがほとんどです。心配であれば産婦人科へ行って服用したけれど問題がないか相談をしてみましょう。

風邪薬を服用したいときは?

どんな風邪薬でも服用しないことにつきませんが、体調不良が続いては妊婦さんも赤ちゃんにとっても良くありませんよね。できることなら早く治して元気になった方がよいです。ではどんな風邪薬だと服用できるのでしょうか。

まず、風邪をひいたら迷わず「産婦人科」へ行きましょう。お医者さんは服用しても大丈夫なお薬しか出しません。よく見かけるのが「漢方薬」。副作用もほとんど無く赤ちゃんへの影響も少ないと言われています。ただ漢方薬も「薬」ということを忘れてはいけません。効き目は通常の風邪薬と比べて弱いですが、ゆっくりと効いていきますよ。

薬局にも漢方薬が売られていますが、製造国によっては配合成分が分からないものもありますので一度お医者さんに相談してから服用しましょうね。

薬の影響は妊娠初期にある?

風邪薬を服用することで赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があるのは、厳密にいうと妊娠初期と言われています。

まず「妊娠4週未満」ですが、まだ胎児の器官などが作られていないため影響はほとんどないとされています。問題はここからです。「妊娠4週~7週」には胎児の心臓や手足、中枢神経などが作られる大事な期間。この時に薬により赤ちゃんに奇形などの悪影響を及ぼす可能性が出てきます。

ただこの頃だと自分が妊娠しているのかどうか気づきにくいですよね。少しでも妊娠している可能性があるのなら風邪薬の服用をやめておいたほうが無難です。次に「妊娠8週~15週」は口蓋や性器が作られるため引き続き注意が必要です。「妊娠16週~」になるとほぼ風邪薬による悪影響はほとんど無いと言われています。

風邪予防をしっかりしよう

妊娠中になるべく風邪薬を服用しなくてすむように今日からできる風邪予防策をご紹介します。

外から帰ったらうがい・手洗いを

手には目に見えない細菌やウイルスがいっぱい。基本的なことですが徹底しましょう。その際に注意したいのがうがい薬。念の為お医者さんに相談してから使用しましょうね。

加湿器を使う

特に冬などは乾燥によりウイルスなどが活発になるため室内で加湿器を使って湿度を保ちましょう。

睡眠とバランスの良い食事をとる

風邪予防の基本になります。たっぷりの休養と栄養をとりましょうね。

マスクやハンドジェルを持ち歩こう

外出する際はマスクが必須です。マスクをすることで細菌やウイルスの侵入を防ぐ役目を果たしてくれます。また手が洗えない時などに重宝する除菌ができるハンドジェルも持って行きましょうね。

デリケートな赤ちゃんのために口にするものには気をつけよう

いかがでしたか?妊娠するとこんなことにも気を遣わないといけないのか、と思いますよね。それほど赤ちゃんはデリケートなものなのです。1mmちょっとの小さな卵子からママの栄養をもらって一生懸命身体を作っているのですから。

どんなものであっても、ママが口にするものは当然赤ちゃんにも伝わっていきます。だからこそ食べるものには気を付けたいですね。風邪薬はもちろん赤ちゃんにとってよくない食べ物は極力避けたいところ。伸び伸びと育っていける栄養満点な食べ物を赤ちゃんにあげましょうね。

  関連記事

妊娠中は乗り物酔いになりやすい!?何か対策はないの?

妊娠中、特に妊娠初期は、ママの身体にいろいろな症状がおこります。匂いに敏感になる …

no image
妊娠中の体重管理にウォーキングがいいって本当?その効果は?

妊娠中期以降になると、お腹の赤ちゃんの成長も著しく、気を付けないとママの体重がど …

胎児ドックは2回受けられる!初期・中期胎児ドックの検査内容の違いや費用、受ける時期とは

最近よく聞くようになった「胎児ドック」っていったい何?いつごろ受けられて、どんな …

妊娠糖尿病とは?赤ちゃんに与える影響や治療法も確認

血糖値が高くなると危険!妊娠糖尿病について知りましょう 普段から生活習慣病の予防 …

カロリーが心配?妊婦はラーメンを食べても大丈夫?胎児に影響はある?

ラーメンはとてもおいしい料理です。味のバリエーションもありますし、麺料理でつるつ …

妊娠中の喉の痛みには、はちみつ大根がおすすめ!その効果とつくり方について

妊娠中はホルモンバランスが急激に変化するため、免疫力が低下する傾向があります。そ …

妊娠中期にママがやっておくといいこととは?出産前にできることは済ませておこう

安定期に入った妊娠中期は、まだお腹もそれほど大きくないので、いろいろなことを楽し …

妊婦さんは優先駐車場を利用できる?マナーを守った使用方法とは?

お腹が大きくなってくると普段の生活が難しくなってくる妊婦さん。体も疲れやすくなっ …

早めに発見したい!子宮頸管無力症とその対策とは?

切迫流産の直接の原因になってくる子宮頸管無力症には要注意です! 妊娠12週~22 …

妊婦健診で告げられることもある!無脳症について知っておこう

現在の妊婦健診では、エコー検査が行われることが一般的です。そのため、妊娠11週か …