ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

肥満妊婦にはリスクがいっぱい!そうならない努力をしよう

   

pregnant-1400871_960_720

昔は妊娠すると「お腹の赤ちゃんのためにも、たくさん食べなさい」と言われた時代がありました。しかし飽食の時代である現代は、ママとお腹の赤ちゃんの健康を守るためにも体重管理はとても重要なことだと認識されています。

ママの中には、「肥満妊婦」と呼ばれる人もいますが、これは妊娠中も出産時も様々なリスクを抱えます。それは、決して楽観視できることではなく、お腹の赤ちゃんにも悪影響が出るのです。そこで今回は、肥満妊婦とは何か、どんなリスクがあるかを、お話しします。

肥満妊婦って何?その基準とは?

母子が健康な状態で出産を迎えるためには、ママの体重管理が大切です。そして、どのくらいの体重まで増やしてよいかは、BMIを基準に計算します。BMIは、体重÷身長(m)×(m)で求めます

BMIが18.5未満の場合

妊娠前のBMIが18.5未満の痩せ気味ママは、元の体重から10~12kgまで増えても大丈夫です。

BMIが18.5~25未満の場合

妊娠前のBMIが18.5~25未満の標準タイプのママは、元の体重から7~10kgまでは許容範囲です。

BMIが25以上の場合

ですが、BMIが25以上の場合は、元から太り気味なので、5~7kgしか体重を増やすことができません

このBMI25以上の妊婦さんと、妊娠中に太ってしまった妊婦さんを合わせて、肥満妊婦というのです。肥満妊婦になると、妊娠中も出産時も合併症のリスクが高くなり、お腹の赤ちゃんの成長にも悪影響が出ることがあるため、お医者さまや助産師さんに、体重管理を徹底するように勧められるのです。

肥満妊婦の妊娠中のリスクと赤ちゃんへの影響

pregnancy-466129_960_720

妊娠中に肥満になることで考えられるリスクには、妊娠高血圧症候群妊娠糖尿病にかかりやすい、腰痛がおこりやすくなる、妊娠線ができやすい、神経根閉鎖障害にかかりやすいことがあげられます。

妊娠高血圧症候群になると、浮腫やむくみが増え、進行すると子癇と呼ばれるけいれん発作がおきることもあります。また、妊娠糖尿病になると、発達が未熟な巨大児が生まれる確率が上がり、出産後も完治せずに治療を続けなければならなくなる可能性が高いです。

神経根閉鎖障害とは、妊娠4~5週に脳やせき髄のもととなる神経管がつくられる際に奇形がおこることで、葉酸を飲むことで発症率を下げることができます。母子の命や赤ちゃんの発達に関わることも多いので、肥満妊婦は決して楽観してはいけないのです


>>神経根閉鎖障害リスク軽減以外にも妊娠中に必要な葉酸をサプリでしっかり摂取

肥満妊婦の出産時のリスクと赤ちゃんへの影響

また、肥満妊婦には出産時にもリスクがあります。具体的には、産道の周りに皮下脂肪がついて狭くなる、微弱陣痛がおこりやすい、児頭回旋異常がおこりやすくなる、難産になりやすいなどです。

また出産後も、弛緩出血のリスクが高まる、会陰切開や裂けてできた傷が治りにくくなる、体重や体型が戻りにくいという、デメリットもあります。

さらに、肥満妊婦は早産になりやすいというデータがあります。未熟児で生まれることで、知能や運動面に障害が残る可能性が高まるのです。未熟児は、ママから十分な免疫をもらえないまま出産を迎えていますので、病気にもかかりやすくなります。母子ともに健康な出産を希望するなら、肥満妊婦にならないよう体重管理を徹底することが大事です。

肥満妊婦にならないようウエイトコントロールを意識しよう!

2f28b2663c2aeebc9a013424922db8f4_s

肥満妊婦は出産までに増やしてよい体重の数値がそもそも高くありません。だからこそ、妊娠初期からウエイトコントロールを徹底することをおすすめします。毎日体重を計り、1週間に500g以上体重が増えたら、食生活の見直しが必要です。

炭水化物を減らし、野菜たっぷりの食事を心がけましょう。また、体重が気になるからといって食べる回数を減らすのはNGです。3食きちんと食べることを前提に、カロリーと栄養素を計算しましょう。合わせて、ウォーキングなど、身体に負担のかからない運動を習慣にするようにしましょう。

  関連記事

妊娠中は間食したくなるのはなぜ?妊婦さんでも上手に間食できる方法を教えます!

妊娠中は3食しっかり食べているのに、間食したくなる衝動に駆られたことはありません …

できることなら安産で!安産型ってどんな体型のこと?安産型になることはできる?

予定日通り産まれてくるだろうか?元気に産んであげられるかな?どれぐらい痛いのだろ …

つわりがない女性には特徴がある?つわりにまつわる迷信あれこれ…

つわりの原因やおこりにくい人の特徴とは? マタニティライフの第一関門、“つわり” …

妊婦のアトピー性皮膚炎…症状が悪化した時の治療は?赤ちゃんへの遺伝は?

妊娠中にアトピーが悪化!薬を使っても大丈夫? アトピー性皮膚炎を持っていると、「 …

リスクが低い母体血清マーカーテストは受けるべき?検査方法やその費用、精度の高さは?

母体血清マーカーテストは、リスクが少なく自主的に受けられる診断の一つです。今は新 …

妊娠中に食品添加物を摂るのはダメなの?注意が必要なものは?

食品添加物が身体に悪いという話はよく見聞きしますが、買い物のたびに確認するママば …

妊娠中におこりやすい巨赤芽球性貧血って?放っておくと赤ちゃんにも悪影響が!

妊娠すると、お腹の赤ちゃんに酸素と栄養を供給するため、多くの血液が必要とされます …

食べるサプリメントといわれるアーモンドは、妊娠中も食べ続けて大丈夫?

アーモンドは非常に栄養価が高い食べもので、食べるサプリメントといわれるほどです。 …

過長臍帯ってどんな状態?妊娠・出産への影響は?

臍帯は、俗にいう「へその緒」のことで、ママの胎盤とお腹の赤ちゃんをつなぐ大事な器 …

ストレスや気の緩みからくる食べ過ぎに気をつけたい妊娠27週

無理をしないようにしつつ、体力もつけていきましょう 妊娠27週といえば妊娠7ヵ月 …