ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中は乗り物酔いになりやすい!?何か対策はないの?

   

b84da6d9e8c6e152e0de0ab5f28a32f2_s

妊娠中、特に妊娠初期は、ママの身体にいろいろな症状がおこります。匂いに敏感になる、食べ物の好みが変わる、めまいや倦怠感を感じる、頭痛がする、不眠症になる、いつも眠くて仕方がないなど、つわり以外にも、不快な症状を感じるママが少なくありません。

その一つに、乗り物酔いがひどくなるというものがあります。バスや自動車だけでなく、電車でも気持ちが悪くなるママが、案外いるようです。そこで今回は、妊娠中に乗り物酔いしやすい理由と症状、対処法について、お話しします。

妊娠中に乗り物酔いしやすくなるのはなぜ?

もともと乗り物酔いしやすい人は、自律神経が乱れやすいといわれています。これまで乗り物酔いに縁遠かった女性でも、妊娠によって女性ホルモンのバランスが変わり、自律神経がその影響を受けることで、乗り物酔いしやすくなるのです。

また、妊娠中は匂いに敏感になるのも、乗り物酔いに影響します。というのも、自動車には独特な匂いがありますし、排気ガスが辛いのは健康な人も同じです。バスや電車に乗れば、周囲の人の整髪料や香水など、様々な匂いが入り混じるので、それが乗り物酔いにつながるママがたくさんいます。

また、一度乗り物酔いを経験すると、「また、具合が悪くなるのでは…」と不安に思うママが多いです。この不安感が、乗り物酔いを呼び寄せてしまうのです。

妊娠中に感じやすい、乗り物酔いの症状とは?

e8c98b1520f75f6e120b621f78cc2d4b_s

では、妊娠中に感じやすい乗り物酔いの症状には、どんなものがあるのでしょうか。まず、めまいです。自律神経が乱れ、三半規管が弱ることでフラフラします。

そして、妊娠初期はつわりと相まって、吐き気や嘔吐がひどくなる傾向が強いです。合わせて、呼吸が乱れることで顔面蒼白になるママも多いといいます。そして、乗り物に乗っている間、頭痛が続くというママも少なくないようです。

つわりと判断しにくいものもあるのですが、バスや電車でこのような症状が出た時には、無理せず、一度下車するのも、一つの方法です。車内で倒れるようなことになり、お腹をぶつけると危険です。特に仕事を続けているママの場合は、乗り物酔いにも対応できるように、長めの通勤時間をとることをおすすめします

妊娠中の乗り物酔い対策とは?

では、妊娠中の乗り物酔いを、少しでも軽くする方法はないのでしょうか。まず、しっかり睡眠をとることです。健康な人でも、睡眠不足は体調を崩す原因となります。睡眠不足で乗り物に乗ると、疲労が倍増する感じがするはずです。乗車時間が長く、座れるのであれば、移動中に仮眠をとるのもおすすめです。

次に、乗り物に乗る時には、空腹と食べ過ぎを避けましょう。空腹で乗り物の揺れを感じると具合が悪くなりやすいですし、満腹だと消化が追い付かず、吐き気を感じやすくなります。つわりで吐き気を感じやすい時は、飴やガムなどを持ち歩くのもよいでしょう。

そして、妊娠中に乗り物に乗る時は、身体を締め付けない、ゆったりした服装にすることを心がけましょう。ブラウスやスカート、パンツだけでなく、タイツやストッキングがきつく感じることもあります。その時は、マタニティ用に切り替えるタイミングかもしれません。

酔い止めの薬はNG!グッズなどを活用しよう

妊娠中は、基本的に市販薬の服用は避けた方が無難です。市販の酔い止めは、飲まないようにしましょう。どうしても酔い止めがほしい時には、事前にお医者さまに飲んでも大丈夫かどうかを確認してください。

乗り物酔いに一番効くのは、眠ってしまうことです。目をつぶるだけでも、三半規管への刺激が減り、車酔いしにくくなるので、試してみましょう。

また、近年は車酔いバンドが市販されています。これは、手首に巻くことで、内側にあるツボを刺激する商品です。こうしたグッズも活用し、乗り物酔いに対処しましょう。

  関連記事

妊娠中期にレアステーキを食べると問題があるって本当?その理由は?

妊娠中に生肉を食べない方がよいという話は、よく見聞きしますよね。では、妊娠中の女 …

ツボ押しで妊娠中の便秘が解消するかも!?自分で押せるツボの位置教えます!

妊娠中は便秘になりやすい人が多いのですが、もともと便秘体質の人は妊娠中さらにその …

妊娠中におこりやすい巨赤芽球性貧血って?放っておくと赤ちゃんにも悪影響が!

妊娠すると、お腹の赤ちゃんに酸素と栄養を供給するため、多くの血液が必要とされます …

マタニティ整体は、いつからいつまで続けて大丈夫なの?

女性の身体が妊娠によって大きく変化することはわかっていても、骨盤が広がる影響につ …

プレママの血糖値コントロール!上がりやすい理由と血糖値を調整するコツとは?

ホルモンバランスの劇的な変化によって、これまでにはなかった様々なトラブルのリスク …

羊水過少症といわれたら注意が必要!その原因と対策とは?

お腹の赤ちゃんは出産の日まで、子宮内に満たされた羊水の中で成長します。この羊水が …

赤ちゃんの命に関わる!?胎児水腫の原因と対処法について

妊婦健診では、超音波検査が行われ、お腹の赤ちゃんの健康状態を確認します。その際、 …

妊娠糖尿病とは?赤ちゃんに与える影響や治療法も確認

血糖値が高くなると危険!妊娠糖尿病について知りましょう 普段から生活習慣病の予防 …

胎動の強さはダウン症と関係がある?ダウン症かどうかを判断する検査ってどんなもの?

胎動が多かったり少なかったり、赤ちゃんにはおなかにいるあいだにもそれぞれ個性があ …

両親学級って参加すべき?母親学級との違いを教えて!

妊婦健診で病院を訪れたり、母子手帳交付のために役所を訪れた時に、「母親学級」の案 …