ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中期に茶色のおりものが出るのはなぜ?対処法はある?

   

9cf227f2cc26a205ede7528cc328ba44_s

女性は妊娠している・いないに関わらず、おりものが出るものです。そして、おりものの状態は、自分の身体の状態を知らせてくれるサインでもあります。

特に妊娠中は、おりものの量や色によって、身体におこっている変化を見つけることができるので、毎日チェックするのが基本です。では、妊娠中期に茶色のおりものが出るのは、何の兆候なのでしょうか。

今回は、妊娠中のおりものの役割と、妊娠中期におこる変化、茶色のおりものが出る原因と対処法について、お話しします。

おりものの役割と妊娠中期の変化

そもそも「おりもの」とは、膣からだけでなく、子宮頚管や子宮内膜から排出されたものが混ざった分泌液のことをいいます。おりものがあることで膣内が酸性に保たれ、細菌や雑菌の侵入を防ぐ働きがあります。

妊娠後におりものが増えるのは、黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌が盛んになるからです。おりものは本来、透明あるいは白色で水っぽく、やや酸っぱい匂いがするものです。妊娠中期も、おりものがあるいはクリーム色をしており、悪臭がなければ問題ないと考えてよいでしょう。

妊娠中は免疫力が下がっているため、体調の変化や感染症がおりものにあらわれることが多いです。もし、いつもとおりものが違うと感じたら、病院で診察を受けた方がよいでしょう。

妊娠中期に茶色いおりものが出る原因とは?

妊娠中期に茶色のおりものが出るのは、出血が原因であることがほとんどです。ですが、過去の出血がおりものに混ざって、茶色くなることもあるので、出たからといってすぐに危険な状態とはいえません。

少量の茶色のおりものが出る程度なら、様子をみましょう。ただし、おりものの色が茶色からピンク、鮮血にすすむ、お腹の張りや下腹部痛を伴う場合は、切迫流産流産の可能性があります。

それ以外にも、子宮膣部びらん子宮頚管ポリープからの出血、前置胎盤子宮頚管無力症常位胎盤早期剥離などが原因で出血し、それが茶色のおりものとなって出る可能性があります。

もし、妊娠中期に茶色のおりものが出たら、どのくらいの期間が出たかを、必ずメモする習慣をつけましょう。

妊娠中期に茶色のおりものが出た時の対処法は?

bed09a5b0195e7943c37913c4c020bbc_s

妊娠中期に茶色のおりものが出た時の対処法ですが、まずは経過観察が基本です。1回でおさまる時には、心配いりません。ですが、トイレにいくたびに茶色のおりものが確認できるようなら、量や色の変化をメモして、病院に連絡します。受診を勧められるようなら、すぐに病院に行きましょう。

もし、茶色のおりものの原因が感染症の場合は、胎児感染を防ぐために治療が必要です。例えばカンジダ膣炎が原因で茶色のおりものが出ている場合は、膣内を洗浄した上で、膣錠を入れて菌の増殖を抑えます。合わせて、かゆみや腫れをおさえる塗り薬を使うこともあります。

妊娠中はカンジダ膣炎になりやすい!?予防法や対策を知ってならないように気をつけよう | ハグー!
妊娠中は特にこのカンジダにかかりやすいので注意が必要です! 女性にとって、結構悩んでいる人も多いのがカンジダ膣炎ではないでしょうか。カンジダ膣炎は、体力がなくなったりするとかかりやすいものですが、デリケートな部位の症状ですし、辛い場合もあってなかなか人に相談するのも難しいものです。 そんなカンジダ膣炎なのですが、実は妊娠中にはとてもかかりやすくなってしまうと言われています。カンジダ膣炎がずっと続いてしまうと出産の時に赤ちゃんに影響が出てしまう場合もあるのでしっかりと治しておきたいですよね。 そんなカンジダ膣炎になってしまう原因や対策、治療法、赤ちゃんへの影響などを調べてみました。 カンジダ膣炎の原因と妊婦さんのかかりやすさ カンジダ膣炎というのは、真菌という一種のカビが膣の中で増えてきて炎症をおこすもの。カンジダ真菌そのものは、私たちの体の中で常在菌として存在しています。 体が健康で元気な時には全く影響はないのですが、疲れがたまって抵抗力が落ちている時や、体調不良、ストレスなどで増殖し、炎症がおこるのです。 膣の中は、普段は酸性に保たれていて、雑菌などの繁殖を抑えるようにになっています。妊娠するとホルモンのバランスが崩れて、膣の中がアルカリ性に傾いてしまうことでカンジダ真菌が増えやすくなってしまうのです。 妊婦さんは妊娠中は総じて抵抗力が低い状態になっているのでカンジダにかかりやすいんですよね。さらに妊娠の初期は、つわりなどで体調も悪く体力を消耗します。さらに免疫が弱ってきてしまうので、カンジダを発症する環境が揃ってしまうのです。 カンジダ膣炎の症状は? 主なカンジダ膣炎の症状は、外陰部のかゆみと織物の増加です。普段のオリモノはさらっとしていますが、カンジダにかかってしまうとカッテージチーズのようなポロポロとしたものに変化します。 外陰部は熱を持ち、ひどくなると腫れてくることもあるほどです。かゆみもひどく、夜も眠れないほどの痛痒さに参ってしまう人も多いんですよね。 ひどくなると日常生活にも影響が出てきてしまうので、カンジダにかかってしまったらなるべく早く診察を受けるようにしましょう。 妊娠時のカンジダ膣炎の影響は? 妊娠中のカンジダ膣炎は、お腹の中の赤ちゃんに影響があるわけではないのですが、出産の時にカンジダ膣炎になっている場合は注意しましょう。

かかりつけの産婦人科で診察を受ければ、お腹の赤ちゃんに影響のない薬を処方してくれるので、きちんと治療しましょう。

出血の前兆のこともあるので、しっかり経過観察しよう

妊娠中期はおりものが増えるので、どうしても丁寧に洗浄したくなります。ですが、せっけんを使って洗浄しすぎると、膣内を酸性に保てなくなり、かえって雑菌が侵入しやすくなるので、止めた方が無難です。

また、茶色のおりものが出血の前兆で、その原因が赤ちゃんの命に関わる症状のこともあります。茶色のおりものが出た時には、時間の経過とともに量や色に変化がないか、お腹の張りや痛み、発熱といった別の症状が出ていないかをチェックして、心配な時にはまず、かかりつけの病院に電話をし、指示を仰ぎましょう。

  関連記事

妊娠中のニキビを薬に頼らず改善したい!今日からできる3つのポイント!

女性はもともとニキビができやすい人が多いですが、妊娠中は普段よりさらにニキビが出 …

羊水混濁は赤ちゃんにどんな悪影響を及ぼす?原因や対策は?

羊水混濁とは、お腹の中の赤ちゃんの周りにある羊水が濁った状態になることをいいます …

妊娠中にゴルフをやってもいい?そのリスクと注意点とは?

出産にも体力が必要ですし、体重管理の観点からも、妊娠中に適度な運動をすることは、 …

妊娠中の疲れ…。栄養ドリンクで回復しても良いの?選び方の基準は?

妊娠中はお腹が大きくなるにつれて、少しの動作でも疲れを感じやすくなります。体力を …

妊娠中期以降におこりやすい、妊娠性痒疹の原因と対処法とは?

妊娠すると女性ホルモンのバランスが変わり、様々な体調の変化がおこります。肌荒れや …

妊娠22週目には大きくなったお腹で動きが制限されるように

さらにお腹が大きくなり足の付け根の張りや腰痛などに悩まされるママも 妊娠22週目 …

妊娠中に注意したい危険度の高い感染症の種類と予防法まとめ

妊娠中は、そうでない時期に比べて、気を付けなければならないことがたくさんあります …

妊娠中は鼻血が出やすいって本当?原因と対処法は?

それまで鼻血が出た経験がほとんどなかったのに、妊娠してからよく出るようになったと …

妊娠中でもおやつが食べたい!そのための注意点とは?

つわりが治まったママは、食欲がアップすることが多いです。そのため、1日3食だけで …

ウエイトコントロールのために妊娠中にダイエットしたい!その方法は?

母子ともに健康に出産の日を迎え、安産するためには、妊娠中のウエイトコントロールが …