ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

お腹の赤ちゃんにみられる、胎児頻脈性不整脈のこと

   

aea389ba39f91fed70c59963a9894db7_s

妊婦健診の時、赤ちゃんの心拍数や心音も確認します。これは、お腹の赤ちゃんが正常に発育しているかどうかを見極める、大切な検査です。その際、お腹の赤ちゃんの脈が速すぎる、あるいは遅すぎる、心拍が一定でないなど、異常が見つかることがあります

中でも、お腹の赤ちゃんの心拍が異常に早くなることを、「胎児頻脈性不整脈」といいます。そこで今回は、胎児頻脈性不整脈とは何か、原因や治療法、その予後についてお話しします。

胎児頻脈性不整脈って何?その原因は?

胎児頻脈性不整脈とは、お腹の赤ちゃんの心拍が異常に早くなることをいいます。目安としては、1分間に180回以上だと、胎児頻脈性不整脈が疑われます

胎児頻脈性不整脈がおこる原因は、心臓を動かす電気刺激の伝わり方に、異常がおこることです。いろいろな種類がありますが、上室性頻拍心房粗動がおこることが多いです。

赤ちゃんの脈が速い状態が続くと、心臓のポンプ機能が衰えてしまい、血液をうまく送り出せなくなってしまいます。それが原因で胸やお腹に水がたまる、皮膚がむくむなどの状態に陥り、悪化することで、「胎児水腫」という全身がむくんだ状態になることがあります。その結果、胎内や出生後すぐに、赤ちゃんが亡くなるケースもあります。

胎児頻脈性不整脈の診断基準は?

妊婦健診で胎児頻脈性不整脈が疑われたら、専門医の検査を受ける必要があります。専門医が超音波検査を行い、心房と心室の収縮回数とその割合、心房と心室の収縮が始まるタイミングなどをチェックします。

その上で、心房粗動上室性心拍かを診断します。胎児頻脈性不整脈の状態が長く続くと心不全をおこし、お腹の赤ちゃんの心臓機能が低下したり、子宮内胎児死亡という最悪な事態がおこることもあります

胎児頻脈性不整脈は自然に消滅することもあるので、経過観察を行うことが多いですが、それが続く場合には治療を始めます。胎児頻脈性不整脈は、できるだけ早く発見し、お腹の赤ちゃんへの影響が最小限になる治療を選択することが、何よりも大事なのです。

胎児頻脈性不整脈の治療方法は?

baby-560891_960_720

胎児頻脈性不整脈の治療法は、赤ちゃんがお腹にいる時から始めるものと、出産後に受けるものに分かれます

お腹にいる赤ちゃんへの治療方法

胎児治療の方法としては、ママに不整脈を抑える薬を投与し、それによりお腹の赤ちゃんの不整脈を止めるというものがあります。ママへの投薬治療でお腹の赤ちゃんの不整脈が止まれば、正産期まで妊娠を継続することができます。ですが、副作用が出現する可能性も否定できません。

出産後の治療方法

そして、胎児頻脈性不整脈の状態がよくない場合は、早めに出産し、赤ちゃんに投薬や除細動器を使った治療を行うこともあります。赤ちゃんに直接治療を行えるというメリットがありますが、出産した週数が早ければ早いほど、赤ちゃんの機能は未熟な状態なので、その後の発育や成長に心配が残る点は否めません

近年は、胎児治療によって胎児頻脈性不整脈がなくなったケースが8割を超えるという報告があることから、早産や帝王切開を減らすお医者さまが増えているようです。とはいえ、お腹の赤ちゃんの状態は一人ひとり違いますので、専門医とよく相談の上、治療方法を選択してください。

治療方法は専門医とよく相談しよう

お腹の赤ちゃんの心拍は、妊娠12週目あたりから確認することができます。1分間に120~160回というのが、お腹の赤ちゃんの心拍数の正常な範囲です妊娠中期以降に、毎分180回以上の心拍数になっている場合は、胎児頻脈性不整脈が疑われるでしょう

もし、胎児頻脈性不整脈と診断されたら、最悪の事態を避けるためにも治療を受けることが大切です。いち早く専門医に検査をお願いし、妊娠週数を考慮して、ベストな治療方法を探し、すぐに治療を始めましょう

  関連記事

妊娠中期は下痢になりやすいってホント!?気を付けるべきポイントは?赤ちゃんに影響はあるの?

妊娠中は、様々なマイナートラブルに襲われがちですよね。8割近くの人が悩まされるつ …

妊娠中に性器ヘルペス(単純ヘルペス2型)に感染したら、赤ちゃんに影響するの?

ヘルペスウイルスは全部で8種類あり、あらわれる症状もさまざまです。 妊娠中にヘル …

妊娠中の夏バテはをどう乗り切る?食欲ダウンの解決法

食欲がなくなってしまうと大変!食べられるものを見つけよう! 妊娠中はお腹の赤ちゃ …

妊娠後期におこりがちな肺塞栓症について知っておこう!

妊娠中は、静脈の中に血液の塊ができてしまう「静脈血栓症」という病気にかかりやすく …

プレママの血糖値コントロール!上がりやすい理由と血糖値を調整するコツとは?

ホルモンバランスの劇的な変化によって、これまでにはなかった様々なトラブルのリスク …

3Dエコーで赤ちゃんの表情まで分かる!でも費用は高いの?

妊娠が発覚した当初は、まだまだ姿かたちが鮮明に見えずそわそわしてしまう妊婦さんも …

妊娠中の喫煙が胎児に与える影響は?煙草をやめるタイミングはいつ?

赤ちゃんとは、天からの授かりものだと、よく聞きます。あなたは、赤ちゃんと会いたく …

妊娠中に感染することもある!口唇ヘルペス(単純ヘルペス1型)のこと

みなさんもヘルペス(単純疱疹)という名称は聞いたことがあると思います。これは単純 …

ツボ押しで妊娠中の便秘が解消するかも!?自分で押せるツボの位置教えます!

妊娠中は便秘になりやすい人が多いのですが、もともと便秘体質の人は妊娠中さらにその …

人工妊娠中絶とは?中期中絶手術の方法と費用について

人工妊娠中絶とは、やむを得ない事情があり、妊娠を人工的に中断させることをいい、手 …