ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中はかかりやすいので要注意!エコノミークラス症候群として知られている深部静脈血栓症のことを知っておこう

   

f97d63dd70f202a292a88ebc1020e513_s

「深部静脈血栓症」という言葉に聞き覚えがなくても、「エコノミークラス症候群」のことは、知っている人が多いのではないでしょうか。

飛行機や新幹線などでの長距離移動でおこることが多い病気と認識されていますが、実際には深部静脈血栓症は日常的におこっています

そして、妊娠中のママは、通常の人の5倍も深部静脈血栓症にかかりやすいといわれています。そこで今回は、深部静脈血栓症とは何か、原因と症状、治療法について、お話しします。

深部静脈血栓症って何?その原因は?

深部静脈血栓症とは、静脈の深部に血栓ができる病気です。血液が固まって血栓になるわけですが、できた血管で詰まるだけでなく、大きさによっては血液によって運ばれて、別の場所で詰まることもあります

例えば手足でできた血栓が肺に運ばれ、肺動脈で詰まる病気を「肺血栓塞栓症」といいますが、これは命に関わる重篤な病気です。

そもそも静脈は手足を動かすことで筋肉が収縮する力に助けられて流れています。そのため、長時間、同じ姿勢で過ごしたり、手足を動かさずにいると、血液の流れが滞ってしまい、血栓ができやすくなるのです

妊娠中は子宮が大きくなることで、骨盤や下半身の静脈が圧迫され流れが悪くなりがちです。そのため、深部静脈血栓症がおこりやすくなるのです。

深部静脈血栓症の症状は?

妊娠中のママに限らず、深部静脈血栓症になった人の約半数は、自覚症状がないといわれています。深部静脈血栓症の前兆として、身体がむくんだり、痛みを感じることもありますが、妊娠中は疲れやすいので見逃されがちです

深部静脈血栓症から肺血栓塞栓症になると、息を吸う時に胸に鋭い痛みや、息苦しさを感じることがあります。突然、呼吸が苦しくなったり、これまで登れていた階段や上り坂が上れなくなったら、肺血栓塞栓症の前兆かもしれません。

そして、太ももの静脈に血栓ができた時にも痛みを感じますし、脚の太い静脈が血栓で遮られると、その部分が腫れ、圧痛を感じたり熱を持つこともあります。症状が悪化すると、失神やショックがおこることもあるので、異変を感じたら、すぐに病院で診察を受けましょう。

深部静脈血栓症の治療法は?

cd989f59141f833b4eda38b73308aff8_s

もし、妊娠中のママが深部静脈血栓症と診断されたら、抗凝固療法または血栓溶解療法という治療を受けることになります。

抗凝固療法

抗凝固療法は、血液をサラサラにする薬を用いることで、病態の進行を防ぐという治療です。抗凝固療法は、3~6ヵ月の継続治療が必要です。この場合、お腹の赤ちゃんに影響のない薬剤を選んでくれるので、お医者さまの指示に従いましょう。

血栓溶解療法

血栓溶解療法は、血栓を溶かす薬を投与するという治療で、内服薬または注射が用いられます。ですが、妊娠中はこの治療を受けることはできません

血管内治療法

この他にも、血管内治療法という、高周波やレーザーを使って、深部静脈血栓がある武運の周辺の血流をよくするという方法があります。

妊娠中に深部静脈血栓症の治療を行う際には、必ず副作用やお腹の赤ちゃんへのリスクを確認し、納得してから受けるようにしましょう。

セルフケアをして予防を心がけよう!

深部静脈血栓症は、飛行機や電車、バスなどでの長距離移動や、手術や安静治療などで、身体を動かせない時間が長くなることでおこります。そのため、予防するには30分に1度は身体を動かすことが大事です

妊娠中のママの場合は、長時間の立ち仕事は避ける、弾性ストッキングを履いて足を圧迫する、夜眠る時には足を高くするなどの方法があります。

合わせて、血液粘度を上げないために、水分補給を心がけることが大事です。喉が渇いてから飲むのではなく、定期的に水分補給をする習慣をつけましょう。

深部静脈血栓症は、軽いうちに治療を始めれば、数日で完治します。ですが、重症化すると治るまでに数カ月を要します。そうならないよう、予防を心がけてくださいね。

  関連記事

肌荒れが多くなる妊娠中の洗顔方法は?お腹が大きくなってからの注意点とは?

妊娠は、夫婦にとって大きな喜びですし、日に日にお腹が大きくなり、胎動を感じるよう …

妊娠中の不調はマタニティヨガで対応しよう!マタニティヨガの基本とは?

マタニティヨガで妊娠による体の変化に対応して快適に過ごそう! 女性の体ってとって …

妊娠中に発症しやすい、血管拡張性肉芽腫瘍のこと

指先に違和感があってみてみたら、ポコッとした血豆ができていることに気づくことがあ …

2人目以降におきやすい!?血液型不適合妊娠のこと

人間はA型、B型、O型、AB型の4種類に分かれるABO式血液型と、赤血球表面の抗 …

出産前に引っ越しをすませたい!妊娠中の引っ越しで気を付けたいことは?

出産までに広いお部屋に引っ越したい、ダンナさんが転勤になったなど、いろいろな理由 …

妊婦になった時に注意しておきたい尿蛋白とは?原因と予防方法は?

妊娠をすると、定期的に妊婦健診に通うことになります。この時、毎回尿検査をしますが …

近頃急増しているモンスター妊婦!そうならないために気をつけることは?

モンスターペアレントという言葉がすっかり定着し、自分が周囲にそう見られていること …

胎児ドックは2回受けられる!初期・中期胎児ドックの検査内容の違いや費用、受ける時期とは

最近よく聞くようになった「胎児ドック」っていったい何?いつごろ受けられて、どんな …

死産って、どうしておこるの?原因と予防法は?

死産とは、臨月だけにおこるわけではありません。そして、出産直後から生後7日未満の …

妊娠中におこりやすい巨赤芽球性貧血って?放っておくと赤ちゃんにも悪影響が!

妊娠すると、お腹の赤ちゃんに酸素と栄養を供給するため、多くの血液が必要とされます …