ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中でもステロイド外用薬は使える?使用する際の注意点まとめ

   

09fabb27d3ac7c6748c98e20ec05f634_s

アトピー治療の際などにはステロイド外用薬が使われることがありますが、ステロイド=怖いというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。特に妊娠中に使うことに対しては強い不安を感じるという方もいるはず。

しかし、ステロイドはアレルギー反応や皮膚の炎症を抑える効果が高く、ひどい痒みもステロイド外用薬を塗ることによりすぐに治まることが多いため、アトピー疾患を抱えている方の中には欠かせないという方もいるでしょう。

ここでは妊娠中にステロイド外用薬を使っても問題ないのか、注意しなければならない点は何なのかなどについてご紹介します。

そもそもステロイド外用薬とは何?

人間の体内では腎臓の上あたりにある副腎という臓器でステロイドが作られており、ステロイド自体はホルモンです。ステロイド配合薬には、そのステロイドと似たような働きをする合成ホルモンが含まれています

炎症が発生している箇所には炎症細胞というものが集まっているのですが、ステロイド外用薬を塗った部位はその細胞の働きが弱まるため炎症を抑えることができるのです

妊娠中のステロイドは危険?

もしもステロイドが胎児に影響した場合、口唇口蓋裂の発症確率が上がったり、生存率が低下する恐れがあるとされています。

しかし、ステロイド外用薬を塗ったとしても皮膚から吸収される量はごくわずかで、その程度の量であれば胎児への影響はほぼないと言われているため、ひどい痒みを我慢してまでステロイド外用薬を避ける必要はありません。

外用薬よりも内服薬の方が口唇口蓋裂の発生確率は高くなるとされているため、こちらは注意しておかなければなりません。全く使ってはいけないというわけではなく、一日に20mg以下であれば影響がないとされているので、量を守りましょう。

妊娠中のステロイドの使用方法

妊娠中にステロイドを取り入れる場合、正しい使い方を改めて確認することが大切です。ステロイドは効果が高い分、副作用も現れやすいとされており、皮膚の免疫力が低下したり、皮膚が薄くなるリスクがあげられます。

特に妊娠中というのは体の変化に敏感な時期であるため、妊娠をしていない時期に比べるとステロイドの副作用リスクも高まるため注意が必要です。ステロイドが含まれる外用薬を使用する際には使用方法を医師によく確認し、様子を見ながら使いましょう。

妊娠中にステロイド外用薬を使う際の注意点

179083af26b6480fdfa16b77e44dce0c_s

ステロイド外用薬といっても5段階の強さがあります。そのため、妊娠中にステロイドを取り入れる場合は、可能であれば弱いものを選択した方が安心です

病院で処方してもらう際には自分が妊娠中であることを伝えれば、弱めのステロイドを処方されるなど配慮してくれるでしょう。ただ、症状によっては弱いステロイドではほとんど効果がないケースもあるため、医師と相談をしながら最適なものを探すことになります。

市販薬の中にもステロイドが含まれている薬がありますが、妊娠中はできるだけ病院で処方されたものを使いましょう。自己判断で使うのはおすすめできません。

どうしても病院に行く時間が取れず市販薬を検討しているということであれば、薬剤師に相談をした上で取り入れたほうが安全です。

ステロイド外用薬を使用しても良い期間

ステロイドは非常に効果が強いため、使用量だけでなく、使用期間も決められています。大前提としてこれを守りましょう。なかなか状態が良くならないからといって長期間使う方もいますが、そのような使い方をした場合には副作用のリスクも高まります。

特に強いタイプのステロイド外用薬を使った場合には期間を限定しなければ副作用のリスクが高まるため、病院で受ける説明をよく聞きましょう。市販薬を使う場合もしっかり使用期間を確認しておくことが大切です。

ただし、ステロイド外用薬を塗るとすぐに状態が改善するため、勝手に自分で改善したと思い込み、使用を中止する方もいるようです。見た目的には良くなったように見えるかもしれませんが、完治していない段階で塗るのをやめると再発するケースもあるため、使用期間を守りましょう

ステロイドを使用した方が良いケースも多い

ステロイドは非常に効果が高いことから短期間で状態の改善が可能です。何となく妊娠中は避けておいたほうが良さそうだから…という理由でステロイドを使わない方もいますが他の薬を塗っても状態が良くならず、ストレスを溜め込む方もいます。

ストレスは赤ちゃんにとって良いものではありません。妊娠中はただでさえストレスを溜め込みやすい傾向にあるため、皮膚の疾患などはできるだけ短期間で治しましょう。そのためにもステロイド外用薬は効果的です。

使用方法をよく確認せず、適当に使った場合には副作用のリスクも高まりますが、病院で処方してもらったものを用法・用量を守って使えばステロイド外用薬は怖い薬ではありませんので、使用方法を守って使うようにしましょう

  関連記事

片方しか胎動がない、下腹部やあばら付近の胎動は逆子?という疑問を解決!

胎動というのは、お腹の中の赤ちゃんが元気に成長しているかを知るためのひとつの目安 …

妊娠中期の腹痛…。その原因と対処法は?

妊娠中期はつわりが治まってくるママも多く、安定期に入るので行動範囲が広がる時期で …

妊娠中期に不眠で眠れない…原因と対策を知って快眠を目指す!

妊娠初期は新しい命がお腹に宿っている不安もあり、眠れなくなる方がいます。妊娠によ …

くしゃみをするとお腹に痛みがおこりやすい妊娠中…。赤ちゃんに影響するの?

妊娠すると、それまで何でもないと思っていたことが、思わぬトラブルにつながることが …

妊婦でも、馬刺しは食べても大丈夫?何かリスクがあるの?

妊娠中は、食べてはいけないものがあることを知っていますか?それは、ママとお腹の赤 …

妊娠中期にとりたい栄養素とは?おすすめの食材を紹介

妊娠中は、お腹の赤ちゃんによいものを意識して食べようと思うママがたくさんいること …

最新!「4Dエコー」でダウン症も分かる?料金や3Dエコーとの違いとは?

妊婦健診を受ける楽しみといえば、エコーで子供の成長を見れる事ではないでしょうか。 …

妊娠中期に判明することも!18トリソミー(エドワーズ症候群)のこと

晩婚化が進む現代の日本では、高齢出産する女性の数が増え続けています。そのため、妊 …

妊娠中にお腹の毛が濃くなるって本当?元に戻るの?

安定期を迎える妊娠16週を過ぎると、ママのお腹のふくらみが目立つようになり、胎動 …

妊娠中の不調改善に効果的!便秘、腰痛、むくみ対策にマタニティヨガで対策を

妊娠中の便秘、腰痛、むくみに効果的なマタニティヨガのポーズとは? 妊娠中の便秘や …