ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中におこる脳貧血は普通の貧血と違う!その原因と対処法は

   

880f22f2181937c5937e1a2ea7fe4437_s

皆さんは脳貧血という症状をご存知でしょうか。妊娠中におこる貧血、実はこれ脳貧血なんです

妊娠中のママの体内では様々な変化がおこっています。お腹の赤ちゃんの成長に伴いママの血液量が増え、貧血の症状が出ることも少なくありません。

ですが妊娠中のママにおこるのは貧血だけではなく、脳貧血がおこっている可能性が高いのです。そして貧血と脳貧血では、対処法が異なります。

そこで今回は、脳貧血がおこる原因や症状、妊娠時期によってどんなことに注意すべきかについて、お話しします。対処法もまとめておきますので、ぜひ実践してみてくださいね。

妊娠中に脳貧血がおこる原因とは?

まず、貧血との違いについて、説明しましょう。貧血とは、血液中のヘモグロビン濃度が下がることでおこります。そして脳貧血は、脳への血流が一時的に阻害されることでおこる症状で、「起立性低血圧」とも呼ばれます。

では、妊娠中に脳貧血がおこりやすい原因が何かについてご説明しましょう。

血液不足と低血圧

まず、血液の不足と低血圧です。妊娠中は、全身の筋肉を柔らかくするホルモンが大量に分泌されています。そのため、血管の筋肉の動きも弱くなります。それにより、脳の血液が不足したり、血圧が維持できないことで、症状が出てしまうのです。また、大きくなった子宮が下大静脈を圧迫して、低血圧になることもあります。

栄養不足

次に、栄養不足です。つわりなどで十分に栄養が摂れずにいると、脳貧血がおこりやすくなります。

自律神経の乱れ

最後は、自律神経の乱れです。血流や血圧の調整を担っている自律神経が乱れることで、脳貧血がおこるのです。

妊娠中に脳貧血がおこった時の症状は?

では、脳貧血になると、どんな症状が出るのでしょうか。

立ちくらみ

まず、立ちくらみです。座っている、あるいは横になっている状態から立ち上がろうとするなど、急に体位が変化した時に目の前が真っ暗になったり、フラフラしたり、失神することもあります。失神は、すべての妊婦さんの1.6%が経験するともいわれています。

めまい

次に、めまいです。長い時間、同じ姿勢のままでいると、めまいがおこるのです。特に立ちっぱなしでいる時間が続くと、めまいがおこりやすいといわれています。

冷や汗

そして、冷や汗です。自律神経が乱れることで、冷や汗が出るようになるのです。

腹痛

最後は、腹痛です。自律神経が乱れると、腸の働きにも影響が出るので、腹痛や吐き気がおこることがあります。

妊娠時期によって違う、気を付けたいポイント

脳貧血に低血圧が関係していると前述しましたが、妊娠期間によって、低血圧になる原因が異なるので、注意が必要です。

妊娠超初期~妊娠初期

妊娠超初期から妊娠初期にかけては、つわりがおこることが多く、水分の摂取量が不足することで、低血圧になりやすいです。そのため、立ちくらみやめまいがおこるママが多いです。

妊娠中期~妊娠後期

妊娠中期から妊娠後期にかけては、お腹の赤ちゃんの成長に伴い、子宮が大きく膨らんでいます。そのため、仰向けで寝ていると、子宮が下大静脈を圧迫し、血液循環が悪くなってしまうのです。

場合によっては、それが原因で急激な血圧低下を引きおこします。これを「仰臥位低血圧症候群」というのですが、めまいや嘔吐、発汗、呼吸困難などがおこります。

仰臥位低血圧症候群がおこると、お腹の赤ちゃんの心拍数も急激に低下するので、早めの対処が必要です。体勢を変えても気分の悪さが続くようなら、病院に電話をしましょう。

プレママは仰向けで寝ちゃダメ!?仰臥位低血圧症候群とは… | ハグー!
仰臥位低血圧症候群の原因と、対策方法についてお話しします! “仰臥位低血圧症候群”をご存知でしょうか?あまり見慣れない病気ですが、妊娠後期に入ったプレママであればどなたにもそのリスクが存在すると言われています。 どのような方が仰臥位低血圧症候群に陥ってしまうのでしょう?その原因と、対処法についてお話しします。 仰臥位低血圧症候群ってなに? 仰臥位とは、”ぎょうがい”と読みます。堅苦しく感じる言葉ですが、平たく言えば頭も体も上を向いた状態(仰向け)で寝ている姿を指します。寝るときのポーズについては、皆さん各々のこだわりがあるかと思いますが、妊娠中期~妊娠後期に入り、お腹の大きくなったプレママによる仰臥位での睡眠は好ましくありません。 大きくなった赤ちゃんと羊水を包みこむ子宮は、大きさはもちろんとても重たい状態になります。仰向けに寝れば、重たい子宮はその下にある血管を圧迫することになるのです。子宮による圧迫を受ける血管のなかには、下大動脈という直径3.5cmもの大きな血管があります。 下大動脈は、心臓から送り出された血液が全身を巡り、再び心臓へと戻っていく帰り道になっていて、もしも圧迫により血流が遮られてしまうと、当然その後全身に巡っていく血液の量が不足してしまうことになります。 この原因から、ママの血圧はダウンしてしまいますし、赤ちゃんに与えられるはずの栄養や酸素も少なくなってしまうのです。つまり仰臥位低血圧症候群とは、ママの寝るポーズによって引きおこされる低血圧症のことを指します。 仰臥位低血圧症候群の症状と赤ちゃんへの影響… 仰臥位低血圧症候群の母子への症状については、以下のようになります。 仰臥位低血圧症候群の症状は… 悪心 めまい 嘔吐 冷汗 顔面蒼白など 重症な症状になると、呼吸困難やショック状態などをおこす事もあります。 赤ちゃんにおこる症状 仰臥位低血圧症候群による赤ちゃんへの影響はあまり心配ありません。ママの低血圧によって赤ちゃんも苦しい思いをしているに違いありませんので予防するべきではあるのですが、何らかの影響が出てしまう事はないと言われています。 いつから仰向けをやめるべきなの?

脳貧血の対処法を知って実践しよう

b0c14d918b2e6f85eb57c16a7db2dfcc_s

脳貧血は貧血とは違うので、鉄剤を摂取しても、症状は改善されません。もし、脳貧血の症状があらわれたら、まず横になりましょう。数分、安静にしていれば、症状が軽減されるはずです。横になれる状況にない場合は、頭を少し下げて、しゃがみこむだけでも効果があります。

そして、常に水分摂取を心がけます。水分が不足すると血流も滞るので、喉が渇く渇かないに関わらず、水分を摂る習慣をつけましょう。

また、脳貧血を予防するには、血流を促進するのが一番です。体調の良い時はウォーキングをするなど、適度な運動習慣を持っていると、脳貧血になりにくいです。ぜひ、実践してみてください。

さらに脳貧血を解消する際にはビタミンB群を補給とすると効果的と言われています。このビタミンB群を手軽に摂取できるアイテムとして葉酸サプリを試してみるのはいかがでしょうか。

妊娠初期はもちろん、後期におこる貧血やめまいなどに効果的な成分が豊富に含まれているサプリもあります。そして葉酸は妊娠中におこる辛い症状の軽減や、母子ともに健康を意識するためにも必要不可欠な栄養素です。その効果を実感するために、一度試してみるのもおすすめですよ。


>>妊娠中の脳貧血を軽減するために葉酸サプリを試してみよう

  関連記事

プレママの血糖値コントロール!上がりやすい理由と血糖値を調整するコツとは?

ホルモンバランスの劇的な変化によって、これまでにはなかった様々なトラブルのリスク …

妊娠中期に発覚!子宮内胎児発育遅延(IUGR)について知りたい!

日本では、定期的な妊婦健診を義務付け、検診費用の補助も行っています。そして、妊婦 …

妊娠中期でもお腹が目立たない理由とは?赤ちゃんは大丈夫?

妊娠をしているのを気付かれないくらいお腹が小さい人もいます。その理由とは? お腹 …

ドライアイや疲れ目…妊娠中に目薬は使えるの?成分による違いや影響はある?

妊娠している間は、胎児に影響があることを懸念して、風邪薬や頭痛薬などのいわゆる「 …

双子妊娠って、いつわかるもの?気をつけることは?

不妊治療を受ける夫婦が増えるにつれて、双子妊娠の確率が上がっているといわれていま …

妊婦健診で計る子宮底長のこと。測り方や平均的な長さを知っておこう

妊婦健診では、エコー検査や血液検査を行いますが、その際に様々な数値の測定を行って …

妊娠中の夏バテはをどう乗り切る?食欲ダウンの解決法

食欲がなくなってしまうと大変!食べられるものを見つけよう! 妊娠中はお腹の赤ちゃ …

妊娠中の喫煙が胎児に与える影響は?煙草をやめるタイミングはいつ?

赤ちゃんとは、天からの授かりものだと、よく聞きます。あなたは、赤ちゃんと会いたく …

低カロリーで人気な玄米、妊婦が食べてもいい?胎児に影響はある?

健康やダイエットにもいいと評判の「玄米」。普段から健康目的やダイエット目的で、主 …

妊娠してから疲れやすいし疲れがとれない…。対処法を教えて!

妊娠中期に入り、つわりが治まったと思ったら、疲れやすいし、なかなか疲れが抜けない …