ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

正中線って妊娠線とは違う?できる原因と消す方法が知りたい!

   

妊娠してお腹が大きくなると、お腹に茶色い線がみられるようになります。妊娠線と間違うママも多いのですが、それは「正中線」です。とはいえ、お腹にくっきり出ている正中線を見ると、それを消す方法がないのかを気にするママもいることでしょう。

そこで今回は、正中線とは何か、妊娠線とはどう違うのか、できる原因や消す方法があるのかについて、お話しします。妊娠中は身体に様々な変化がおき、戸惑うママもいると思いますが、生理現象であることも多いので、大らかな気持ちで受け止めてくださいね。

正中線とは?妊娠線とは違うの?

正中線とは、妊娠してふくらんだお腹の真ん中あたりにみられる、茶色い縦線のことをいいます。これは、妊娠して初めてできるものではなく、老若男女を問わず、生まれながらに持っているものです。

人間は、受精卵になったときから、細胞分裂をくり返して、いまの形状になります。そのため、人間の身体の中央には、胎児期に細胞分裂した名残りが、いくつも残されているのです。鼻の下の筋やあごが割れているのも、そうした細胞分裂の名残りです。そして正中線も、その一つなのです。

ではなぜ、妊娠中に目立つようになるかというと、お腹がふくらんだことで皮膚が薄くなったこと、ホルモンバランスが変化し、メラニン色素が蓄積したことで、目立つようになったからです。

妊娠線は、お腹が大きくなることで皮下脂肪が裂けた部分のことをいいます。まったく、正中線とは違います

正中線って消すことはできるの?

2016-09-28_171328

正中線は、妊娠20週前後から目立ち始めるママが多いようです。ですが、お腹の大きさやメラニン色素の影響には個人差があるので、妊娠後期になっても、目立たない人もいます。

正中線は、出産後に徐々に目立たなくっていくものですが、いち早く消したいと思うママもいるはずです。もし、産後に少しでも早く正中線を消したいときには、妊娠中から正中線予防のクリームなどを使って、十分に保湿しておくことをおすすめします。肌が潤えば、細胞の新陳代謝を促してくれるので、メラニン色素が早くなくなっていくのです。

また、睡眠をしっかりとって、肌の新陳代謝を活発にするのも効果的です。授乳が続くうちは難しいと思いますが、パパにも協力してもらい、休息する時間をつくりましょう

>>メイドバイマムクリームの詳細はこちら

メイドバイマムクリームは産後に残った正中線には効果なし!?楽天では買えない人気クリームの口コミや試用レビュー、解約方法も!

正中線で赤ちゃんの性別がわかるって本当?

8b0fa4d239b88e0100e80992aa16584f_s

妊婦健診でのエコー検査をせずに、お腹の赤ちゃんの性別がわかるという方法が、まことしやかに流れています。

例えば「ママの顔がきりっとしているときは男の子、やさしい表情のときは女の子」「お腹が前に突き出ているときは男の子、横に広がっているときは女の子」などです。

そうした噂の一つに、「正中線がくっきり出るときは男の子、目立たないときには女の子」というものがあります。自分の正中線を鏡でみて、性別を創造するのは楽しそうですが、こうした噂には科学的な根拠はありません

ただ、話題の一つにすると、家族で盛り上がることもありそうです。正中線を気にするよりは、そうした楽しい話に変えてしまう方が、ママのストレスも軽減できるのではないでしょうか

産後は自然に消えるので安心しよう

妊娠線は、皮下脂肪が裂けてしまった痕なので、産後も完全に消えずに残ってしまうことがあります

そして、妊娠線は保湿を徹底することで、ある程度予防することができますが、正中線はもともとあるものなので、目立たないように予防することはできません

産後、時間の経過とともに自然に消えていくものなので、神経質にならないようにしましょう

正中線が目立たなくなる目安は、産後半年といわれていますが、中には1年以上残るママもいます。産後はホルモンバランスが変化することで、肌が荒れやすくなっているので、しっかり保湿をして、新陳代謝を促してあげることが、正中線を目立たなくすることにもつながるはずです。

  関連記事

ウテメリンを病院で処方されたけど飲み続けても大丈夫?

妊婦健診は、母子の健康をチェックし、不慮の事態に備えるために行われているものです …

知らないと損をする!妊娠中の冷えがもたらす悪影響とは?

普段は身体の冷えに悩むことがないのに妊娠をしたとたん「冷え」に悩むようになった方 …

切迫早産の際に処方されるマグセントの効果と副作用について

妊娠は夫婦にとって喜ばしい出来事ですが、長い妊娠期間中にトラブルに見舞われるママ …

ママの服装は体調優先で!さらしや腹帯は神社で購入もできます

初穂料は5000円からが相場です 妊娠5ヵ月の頃になると、安産祈願のお参りをしま …

妊娠中は貧血をおこしやすい!?通常の二倍の鉄分が必要な妊婦さんへの最適な摂取方法とは?

貧血症状は妊婦さんにとって大敵というほど、母体に影響を及ぼす症状なのをご存知でし …

妊娠後期におこりがちな肺塞栓症について知っておこう!

妊娠中は、静脈の中に血液の塊ができてしまう「静脈血栓症」という病気にかかりやすく …

肩こり、腰痛、ストレスにも効果のある妊婦マッサージってなに?マッサージのメリットや注意点などは?

妊娠期間中はホルモンバランスが大きく変化したり、赤ちゃんがおなかの中でどんどん育 …

卵巣の腫れが妊娠中期に見つかった!出産には影響ある?

妊娠判定で病院を訪れると、ママの身体についてもチェックされます。そのため、妊娠初 …

妊娠中に飲んでも大丈夫な便秘薬はある?市販薬はOK?

妊娠中に、便秘に悩むママは、予想以上に多いものです。妊娠前から便秘症だった女性の …

妊娠中にりんご病にかかると危険なの?お腹の赤ちゃんには影響する?

妊娠中に感染することで、お腹の赤ちゃんに悪影響が及ぶ病気がいくつかあります。そう …