ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中はなぜ塩分の摂取量に注意しなければならないの?摂取量の目安は?

   

new_n825_morijio3_tp_v

塩分は、いろいろな食品に含まれています。そのため、無意識のうちに摂りすぎてしまいやすいものです。

健康な大人であっても、塩分を摂りすぎると、高脂血症や腎臓疾患、不整脈、心疾患などがおこるリスクを高めます。まして妊娠中は、ママだけでなく、お腹の赤ちゃんにも悪影響が及ぶ可能性が高いのです。

そこで今回は、妊娠中に塩分を摂りすぎてはいけない理由から、1日の摂取量の目安、減塩のために何をしたらよいかについて、お話しします。

妊娠中に塩分を摂りすぎると、何が心配なの?

妊娠中に塩分を摂りすぎることで、むくみや高血圧になりやすくなります。その結果、「妊娠高血圧症候群」が発症する確率が、高くなってしまうのです。

妊娠高血圧症候群になると、母体の血流が悪くなってしまうので、お腹の赤ちゃんに十分な栄養や酸素が届かなくなってしまいます。その結果、胎児発育不全低体重児など、いろいろな問題がおこります。最悪の場合は、子宮内胎児死亡になることもあるのです。そうした事態を避けるためにも、妊娠中は塩分の過剰摂取に注意する必要があります

妊娠高血圧症候群になると、身体がむくみやすくなります適切に処置せずに腎機能が低下すると、尿毒症まで進行することがあるので、妊婦健診を受け、身体の状態をチェックしましょう。

妊娠中に摂っても大丈夫な塩分の目安は?

厚生労働省が発表した「日本人の食事摂取基準2015年度版」によると、成人女性の1日の平均食塩摂取量9.4gとなっています。

ですが、妊婦さんの1日あたりの食塩摂取の目標量は、7g未満とされています。つまり、妊娠前と同じ生活をしている時点で、1日の塩分摂取が2gオーバーしているということです。

つわりの時期は食欲不振に苦しむママも多いですが、それが治まると食欲が爆発し、前より食べる量が増える人が少なくありません。だからこそ、自分が食べるものを厳選して、塩分を控える努力をすることが大事です

妊娠中の塩分の過剰摂取が原因で、早産や死産になってからでは遅いので、妊婦健診で高血圧あるいはむくみが指摘されたママは、十分に配慮しましょう

どんな方法で塩分を減らしたらいいの?

fce0bb3af64a55799fde4ae1ecc1408d_s

では、塩分の摂りすぎを防ぐ方法を、いくつかご紹介しておきましょう。

まず、調理で食塩を減らすのが一番です。出汁をしっかりとって調理をすると、塩分を減らしても、おいしく食べられる料理はたくさんあります。また、塩分を減らす分、酸味を加えるのもよいでしょう。魚介類にレモンをしぼって味付けしたり、ステーキやソテーのソースにバルサミコ酢を使うと、食欲もアップしそうです。

そして、めん類を食べるときには、スープは残しましょう。料理にドレッシングやソースをつけるときは、小皿に摂取してよい量だけをとり、そこにつけて食べるのがおすすめです。

そうはいっても、なかなか塩分が減らせないと悩んでいるなら、それを排出してくれるカリウムを意識して摂取しましょう。ほうれん草や納豆、アボガド、ピスタチオなどに、カリウムが豊富に含まれています

妊娠を機会に、減塩を習慣にしよう!

赤ちゃんが健やかに成長できるかどうかは、ママが妊娠中に食事や生活習慣に、どれだけ気をつけるかにかかっています。妊娠中は身体が変化することにより、いろいろな制限がかかることも多く、ストレスを食事で発散しているママもいることでしょう。

ですが、産まれてくる赤ちゃんの成長を考えると、塩分の摂りすぎは健康によくないのですから、妊娠を気に減塩習慣をつけておく方がよいはずです。素材の味を楽しみながら、減塩にチャレンジし、母子ともに健康な妊娠生活を過ごしてください。

  関連記事

妊娠うつはマタニティーブルーと違うの?原因と対処法は?

女性は妊娠すると、ホルモンバランスが急激に変わり情緒不安定になりがちです。そして …

出産前に引っ越しをすませたい!妊娠中の引っ越しで気を付けたいことは?

出産までに広いお部屋に引っ越したい、ダンナさんが転勤になったなど、いろいろな理由 …

近頃急増しているモンスター妊婦!そうならないために気をつけることは?

モンスターペアレントという言葉がすっかり定着し、自分が周囲にそう見られていること …

赤ちゃんの性別はいつわかる?どうやって見分けるの?

妊活に励んでいたママにとって、赤ちゃんを授かった喜びは、何にも代えがたかったこと …

つわりや肩こりなど妊婦さん特有の辛さを解消するために!オススメの妊婦マッサージサロンの選び方とは?

妊娠してから思ったよりも身体が動かなかったり、普段使わないような筋肉を使ったり、 …

妊娠中期に始めておきたい、仙骨ストレッチのこと

妊娠中期に入り、子宮やお腹の赤ちゃんがどんどん大きくなってくると、腰痛を感じるよ …

妊娠中の不調はマタニティヨガで対応しよう!マタニティヨガの基本とは?

マタニティヨガで妊娠による体の変化に対応して快適に過ごそう! 女性の体ってとって …

妊娠中に虫歯ができてしまった!歯医者さんで治療しても大丈夫?注意点などは?

日ごろから口腔ケアはしっかりと行っていきたいところですが、特に妊娠中は口内環境を …

妊婦さんが発症しやすい、耳管開放症の原因と対処法について

妊娠中は、女性ホルモンのバランスが急激に変化することから、身体の免疫力が下がり、 …

妊娠中にゴルフをやってもいい?そのリスクと注意点とは?

出産にも体力が必要ですし、体重管理の観点からも、妊娠中に適度な運動をすることは、 …