ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

2人目妊娠がわかったら1人目のケア方法を確認しよう!

   

2人目の妊娠がわかると浮き足立って、新しい命のことばかり考えてしまいがちです。しかし、1人目のケア方法についてもよく考えておきましょう

1人目の子供は生まれてくる妹・弟に心を弾ませますが、その一方で大好きなママやパパを赤ちゃんに取られたような気持ちになり、わがままになることもあります

2人目の妊娠がわかった時には、必ず1人目のケアについて夫婦で話し合いをするのがおすすめです。具体的にどのようなポイントに注意したいのかについてご紹介しましょう。

1人目の気持ちを考えよう

1人目の子供からすると、妹・弟ができることをうれしく思うはずです。しかし、その一方で大きな不満も抱えます

それまで自分のことを第一に考えて、いっぱい遊んでくれていたママのお腹が徐々に大きくなり、遊べる時間が少なくなれば不満に繋がるのは当然ですよね

つわりに苦しんでいる時には、1人目の子に我慢をしてもらわなければならない場面もたくさんあることでしょう。しかし、まだまだ妊娠について詳しくわからない子供の場合、ママが妊娠をしたせいで自分が我慢をしなければならない場面が増えた、と感じることも多いです。

無事に出産をした後も、1人目の子供は赤ちゃんが生まれたことによって、ヤキモチを焼く場面がたくさんあります

赤ちゃん返りとは?

聞き分けのよかった子供だったとしても、2人目が生まれることによって、急に赤ちゃん返りと呼ばれる現象がおきることがあります。これはその名の通り、まるで赤ちゃんのようにわがままで、言うことを聞けなくなる状態のことです

1人でご飯を食べられるはずなのに「ママが食べさせてくれないと食べられない」と言い出したり、聞き分けが無くなることもあります

実践したい1人目のケア方法

new_anj77_nemunemuanjyu20141115135639_tp_v

上の子を優先する

赤ちゃんが生まれるとママは赤ちゃんを優先しがちです。しかし、それまで優先されていた1人目の子供は大きな不満を抱えます

1人目のケアをする上で大切なのは、2人目の赤ちゃんと同じく大切にしていると伝えることです。

そこで、何をするにしても、まずは1人目を優先しましょう。もしも2人目の赤ちゃんがお腹をすかせて泣いていたとしても、少しの時間であれば慌てて対処する必要はありません。まずは、1人目を優先して、安心させてあげてくださいね

ママに思いっきり甘えられる時間を取る

1人目が不満を抱える大きな原因は、自分よりも2人目を優先させることにあります。そのため、1人目の子供がママと二人きりでしっかり甘えられるように時間をとりましょう

少しの間だけ旦那さんや両親に赤ちゃんを見てもらって、1人目を連れて散歩に行くだけでも、1人目の子供はママを独り占めできて幸せを感じるはずです

お兄ちゃん・お姉ちゃんになったことを褒める

よく失敗しがちなのが「お姉ちゃん(お兄ちゃん)なんだから我慢しなさい」というように、言い聞かせてしまうこと。すると、1人目からすれば「好きでお姉ちゃん(お兄ちゃん)になったわけじゃない!」と、反発してしまいます

そうではなく、例えば2人目が1人目にそっと布団をかけてくれたら「ありがとう、お姉ちゃん(お兄ちゃん)は優しいね」と、褒めてあげましょう

注意したいこととして、2人目が生まれると1人目のことを名前ではなく、お兄ちゃん、お姉ちゃんと呼ぶ方がいるようです。これに不満を感じる子も多いので、赤ちゃんが生まれたとしても、変わらず名前で呼んであげましょう

1人目がかわいいと思えなくなることも…

de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_s

悲しい事ではありますが、生まれてきたばかりの赤ちゃんがかわいいあまりに、わがままを言う1人目がかわいく思えなくなることもあります

産後は、まだまだママも精神状態が安定していません。手のかかる赤ちゃんの世話に加え、1人目がわがままを言ったりすると、どうしてもイライラしてしまいますよね
上手に対応できず、泣かせてしまったりすれば、自己嫌悪に陥ることもあるでしょう大声を上げてから後悔する方もたくさんいます

イライラしてしまうということは、精神的にも疲れているということ。1人目にそれをよく言って聞かせましょう。小さいから何を言ってもわからないと思うかもしれませんが、きちんと言い聞かせれば理解してくれます

「ママは今はとても疲れているから少し休みたいの、一緒にお昼にしよう?おきたら遊ぼうね。」というように伝えてお昼寝をし、精神状態を落ち着けましょう

周りのサポートも大切

生まれたばかりの赤ちゃんの世話をするだけでも、大変なことです。それに加えて1人目のケアまですべて1人で行おうとすると、精神的に厳しいですよね

そこで、旦那さんや両親などのサポートを受けましょう。たまには1人目と2人目を旦那さんや両親に預け、1人で羽を伸ばす時間を作ることも大切です。ストレスを解消できれば、また新たな気持ちで子育てに向かうことができます

イライラをため込んでしまうと、子供に当たることもあるため適度に力を抜きながら向き合ってみてくださいね

  関連記事

妊娠中に手足口病にかかったら、どうなるの?赤ちゃんへの影響は?

手足口病とは、夏に流行する風邪の一種です。保育園や幼稚園などで、乳幼児に集団感染 …

むくみが気になる!妊娠中の着圧ソックスはどう使うべき?

足のむくみをスッキリさせてくれる着圧ソックスは、女性の必須アイテムですよね。特に …

妊娠中に足つぼマッサージをするのはOK?注意すべきことは?

妊娠すると、それまでになかっただるさやむくみ、腰痛、つわりなど、様々な症状が出始 …

妊娠中期のセックス、みんなはどうしているの?

妊娠中の夫婦生活をどうしているのか、親しい友だちにもなかなか聞けないことですよね …

妊娠中期におこることが多い坐骨神経痛。その原因と対処法について

妊娠週数が進み、お腹が大きくなるにつれて、ママは身体のあちこちが痛むようになるも …

ようやくつわりが治まった妊娠中期にアイスを食べても大丈夫?

つわりの時期は、お腹がすいても思うように食べられないことが多く、ストレスが溜まっ …

羊水検査って何?どんなことがわかるの?羊水検査を受ける際の注意点とは?

羊水検査を受ける前にはリスクやその後のことも含めて慎重に考えることが大切 出生前 …

妊娠中にゴルフをやってもいい?そのリスクと注意点とは?

出産にも体力が必要ですし、体重管理の観点からも、妊娠中に適度な運動をすることは、 …

妊娠中に体を冷やすのはNG!だから食べ物にも十分注意しよう!

妊婦健診のたびに、「体を冷やさないように、気をつけてね」と、看護師さんや助産師さ …

妊娠中におこりやすい巨赤芽球性貧血って?放っておくと赤ちゃんにも悪影響が!

妊娠すると、お腹の赤ちゃんに酸素と栄養を供給するため、多くの血液が必要とされます …