ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

今まで美味しかったものが美味しくない!妊娠中の味覚障害ってどういうこと?

   

みなさんは妊娠によって味覚障害がおこることがあるのをご存知でしょうか?つわりによって味の好みが変わったり、特定の匂いを嗅ぐと気分が悪くなったりするのは有名ですよね

ですが、それは味覚障害ではなくあくまでも『つわりによる好みの変化』なのです。では、それらの症状と味覚障害はどう違うのでしょうか。今回はその違いや対処法をご紹介します。

味の変化と味覚障害は何が違うの?

妊娠すると、グレープフルーツジュースのような酸っぱい物や、フライドポテトなどしょっぱい物をこのむようになるなど、味の好みが変わることは多いです

一方味覚障害は好みの問題ではなく、端的に言うと『味が分からない』という状態のことを言います。

味覚障害にはいくつかの種類があるのでご紹介します。

  • 無味症:味を全く感じられない
  • 味覚減退:濃い味しか感じられない
  • 解離性無味症:特定の味だけわからなくなる
  • 自発性異常味覚:何も食べていなくても何かの味を感じる
  • 錯味症:甘いものを苦いと感じる

などです。

味覚障害によってストレスが増える妊婦さんが多い!

味覚障害がおこることで、食事が苦痛になる妊婦さんは多くいます。ただでさえ体調が悪かったり思うように生活出来なかったりする中で、食事さえも苦痛ともなれば想像以上のストレスですよね。

また、味が分からないために味付けが出来ず、料理も思うようにいかないことがあります。妊娠中期で安定期に入りつわりが治まっても、味覚障害が残ることが少なくありません。中には、出産するまでや産後まで続いてしまい、精神的に参ってしまうこともあるのです

妊娠中の味覚障害の原因は?

この味覚障害は何が原因なのでしょうか?一般的に味覚障害の原因は亜鉛不足であるとされています。舌には味蕾(みらい)といわれる味を感じる細胞がありますが、亜鉛が不足することでその働きが悪くなります。それによって味を感じないなど、味覚障害になるのです

ただ、胎児の成長を促すために亜鉛が母体から吸収されるものの、妊娠初期はそこまで多くの亜鉛を必要とはしません。亜鉛不足の他、ホルモンバランスの乱れなどの要素が合わさって引きおこされていると考えられるものの、つわりの原因の多くははっきりしないものが多いのです

妊娠中の味覚障害の対処法について教えて!

new_a1180_006353

妊娠による味覚障害はつわりの一つのため、落ち着く時期が来るのを待つしかないとも言えます。とは言え、少しでも改善できる方法はないのでしょうか。

そこでまずは亜鉛不足の解消をしてみましょう。牛乳、牛肉、レバー、チーズ、しょうが、じゃがいも、ゴマ、ひじき等亜鉛が多く含まれる食品を積極的に摂取することで、改善されることがあります

食事が辛い時期でもあるので、効果が得られにくい場合もありますが、サプリメントでの補給も有効です。しかし、原因も曖昧なため、食事の改善だけで症状が治まるとも言い切れません

胎児への栄養が心配になることもありますが、まずは自分自身がストレスを溜めずに、食べられるものを食べるのが一番です。ある程度好きな物を食べるのは大丈夫ですが、味を感じないからと、過度に濃い味付けや、塩分の取り過ぎには注意しましょう

どうしようもなく不安になる時は検診で医師に相談したり、先輩ママの体験談などから改善のヒントが得られるかもしれません

家族に協力してもららうなど乗り切る方法を見つけよう

まだまだ分からない事が多いつわりの症状。しかし、日々の楽しみである食事が、ストレスになるのは本当に辛いですよね。赤ちゃんの成長が心配になったり、日常生活や仕事に影響が出ることもあるでしょう

辛い時はそれを口に出して聞いてもらったり、家族に料理の味見をしてもらったり、食事以外に楽しめる事を見つけるなど、なるべくストレスを溜めない方法を見つけましょう

  関連記事

安定期は妊娠何週目から?旅行や運動、セックスしても大丈夫なの?

安定期はマタ旅にライブにショッピング!?…ハリキリすぎるのは危険かも 産後の育児 …

子宮内胎児発育不全(IUGR)だと障害が残る?原因や治療方法は?

つわりが終わって、ママが普通に食べられるようになれば、お腹の赤ちゃんも順調に大き …

妊娠中に上の子はいつまで抱っこして大丈夫?

最初の妊娠の時は、お腹の赤ちゃんに意識を集中することができますが、二人目以降はそ …

双子を妊娠!安定期はないって本当?注意点が知りたい!

皆さんの周囲にも双子の兄弟姉妹がいて、成長に従って楽しみが増えると感じている人も …

妊娠してから疲れやすいし疲れがとれない…。対処法を教えて!

妊娠中期に入り、つわりが治まったと思ったら、疲れやすいし、なかなか疲れが抜けない …

赤ちゃんの力も強くなりますます胎動が激しくなる妊娠23週

お腹もおおきく赤ちゃんの成長も毎日実感できる時期が23週目です 赤ちゃんの成長が …

子宮筋腫があっても妊娠に影響はない?流産や早産の可能性は?

子宮筋腫は、平滑筋という子宮を形成するための筋肉細胞が、それ以外の場所で増殖して …

絨毛検査の方法や費用、受ける時期、実績のある病院一覧を紹介

絨毛検査は、妊婦健診や胎児ドックなどの結果によって、医師から勧められることのある …

お産をスムーズにしてくれる安産体操ってなに?その方法や効果はどんなもの?

妊娠したときに、おそらく誰もが持つ不安が、「出産」ではないでしょうか?難産になっ …

歯科治療のプレママ三大不安!「レントゲン・麻酔・お薬」の安全性はいかに!?

歯科治療で受けるレントゲンや麻酔、治療薬は、胎児にどんな影響を及ぼすの? 普段と …