ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

ドライアイや疲れ目…妊娠中に目薬は使えるの?成分による違いや影響はある?

   

new_bfecb4f6c0f857a740d121084a2c3505_s

妊娠している間は、胎児に影響があることを懸念して、風邪薬や頭痛薬などのいわゆる「飲み薬」は使用を中止した方がいいとされていますよね

しかし、コンタクトを使用している方のドライアイや、パソコンやスマホによる疲れ目など、目の症状を緩和したい時に必須な「目薬」は、赤ちゃんに影響があるのでしょうか?

そこで、ここでは妊娠中に目薬を使用してもよいのかについて紹介します。また、目薬を使用しない目の疲れ対策法についてもご紹介しますので、参考にしてみてください。

妊娠中の目薬の使用は大丈夫?

結論から言ってしまうと、市販されている多くの目薬については、局所的に使用するものであるため、あまり心配はいらないとされています。

涙に近い成分で作られているものが多く、あまり強い作用がないことや、内服薬とは違い全身に成分が回るものではないことから、ほぼ影響はありません

それでも心配という人は、赤ちゃんの体を作る基礎器官である4週から12週の間は避けることをおすすめします。

ただし、使用できない目薬もあるんです!

プラノプロフェンという成分が入っている目薬は使用してはいけません。

この成分は、炎症の原因となる物質が作られるのを抑える働きがあり、かゆみや異物感に対しての効果や、アレルギーなどを抑える目薬に使われています。

この成分は、動物実験が行われた際に出産が遅れるなどの危険があることがわかっています。

そのため、かゆみやアレルギーに対して目薬を使用したい時は、産婦人科で相談して問題のない薬を処方してもらいましょう

また、念のためどの目薬を購入する時にも、「妊娠中は使用を控える・禁止」などの文言が記されていないか確認してから購入しましょう!

目薬の差し方にもコツがある!?

市販の目薬にはほぼ問題がありませんが、100%とは言い切れません。

また、目薬も差し方によっては、涙道を通って全身に回ってしまうこともあります。それでも危険性は限りなく低いので、不安になることはありません

そこで、目薬を差した後に、目頭を一分程度おさえておくというのを試してみてください。これによって、全身への吸収を防ぐことができます

妊娠中にできる目の疲れ対策・予防法とは?

new_0a3654360495ee375ddceee1899e74df_s

ほとんど問題がないとはいえ、できれば目薬に頼るのは避けたいところですよね。目薬を使わなくてもいいように、目の疲れをとる方法や予防する方法はあるのでしょうか。

疲れを感じたら、まずは目を使わないようにするのが大切です。パソコンやスマートフォンから一度離れて、こわばった筋肉をほぐしましょう

目の周りを温めたり、目を閉じた状態で眼球を上下左右に回すような運動をしたり、こめかみなどを優しくマッサージするのがおすすめです

乾燥がつらい場合には、まばたきを意識して行い、水分補給や加湿器の使用など、体内・体外ともに湿度を高めてあげるとよいですよ

また、妊娠中は血圧の変化などで目が疲れやすくなっていますので、なるべくパソコンやスマートフォンを使用する時間を短くする、肩や首回りなどを回して、血行をよくすることを心がけましょう

目がチカチカするのは病気のサインかも!

ただ、目がチカチカするという場合には、貧血や妊娠高血圧症候群の可能性があります。特に妊娠中は貧血をおこしやすいので、鉄分の多く含まれた食材をとるなどの工夫をしてくださいね

もし、めまいやむくみ、頭痛、尿たんぱくなどの症状がある場合には、妊娠高血圧症候群の恐れがありますので、すみやかに医師に相談しましょう!

妊娠中の目薬は恐れず、頼りすぎない付き合いを

目がスーッとすると気分転換にもなり、疲れがとれるので目薬はとても便利ですよね。ただ、目薬に頼らない生活を心がけることで、かえって目薬の必要性を感じなくなることもあります。

休養や運動、食事をバランスよくすることを心がけ、目の酷使を控えること
で、目薬とは適度な付き合いができるようになるはずです。また、心のリラックスのためにも、ゆったりと目を休めながらティータイムなどをとれるといいですね

  関連記事

モーツァルトがいいって聞くけど…胎教ってどうしたらいいの?

お腹の中にいるときから、赤ちゃんはママの声や外の音が聞こえているといいます。その …

赤ちゃんの動きがわかる!胎動はどんなもの?

胎動でおなかの赤ちゃんとコミュニケーション 妊娠してしばらくすると、赤ちゃんの動 …

妊娠18週はどんどんお腹が大きくなり妊婦さんらしい体型へと変化!

赤ちゃんもママにも大きな変化がおこってくるのが18週目です 18週目になると、赤 …

顔面に痛みが出る三叉神経痛。妊娠中に発症すると治療できるの?

みなさんは顔面の片側に電気が走るかのような、ビリッとした激痛を感じたことがありま …

妊娠中に上の子はいつまで抱っこして大丈夫?

最初の妊娠の時は、お腹の赤ちゃんに意識を集中することができますが、二人目以降はそ …

知らないと損をする!妊娠中の冷えがもたらす悪影響とは?

普段は身体の冷えに悩むことがないのに妊娠をしたとたん「冷え」に悩むようになった方 …

妊娠中は痔になりやすいって本当?症状と対処法を教えて!

妊娠はとても喜ばしいことですが、妊娠週数が進むにつれて、さまざまなマイナートラブ …

風邪をひいた妊婦さん必見!風邪薬には要注意!

妊娠中に風邪を引いてしまった。風邪を引かないように気を付けていても風邪を引くとき …

妊娠中に食品添加物を摂るのはダメなの?注意が必要なものは?

食品添加物が身体に悪いという話はよく見聞きしますが、買い物のたびに確認するママば …

赤ちゃんへの影響が心配!?妊娠悪阻の症状、治療方法とは?

妊娠が発覚してから始まる「悪阻」は、吐き気や嘔吐のほかに眠気、食欲不振、頭痛など …