ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

早産の原因にもなる歯周病!妊娠中の「歯周病」にご注意を!

   

70d0930dee5707802c06db66030b8a9d_s

妊娠中は歯周病になりやすいということをご存知ですか?妊娠中の歯周病は、妊婦さん特有の要因が影響して引きおこされると言われています。

「妊娠中通院するのも大変だし、産後落ち着いてから歯科検診行こうかな。」と思っているあなた!一見関係の無いようにみえる「ママのお口の状態とお腹の中の赤ちゃん」ですが、実は早産など、妊娠の経過に大きな影響を及ぼすと言われています。

そこで今回は、赤ちゃんにも影響を及ぼす「妊娠中の歯周病」についてお話ししていきます。自分のお口の健康を守り、さらに赤ちゃんの健康も守っていきましょう!

歯周病ってどんなもの?

歯周病は、口の中にいる細菌が歯肉に感染し、歯を支える骨を溶かしてしまう病気です。

歯と歯茎の間には元々、数ミリの隙間が空いています。この隙間の清掃がうまくできないと、歯垢が溜まり歯茎に炎症がおこります。

炎症が悪化すると、口腔内にある細菌が感染し、歯の組織を壊し始めます。さらに炎症が拡大し続けると歯の土台である骨や膜が破壊され、最悪の場合、歯がぐらつくことも

はじめのころの炎症では痛みはなく、歯茎の腫れや赤み、出血、口臭などの症状がみられます。歯肉の炎症が進むと、歯周ポケットが深くなり、歯茎が痩せて歯の根元まで露出するのが特徴です。

歯周病は、正しくお口のケアができていないと誰にでもおこる病気です。溶けてしまった歯は、元に戻せません。毎日の予防と進行を抑えるケアが大切なのです。

なぜ妊娠中は歯周病になりやすいの?

妊娠中は特に歯周病になりやすいという報告があります。それには大きく2つの理由があります。

女性ホルモンの影響

歯周病には、女性ホルモンが大きく影響すると言われています。妊娠すると、「エストロゲン」と「プロゲステロン」という女性ホルモンが増加します。

エストロゲンは、歯周病菌の増殖を促進して、歯肉の元となる細胞を標的にすると言われています。

またプロゲステロンは、炎症をおこすプロスタグランジンを刺激する引き金となるため、歯肉の炎症もおこりやすくなるのです。

出産前になると、この二つのホルモンは妊娠していない時の10倍以上にもなります。そのため、妊娠中期から出産前までは特に歯周病がおこりやすい時期です。

つわりの影響

つわりのおこり方はひとそれぞれ、さまざまな症状があります。そのなかに歯周病に関係するつわりがいくつかあります。

つわりによって歯磨き粉のニオイや味が苦手になる方は、十分な歯磨きやブラッシングができず、歯周病や虫歯がおこりやすくなります。

つわりで水分もなかなか取れない場合、唾液の量が減り、口が乾燥傾向になると虫歯菌は活発になってしまうため注意が必要です。

食べつわりで長時間食べ続けるタイプの方も、口腔内が常に汚染されているため、お口のトラブルがおこりやすいです。

つわりは多くの場合、食事の仕方や食べ物の嗜好が変化するため、今までよりも歯周病や虫歯になる危険性が高まってしまうのです。

歯周病は赤ちゃんに影響するの?

ママの口の中でおきている歯周病とお腹の中の赤ちゃん、離れているように見えて大きな影響を及ぼします。

母体が重い歯周病に罹ると、歯茎が重度の炎症をおこし「サイトカイン」という物質がたくさん分泌されます。サイトカインは、子宮を収縮させる物質である「プロスタグランジン」の分泌を促すと言われています。そのため、赤ちゃんは早産になりやすく、さらに早産で出生すると低体重のため生命の危険も伴います。

歯周病の妊婦さんが早産になる危険性は、なんと通常の7.5倍!重い歯周病の妊婦さんから産まれた赤ちゃんは、虫歯に罹りやすく、進行が早いという報告もあります。

妊娠中にママのお口の健康を守ることで、早産のリスクを低下させ、さらには生まれた赤ちゃんの虫歯も予防できるってすごいですよね!

歯周病の予防はどうしたらいいの?

44355d3ada46d7e474a259adc22ad4a9_s

歯周病の予防方法は、なんといっても歯磨き!

磨くときのポイントは、歯と歯茎の境目にしっかりとブラシを当てることです。歯と歯茎の間に汚れが蓄積すると歯周病を引きおこすため、汚れを溜めさせないことが重要なのです。歯と歯の間には、歯間ブラシや糸ようじを使いましょう

つわりでどうしても歯磨きがつらい場合には、マウスウォッシュなども活用してみてはいかがでしょうか。口を清潔に保て、爽快感も得られるため有効です。しかし汚れを落としきれるわけではないので、マウスウォッシュだけではなく、体調の良いときに必ず歯磨きするようにしてください。

予防の観点からも、妊娠中期頃になったら一度歯科で検診を受けておきましょう。軽度の歯周病であれば、歯垢を取る、歯のクリーニングをするだけでも十分な効果があります。また効果的な歯磨きの仕方を教えてもらうことで、普段の歯磨きを歯周病予防につなげることもできます。

産後は育児に追われてしまい、ゆっくり歯科に行くことも難しくなります。この妊娠を良い機会と思って、ぜひ歯科検診を受けてみましょう。歯科検診を受ける際には、必ず妊娠中であることを伝えておきましょうね!

お口の健康を守って、元気なマタニティライフを送ろう!

産まれてくる赤ちゃんにも大きな影響を及ぼす、歯周病。妊娠中は歯周病がおこりやすく、さらに母体への影響も出てしまいます。

市町村によっては、妊娠中の歯科検診を助成している所もあります。自分のためにも赤ちゃんのためにも、妊娠中に一度は歯科検診を受けてみてくださいね。

歯周病は軽度であれば、簡単な治療や普段の歯磨きで進行を止めることができます。気になる症状があれば早期に歯科を受診しましょう。

育児が始まると、ママはなかなかゆっくりと自分の体を見つめることができません。妊娠中にしっかりと自分の体をケアして、元気なマタニティライフを送りましょう。

  関連記事

むくみが気になる!妊娠中の着圧ソックスはどう使うべき?

足のむくみをスッキリさせてくれる着圧ソックスは、女性の必須アイテムですよね。特に …

胎児の心拍数で何がわかるの?正常値の範囲はどのくらい?

胎児の心拍数は、妊娠6週以降から聞こえるようになることが多く、妊娠12週以降の妊 …

母体にも危険が及ぶ癒着胎盤について知っておこう

出産時に癒着胎盤になっていると出血が多く母体に危険が及ぶこともあります 妊娠出産 …

戌の日のお祝い「安産祈願」は何をすればいいの?誰と行くべき?

安産祈願の準備や手順はどうする?誰と一緒に行くの? 皆さんは「戌(いぬ)の日のお …

妊娠中に子宮頸管炎にかかると、赤ちゃんに影響する?

子宮や卵巣の病気は、自覚症状が出ないものが多いです。そのため、病気を発症している …

妊娠中期に感じるストレスの原因と赤ちゃんへの影響とは?対処法はある?

安定期に入る妊娠中期は、つわりもおさまり、ようやく落ち着いた生活に入れると思うマ …

逆子はツボ押しで改善される?鍼やお灸などツボ押しの方法とは?

逆子はツボを刺激するお灸や鍼で改善される可能性があることを皆さんご存知でしょうか …

妊娠中に低血糖になるのは問題なの?原因と対処法は?

妊婦健診だけでなく、通常の健康診断でも血液検査を行った時に「血糖値」が話題にのぼ …

妊婦さんは優先駐車場を利用できる?マナーを守った使用方法とは?

お腹が大きくなってくると普段の生活が難しくなってくる妊婦さん。体も疲れやすくなっ …

家庭で赤ちゃんの心音が聞ける?ドップラー聴診器ってどんなもの?

初めての妊娠や、流産経験者の妊娠、高齢出産をする方をはじめ、もちろんこれらに当て …