ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

みんなはどうしている?赤ちゃんの名付け方とは?

   

679505

妊娠後期に入り、出産が近づいてくると、性別がわかっているママとパパの間では、赤ちゃんの名前に関する相談が増えてくるかもしれません。とはいえ、初めての赤ちゃんの名前を考えるにあたり、「みんなは名付け方をどうしているの?」と、気になることがあるでしょう。

そこで今回は、赤ちゃんの名づけにあたっての基本的なルールや、姓名判断とは何か、名付け方の方法について、お話しします。きちんとパパとママで話し合い、お互いに納得できる名前を、赤ちゃんに付けてあげましょう。

赤ちゃんの名付けにあたっての基本ルールとは?

赤ちゃんが産まれると、14日内に出生届を出さなければなりません。そのため、その期日に間に合うように、名前を考えておく必要があります。その際、役所で出生届を受け付けてもらえる条件を満たしている必要があります。

まず、赤ちゃんの名前に使えるのは、常用漢字と人名用漢字、ひらがな、カタカナに限られます使える漢字は決まっているものの、読み方には指定はありません。そのため、使ってよい漢字は、どう読ませてもよいことになるのです。このルールを守らずに出生届を提出しても、審査の上で受け取ってもらえません。赤ちゃんの名前を考えるときには、このルールに則って、候補をあげていきましょう。

また、出産まで性別を聞かない家庭の場合は、男の子、女の子の名前を両方考えておくと、手続きまで慌てなくて済むかもしれません。

姓名判断って何?根拠はあるの?

赤ちゃんの名前を考えるにあたり、「姓名判断」の書籍を買い込むパパとママも多いことでしょう。姓名判断とは、姓と名前で使う漢字の画数の組み合わせで、運勢や吉凶を占うというもので、占い方にはいくつか方法があります。

姓名判断では、5つの画数が重視されます。

天格(祖格)

まず「天格(祖格)」で、姓の総画数をいいます。年齢を重ねるごとに、影響力がアップするといわれています。

人格(主格)

「人格(主格)」は、姓の最後と名前の第一字を足した画数です。これが、主運となります。

地格

「地格」は、名前の総画数のことで、幼年期の運勢をあらわしています。これは、人物的な成長に影響を与えるとされています。

外格

「外格」は、総格から人格をひいた数です。対人関係や社会的環境などの運勢に影響します。

総格

最後は「総格」で、姓と名前のすべての漢字の画数の和のことです。晩年の運勢に、大きな影響を与えるとされています。それぞれを、凶数と吉数で判断します。

赤ちゃんの名付けの方法とは?

とはいえ、赤ちゃんの名付け方は、姓名判断には限りません。そこで、ほかのパパやママがどんな名付け方をしているのか、いくつか例を紹介しておきましょう。

音感を大事に

まず、日本では音感を大事に名前を付けることが多いです。日本語のさ行は、音感の印象に残りやすく、さわやかで清潔なイメージを持ちやすいです。

将来への思いを込めて

次に、将来への思いを込めて、漢字を選ぶという方法です。「優」「勇」「友」などの漢字は、いろいろな読み方で使われることが多く、パパやママが思いを託しやすいかもしれません。

季節に合わせて

また、赤ちゃんが産まれてくる季節にあわせて、漢字を選ぶという方法があります。

兄弟姉妹に合わせることも

このほかにも、パパやママ、赤ちゃんの兄弟姉妹と関わりのある漢字を使うという方法もあるので、よく考えてみましょう。

妊娠期間中にパパとも話し合っておこう

b20901c8215a18e233f66f58312478ea_s

「赤ちゃんの名前は、自分たちで付けたい」と思っていても、パパやママの両親が自分たちで名前を考えていることもあります

名前の候補をもらってから断るのは角がたつので、妊娠を報告するタイミングで、夫婦で赤ちゃんの名前は自分たちで決めることを伝えるのがおすすめです。誰が名前を付けるかも含めて、早めにパパと話し合っておきましょう。

また、赤ちゃんの顔を見てから名前がひらめくこともあるので、いくつか候補をあげておき、最終決定するのもよいかもしれません。

  関連記事

つわりがない女性には特徴がある?つわりにまつわる迷信あれこれ…

つわりの原因やおこりにくい人の特徴とは? マタニティライフの第一関門、“つわり” …

今日からスタートできる「妊婦体操」のメリットと方法とは?

マタニティライフは、案外体力勝負。日に日に大きくなるお腹は、運動不足なプレママの …

妊娠中に感染することもある!口唇ヘルペス(単純ヘルペス1型)のこと

みなさんもヘルペス(単純疱疹)という名称は聞いたことがあると思います。これは単純 …

妊娠中期でもお腹が目立たない理由とは?赤ちゃんは大丈夫?

妊娠をしているのを気付かれないくらいお腹が小さい人もいます。その理由とは? お腹 …

妊娠中期におこる出血の原因と対処法とは?

妊娠中に不正出血があることは、それほど珍しいことではありません。安定期に入った妊 …

妊娠後期におこりがちな肺塞栓症について知っておこう!

妊娠中は、静脈の中に血液の塊ができてしまう「静脈血栓症」という病気にかかりやすく …

妊娠中にパイナップルは食べてはいけないの?パイナップルが陣痛をおこすって本当!?

妊娠していると「妊娠中に食べてはいけない食材の噂」や「陣痛をおこす食べ物の迷信」 …

妊娠中はかかりやすいので要注意!エコノミークラス症候群として知られている深部静脈血栓症のことを知っておこう

「深部静脈血栓症」という言葉に聞き覚えがなくても、「エコノミークラス症候群」のこ …

臍帯下垂は妊娠中期なら治る可能性がある!原因と対処法を覚えておこう

妊娠中期に入ると、お腹がますます大きくなり、胎動も激しくなるものの、安定期なので …

妊娠中に虫歯ができてしまった!歯医者さんで治療しても大丈夫?注意点などは?

日ごろから口腔ケアはしっかりと行っていきたいところですが、特に妊娠中は口内環境を …