ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠24週はママの体は少ずつ変化が!赤ちゃんは動きが活発になってきます

   

妊娠中期も後半に!おなかが大きくなってくるので、仰向けに寝にくくなります

妊娠24週とは妊娠7ヶ月の1週目、妊娠中期(5~7ヵ月) 最後の月にあたります。おなかは一段と大きくなり、重みも感じ始めるころです。 ママは精神面、体調面ともに少しずついろいろな変化が出てきはじめます。

赤ちゃんも活発に動くのがわかるようになりますが、逆子や早産の心配がでてきたりします。不安なときは産婦人科に相談しましょう。

母体の変化

空腹感を覚えるようになったり、身体に不調が現れたりといろいろといままでになかった症状がでてきます

子宮がおおきくなって周辺の内臓がますます圧迫されるようになり、おなかに不快感を覚えることがあります。便秘やおなかの張りなどの症状が出てくる方もいるでしょう。こまめに水分を取る、消化のいいものを食べる、軽く身体を動かす、「の」の字体操をとりいれるなどして不快な症状と上手に付き合っていきましょう

ホルモンの影響でむくみやすくなっていますので、食事の塩分は控え目にし、バランスよく1日2,000~2,100kcalを目安にとるよう心がけましょう。

子宮で膀胱が圧迫されたり、黄体ホルモンの分泌によって筋肉が柔らかくなったりするので、尿漏れをおこすこともあります。尿漏れパッドで対策を。妊娠中の尿漏れは良くあることなので気にしすぎないようにしましょう

ママの身体はおなかが出てきて仰向けで寝られなくなって来ます

10シムスの体位

子宮底長は23~28cmになり胃のあたりからおなかが前に出て、前にかがみにくくなり、だんだん仰向けになりにくくなります。寝つきが悪くなったと感じたら、体の位置を変えてみるなどの工夫をしましょう。

後述する「シムスの体位」はぜひチェックしておいてください。不要な力が抜け、リラックスできるので、寝つきをよくする効果があります。ママがリラックスすることで、胎内の赤ちゃんも穏やかになります。

おなかや胸が大きくなることで、腰痛や肩こり、頭痛など不調に悩まされるママもでてきます。 ストレッチやマッサージなどで血行を促進してみたり、正しい姿勢を心がけたりしてみましょう。

寝方によっては体調不良を引きおこすことも!?妊娠時期によっても違う適切な寝方とは?シムス体位とは?

胎児の変化

赤ちゃんは男の子?女の子?先生から教えてもらえるかも!

妊娠24週目の赤ちゃんは体長30~35cm、体重500~800gくらいに成長します。外性器もだんだんわかりやすくなり、先生から診断がもらえる頃でもあります。性別を教えてほしくないときは先生にあらかじめ伝えておきましょう

妊娠24週 赤ちゃんの主な成長の様子

  • 皮膚:毛細血管がつくられ始めさくら色に見える
  • 耳:おなかの外の音にも反応
  • 肺:血管が発達
  • 鼻:穴が開き始め、嗅覚が成熟し始める
  • 骨:脊椎の構造ができていく
  • 脳:体の動きをコントロールできるように
  • 体:反射の発達
  • 目:明暗を識別
  • 口:味蕾が発達

妊娠24週に気をつけたいポイント

早めに糖負荷検査を

「糖を代謝する機能」に異常があるか調べる、妊娠糖尿病の状態にあるかどうかの検査です。ママが高血糖になると、おなかの中の赤ちゃんも高血糖になり、さまざまな合併症をおこしてしまいます

早産に注意

早産には前触れがあり、適切な治療と安静にすることで乗り切れることもあります。不規則な子宮の収縮によるおなかの張りは問題ありませんが、規則的に張るようなら出産のサインのこともあります。いつもと違うと感じたらすぐに産婦人科に連絡し、適切な行動をとりましょう

逆子体操を始めよう

子宮の中で泳ぎ回っていた赤ちゃんが子宮の大半を占めるようになり、頭が上にあるまま固定してしまいます。妊婦さんの3人に1人が逆子だといわれており、この時期はまだまだ子宮に余裕があるため赤ちゃんが動き回るっています。逆子を治すための体操をすれば頭位にもどることもあります

逆子=帝王切開って本当!?どうして逆子になっちゃうの?

妊娠線予防は念入りに

おなかが急激に大きくなる時期なので、妊娠線ができてしまうこともあります。妊娠線を防ぐには保湿が大切です。妊婦さんにも安心なオイルやクリームなどで出産まで毎日お手入れしましょう。

24週目に良く聞く言葉、その意味は?

妊娠線

急激におなかが大きくなるため真皮や皮下組織の一部が成長についていけず、きれつになる。下腹部などに表れる赤紫色の皮膚できる波のような筋。

妊娠線は突然現れる!その予防方法と出来てしまった後の対処法とは?

シムスの体位

うつ伏せに寝て片足を曲げる姿勢

妊娠中にママの寝返りが赤ちゃんに影響するって本当?

早産

妊娠22週0日(6ヵ月半ば)から妊娠36週6日(10ヵ月の最初の週)までの出産

切迫早産

早産となる危険性が非常に差し迫っている状態

切迫早産の原因や対策は?早産のリスクを回避するために知っておきたいこと

妊娠糖尿病

はじめて妊娠中に発見された糖代謝異常

妊娠糖尿病とは?赤ちゃんに与える影響や治療法も確認

妊娠高血圧症候群

妊娠20週以降、分娩後12週までに妊娠が原因でおこる高血圧・たんぱく尿など高血圧を伴う病的状態をまとめた病名。高血圧、尿たんぱく、浮腫などの症状が現れ、赤ちゃんへの酸素や栄養の供給が不足し発育に悪影響を及ぼす。

妊娠高血圧症候群の症状や原因は?予防や対策を知ってならないように気をつけよう

  関連記事

妊娠中に体を冷やすのはNG!だから食べ物にも十分注意しよう!

妊婦健診のたびに、「体を冷やさないように、気をつけてね」と、看護師さんや助産師さ …

母体にも危険が及ぶ癒着胎盤について知っておこう

出産時に癒着胎盤になっていると出血が多く母体に危険が及ぶこともあります 妊娠出産 …

死産って、どうしておこるの?原因と予防法は?

死産とは、臨月だけにおこるわけではありません。そして、出産直後から生後7日未満の …

妊娠中期にママがやっておくといいこととは?出産前にできることは済ませておこう

安定期に入った妊娠中期は、まだお腹もそれほど大きくないので、いろいろなことを楽し …

マタニティ整体は、いつからいつまで続けて大丈夫なの?

女性の身体が妊娠によって大きく変化することはわかっていても、骨盤が広がる影響につ …

何だかのどの調子が悪い…。妊婦さんはのど飴を舐めても大丈夫?

安定期に入る妊娠中期は、つわりがおさまる妊婦さんが多く、身体が動くうちにと外出の …

安定期は妊娠何週目から?旅行や運動、セックスしても大丈夫なの?

安定期はマタ旅にライブにショッピング!?…ハリキリすぎるのは危険かも 産後の育児 …

多胎妊娠はリスクが高いの?原因や不妊治療との関係について

双子や三つ子などを授かることを多胎妊娠といいます。この妊娠がわかったとき、非常に …

妊娠中に鍼灸を受ける効果とは?安産灸って何のこと?

妊娠中はホルモンバランスが変化することで体調が崩れやすかったり、体型が変わること …

妊娠中もヨーグルトを食べ続けて大丈夫?注意することは?

近年、「妊婦さんはヨーグルトを食べない方がよい」という噂が流れていて、不安に思う …